<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「身元保証人」がいないと 医療機関の8%余りが入院認めず | main | 【今週の運勢】6月11日(月)〜6月17日(日)の運勢第1位は双子座! そまり百音の12星座週間占い >>
台風5号と前線 関東甲信・東海・伊豆諸島 激しい雨のおそれ

 大型の台風5号から湿った空気が流れ込み、前線の活動が活発になっているため、関東甲信や東海、それに伊豆諸島では、強い風を伴って激しい雨が降るおそれがあります。

 気象庁は、土砂災害や川の増水などに警戒するとともに、雨のピークが朝の通勤時間帯と重なることから、交通への影響にも十分注意するよう呼びかけています。

 気象庁の観測によりますと、大型の台風5号は、11日午前3時には日本の南の海上を1時間に45キロの速さで東北東へ進んでいます。

 中心の気圧は980ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は30メートル、最大瞬間風速は40メートルで、中心の南東側220キロ以内と北西側70キロ以内では風速25メートル以上の暴風が吹いています。

 台風は、このあとも北東へ進み、昼すぎから夕方にかけて東京の伊豆諸島に近づくおそれがあります。

 日本の南岸に停滞する前線に向かって台風から湿った空気が流れ込み前線の活動が活発になっているため、伊豆諸島では断続的に激しい雨が降り、八丈島では、この24時間に降った雨の量が200ミリを超えています。

 関東甲信や東海では、これから夕方にかけて1時間に30ミリ以上の激しい雨が降り、伊豆諸島では昼前にかけて局地的に1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降るおそれがあります。

 その後、夕方から12日にかけては、北日本でも太平洋側を中心に激しい雨が降るおそれがあります。

 12日朝までの24時間に降る雨の量は、関東と伊豆諸島で150ミリ、東北で120ミリと予想され、北日本ではその後も雨が降り続く見込みです。

 気象庁は、伊豆諸島を中心に土砂災害や川の増水、低い土地の浸水などに警戒するよう呼びかけています。

 雨のピークが朝の通勤時間帯と重なることから、交通への影響にも十分注意が必要です。

 さらに、台風の接近に伴って、伊豆諸島、小笠原諸島では海上を中心に非常に強い風が吹く見込みで、12日にかけての最大風速は、伊豆諸島と小笠原諸島で20メートルで、最大瞬間風速は30メートルと予想され、波の高さは7メートルの大しけになる見込みです。

 気象庁は、暴風や高波にも警戒するよう呼びかけています。
| 雑感 | 06:40 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.sato501.com/trackback/1089221