<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 【今週の運勢】6月11日(月)〜6月17日(日)の運勢第1位は双子座! そまり百音の12星座週間占い | main | 安倍内閣「支持」38%「支持しない」44% NHK世論調査 >>
袴田事件 東京高裁は再審認めず 釈放は取り消さず
 昭和41年に起きたいわゆる「袴田事件」で、東京高等裁判所は、死刑が確定し、その後釈放された袴田巌さんの再審・裁判のやり直しについて、弁護側が行ったDNA鑑定は信用できないとして、4年前の静岡地裁とは逆に、認めない決定を出しました。

 一方、地裁が認めた釈放については、年齢や健康状態などを踏まえ、取り消しませんでした。

 昭和41年に今の静岡市清水区で会社役員の一家4人が殺害された事件では、従業員だった袴田巌さん(82)の死刑が確定しましたが、袴田さんは無実を訴え再審を申し立てました。

 静岡地方裁判所は、4年前、犯人のものとされる衣類の血痕のDNA型が袴田さんと一致しなかったという弁護側の鑑定結果などをもとに、再審とともに釈放も認める異例の決定を出しました。

 決定を不服として検察が抗告したため、東京高等裁判所でDNA鑑定が信用できるかどうかなどが改めて審理されました。11日の決定で東京高等裁判所の大島隆明裁判長は、静岡地裁の決定を取り消し、再審を認めない判断をしました。

 決定では、「地裁が認めたDNA鑑定の手法の科学的原理や有用性には深刻な疑問が存在している。血痕のDNA型が本人と一致しないという結果は信用できない」という判断を示しました。

 そのうえで、地裁とは逆に、犯人のものとされる衣類は袴田さんのものだと考えて不合理な点はないという判断を示し、「確定した有罪判決の認定に合理的な疑いが生じていないことは明らかだ」と結論づけました。

 一方で、地裁が認めた釈放については、「本人の年齢や生活状況、健康状態などに照らすと、再審についての決定が確定する前に取り消すのが相当とは言いがたい」として、取り消しませんでした。

 弁護団は、再審を取り消した決定を不服として最高裁判所に特別抗告する方針を明らかにしました。

◇支援者たち「えっ?」 驚いた声
 裁判所の前で袴田さんを支援する大勢の人の前で弁護士が「不当決定」と書かれた旗を示すと、支援者たちは「えっ?」と驚いた声を上げたり、「ふざけるな」と大声を出したりするなど驚きを隠せない様子で、中には涙をうかべる人の姿も見られました。

◇姉「残念でなりません」
 袴田巌さんの再審を認めない決定が出たことを受けて、裁判所の前では袴田さんの支援者たちが、「袴田さんは無実だ」、「不当決定に私たちは断固抗議する」などと強く訴えました。

 支援者の前で、西嶋勝彦弁護団長は、「再審を認めないというとんでもない内容で、とても承服できません。巌さんが再び拘束されることがないように最大の努力をしていきたい。直ちに特別抗告する」と述べました。

 袴田巌さんの姉のひで子さんは、「残念でなりません。次に向かって進みます。皆様のご声援をよろしくお願いいたします」と述べました。

◇検察「適正かつ妥当な判断」
 決定について東京高等検察庁の曽木徹也次席検事は、「東京高裁の決定は法と証拠に照らし、適正かつ妥当な判断であると理解している」というコメントを出しました。

◎決定に袴田さん「そんなのはうそを言っているだけだ」
 袴田巌さんは、11日午後2時前、幼い頃から慣れ親しんできたという、浜松市内にある寺を訪れました。付き添いの支援者から、「決定が出たということですが、 無罪が晴れる日までがんばっていきましょう」と声をかけられると、巌さんは、そのまま表情を変えることなく境内に向けて歩き続けていました。

 このあと、記者団から、東京高等裁判所の決定について聞かれたのに対し、袴田さんは、「そんなのはうそを言っているだけだ。事件がないんだから」と繰り返しました。
| 事件・事故 | 15:49 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.sato501.com/trackback/1089223