<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 南海トラフ巨大地震 長期的な経済被害 推計で1410兆円 | main | “米朝会談で非核化望めない” 日米ともに6割以上 >>
暑さ一転 あすは10度以上低いところも 体調管理に注意を
 9日は西日本と東日本の広い範囲で気温が高くなり、東京の都心ではことし初めて30度以上の真夏日となりました。

 10日は一転して、9日より10度以上気温が低くなるところもある見込みで、体調の管理に注意が必要です。

 気象庁によりますと、西日本と東日本は高気圧に覆われて広い範囲で晴れ、特に関東や九州を中心に気温が高くなりました。

 日中の最高気温は、群馬県館林市で34度6分、栃木県佐野市で34度ちょうど、埼玉県熊谷市で33度2分、熊本県菊池市で33度1分などと、各地で平年を5度から8度ほど上回る厳しい暑さとなりました。

 また、東京の都心では午後1時半すぎに32度ちょうどまで上がり、ことし初めて30度以上の真夏日となりました。

 10日は前線の影響で、西日本と東日本の広い範囲で雨や曇りとなって気温もあまり上がらず、日中の最高気温は名古屋市で25度、大阪市と福岡市で24度、東京の都心で20度と予想されています。

 9日と比べて10度以上低くなるところもある見込みで、体調管理に注意が必要です。

◇東京では熱中症で11人が搬送
 東京消防庁によりますと、9日午前10時半ごろ、東京 江戸川区北小岩の江戸川の河川敷のグラウンドで6人が熱中症の症状を訴え、病院に搬送されました。

 現場に居た人によりますと6人は、いずれも中学生で、グラウンドで野球の練習をしていたということです。

 東京都内では9日、熱中症の疑いで11人が救急搬送され、このうち1人は症状が重いということです。
| 雑感 | 23:40 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.sato501.com/trackback/1089217