<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 高齢者ドライバー 5万7000人余「認知症のおそれ」 | main | 「混合介護」上手に使うコツ >>
米大統領「米朝会談に向け拉致問題で連携」日米首脳会見

 史上初の米朝首脳会談を前にワシントンを訪れている安倍総理大臣は、トランプ大統領と会談したあと、共同記者会見に臨み、「米朝首脳会談によって、北東アジアの平和と安定に向けた扉が開くことを強く期待する」と述べました。また、拉致問題の解決に向け、日朝首脳会談の開催に意欲を示しました。

 一方、トランプ大統領は米朝首脳会談に向けて、日本人の拉致問題をめぐって緊密に連携していく考えを示しました。

 来週12日にシンガポールで開かれる米朝首脳会談を前に、ワシントンを訪れている安倍総理大臣は、日本時間の8日午前1時すぎからトランプ大統領と日米首脳会談を行ったあと、共同記者会見に臨みました。

 冒頭、安倍総理大臣は、「米朝首脳会談という過去のどの大統領も成し遂げることができなかった決断を下したトランプ大統領の力強いリーダーシップに、心からの敬意を表する」と述べました。

 そして、北朝鮮問題への対応について、「日米は常にともにある。累次の安保理決議の完全な履行を求めていくというこれまでの方針に全く変更はない」と述べました。

 そのうえで、「拉致、核、ミサイルの諸懸案を包括的に解決し、北東アジアに真の平和が実現することをわが国は強く願っている。米朝首脳会談によって、北東アジアの平和と安定に向けた扉が開くことを強く期待する。北朝鮮が正しい道を歩むのであれば、日朝ピョンヤン宣言に基づき、不幸な過去を清算し、国交を正常化し、経済協力を行う用意がある」と述べました。

 さらに、安倍総理大臣は、「拉致問題の解決に対する、トランプ大統領はじめアメリカ国民の理解と支援に感謝したい。拉致問題を早期に解決するため北朝鮮と直接向き合い、話し合いたい。あらゆる手段を尽くしていく決意だ」と述べ、日朝首脳会談の開催に意欲を示しました。

◇トランプ大統領 拉致問題必ず議論
 アメリカのトランプ大統領は、米朝首脳会談で日本人の拉致問題を必ず議論すると表明しました。

 一方、安倍総理大臣は拉致問題について、「日本の考え方を時間をかけて話し、トランプ大統領にも十分理解して頂き、米朝首脳会談で、提起することを約束して頂いた。本当にうれしく思っている」と述べました。

 また、安倍総理大臣は、「拉致問題の解決は安倍内閣の最重要課題だ。それに資するような会談となるような日朝の協議を行いたい。最終的には私とキム・ジョンウン(金正恩)委員長の間で解決をしなければならないと決意している。日朝首脳会談を行う以上は、北朝鮮の核、ミサイル問題、そして何より重要な拉致問題の解決につながることが極めて重要だ」と述べました。

◇北朝鮮との国交正常化ありうる
 さらに、トランプ大統領は、米朝首脳会談で朝鮮戦争の終結について合意することもありうるという認識を明らかにしました。また、すべてが完了すれば国交の正常化もありうるという考えも示しました。

◇キム委員長を米に招くことも
 また、トランプ大統領は、米朝首脳会談がうまく行けば、キム・ジョンウン朝鮮労働党委員長をアメリカに招くこともありうるという考えを示しました。

◇貿易赤字削減へ 日本に投資求める
 トランプ大統領は、「われわれは貿易の不均衡を是正し、アメリカの輸出にとっての障壁の撤廃に取り組む。安倍総理大臣は先ほど、軍用機や航空機、それに農産物など数十億ドルにおよぶ製品を購入すると話した。日本がアメリカに新たな工場を開くよう促していく」と述べ、日本に貿易赤字の削減を求めアメリカへのさらなる投資を求める姿勢を強調しました。
| 政策 | 09:01 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.sato501.com/trackback/1089206