<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< JOCスポーツ賞 最優秀賞に小平 特別栄誉賞に羽生 高木美帆 | main | 皇太子ご夫妻 結婚25年 回答文書全文 >>
G7開幕 貿易問題で協調姿勢示せるか
 G7サミット(主要7か国首脳会議)が、日本時間の9日未明、カナダ東部のシャルルボワで開幕しました。

 史上初の米朝首脳会談を前に北朝鮮情勢への対応を巡って討議が行われるほか、アメリカ・トランプ政権が保護主義的な政策を打ち出す中、安倍総理大臣は「貿易制限措置の応酬はどの国の利益にもならない」と訴えたものと見られ、首脳間でG7としての協調姿勢を示せるかが焦点になります。

 G7サミットは、日本時間の9日午前1時すぎ、カナダ東部ケベック州のリゾート地、シャルルボワで開幕し、議長を務めるトルドー首相が各国の首脳を出迎えました。

 G7サミットは2日間の日程で行われ、初日の9日、安倍総理大臣とアメリカのトランプ大統領など、各国の首脳は世界経済や自由貿易をテーマに討議しています。

 政府関係者によりますと、昼食会ではそれぞれの首脳が各国の経済政策を紹介し、安倍総理大臣は、「TPP(環太平洋パートナーシップ協定)や、EPA(経済連携協定)を通じウィン・ウィンの関係を築き、経済成長につなげていく」と述べたということです。

 また、当初、昼食会で予定していた自由貿易をテーマにした討議は、議長のトルドー首相から次のセッションで本格的に議論するよう提案されました。

 この中で、安倍総理大臣は、「貿易制限措置の応酬は世界経済に負の影響をもたらし、どの国の利益にもならない」とする日本の立場を訴えたものと見られます。

 また、各国の首脳は、史上初の米朝首脳会談を来週に控え、北朝鮮情勢への対応を巡っても意見を交わすことにしています。

 今回のG7サミットに先立って開かれたG7財務相・中央銀行総裁会議では、アメリカのトランプ政権による鉄鋼製品などの輸入制限措置に対して、ほかの6か国が激しく対立しました。

 トランプ政権の輸入制限措置に対しては、カナダやEUが対抗措置をとる方針を示すなど、各国とアメリカとの亀裂が深まる中、首脳間でG7としての協調姿勢を示せるかが焦点です。
| 政策 | 05:32 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.sato501.com/trackback/1089214