<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ひきこもり高齢化、親亡き後は | main | JOCスポーツ賞 最優秀賞に小平 特別栄誉賞に羽生 高木美帆 >>
世界平和度指数で日本は9位
◎アイスランド首位、日本9位=最悪はシリア−世界平和度指数
 (6月6日 時事通信)

 国際シンクタンク経済平和研究所(本部シドニー)は6日、各国の平和の度合いを数値化した2018年版の「世界平和度指数(GPI)」を発表した。国別トップはアイスランドで、08年以降ほぼ一貫して首位を維持。一方、テロや紛争の激化などで全世界の平和度は「過去10年で最低」となった。

 対象は163カ国・地域で、治安状況や政情、国内総生産(GDP)に占める軍事支出など23項目を基に算出した。アイスランドに続いたのはニュージーランドやオーストリア。日本はシンガポールに次ぐ9位。最下位は内戦が続くシリアで、アフガニスタンや南スーダンが続いた。米国は121位、北朝鮮は150位だった。

 分析によれば、17年に世界で起きた暴力による経済的損失は14兆8000億ドル(約1630兆円)で、1人当たり2000ドル近くを失った計算。同研究所のスティーブ・キルリー会長はロイター通信に対し、「主に中東と北アフリカでの紛争や周辺地域への影響により、世界の平和度は過去10年で徐々に低下した」と指摘。「平和は豊かさと一体化している」とし、平和と安定がもたらす経済的利点を強調した。 

◎世界平和度指数(GPI:Global Peace Index):全世界の平和度、過去10年で最低
 (6月6日 沖縄タイムス)

・2016年から2017年にかけては92ヵ国が後退し、71ヵ国が改善。過去4年間で最悪の結果。

・過去10年間に平和度が改善した各国のGDP成長率は、平和度が後退した国の7倍。

・GDP中に占める軍事費については、上昇した国より減少した国の方が多かった。

・毎年の戦死者は過去10年の間増加傾向にあり、全期間で264%の増加。

・欧州と米国の両地域、およびその他4地域における平和度が過去1年間で後退。欧州では36ヵ国中23ヵ国で後退。

・2017年に暴力が経済に及ぼしたインパクトは148億ドルで、全世界のGDPの12.4%に相当。人口一人あたり年間2000ドルの計算

・2017年には現代史上初めて、難民が世界人口の1%近くに到達。英国の人口を上回り、ロシアの人口の約半分。

 国際的なシンクタンクInstitute for Economics and Peace (http://economicsandpeace.org )(IEP)が毎年発表する世界平和度指数(GPI:Global Peace Index)(http://www.visionofhumanity.org )レポートの第12版は、今日の世界が過去10年の内で最も平和ではないことを発表しました。

 過去10年間に起きた緊張状態や衝突、危機が解決されず、その結果平和度が徐々に、継続的に後退している世界の現状が、 2018年のGPIを通して明らかになりました。過去一年間に平和を後退させた最大の要因は、各国間あるいは国内の武力紛争、政治テロの増加、そして国連の平和維持活動への取り組みの減少でした。最も平和度が低かったのはシリア、アフガニスタン、南スーダン、イラク、ソマリアであり、最も平和だったのはアイスランド、ニュージーランド、オーストリア、ポルトガル、デンマークでした。

 GPIは全世界において世界平和を測るための代表的な指数です。GPIレポートは全世界の人口の99.7%を網羅しており、指数を算出するにあたっては、極めて高く評価されている情報源から入手した23種類の質的・量的インジケーターを用いています。これらのインジケーターは、「継続中の紛争」、「安全性と保安」、そして「軍事化」という、3つの主領域に分類されています。昨年はこれら3領域の全てで、後退が見られました。

 全世界で最も平和な地域としての地位は維持しながらも、欧州の平和度は過去3年間続けて後退しました。スペインの順位が10位後退して30位となり、GPI史上初めて、最も平和度が下がった上位5国の中に西欧の1国がランクインしました。これは、同国における国内の政治的緊張と、テロの影響の高まりが原因です。過去10年間に、政治不安、テロの影響の高まり、犯罪性の認知の高まりなどが原因となって、欧州の61%を占める各国で、平和度が後退しました。北欧においては、2008年と比べて現在の方が平和な国は、1国もありませんでした。

 IEPの創始者で会長のスティーブ・キルリー(Steve Killelea)氏は、次のように述べています。「過去10年間、私達は様々な方面で進歩しましたが、より平和な世界の実現は、とらえどころのないままでした。この課題は、私達の研究によって裏付けられています。平和は破壊するよりも、築き上げる方がずっと難しい、ということが研究の結果、分かっています。指数の底辺にいる国々が長期化する紛争から抜け出せないでいる理由の一つです。シリア、イェメン、リビアやアフガニスタンで継続している紛争は過去10年間に戦没者や難民人口を急上昇させ、テロを増やしました。」

 「最も平和な地域である欧州でもまた、昨年は36ヵ国中23ヵ国での平和度が後退しました。これは主に政治的緊張の高まりと、各国間の関係が悪化していることが原因です。」

 驚くべきことに、昨年最も改善したインジケーターは、GDPに占める軍事費の割合でした。88ヵ国で出費が減り、44ヵ国で増加、という結果でした。各国において軍事費がGDP中に占める割合の平均は、10年という長期にわたって減少し続けており、102ヵ国で出費が減少しています。GDP中に占める割合で見た場合、最も多く武器を輸出していたのは、北欧5ヵ国のうちの3ヵ国でした。

 2017年に暴力が経済に及ぼしたインパクトは、購買力平価(PPP: purchasing power parity)で見た場合、148億ドルでした。この金額は、全世界の経済活動(gross world product、世界総生産高)の12.4%、あるいは人口1人につき1988ドルに相当します。2017年の、暴力による経済的インパクトは2%増加しましたが、これは紛争と国内治安にかかる費用が増したことが原因で、最も大幅に増加したのは、中国、ロシア、南アフリカの防衛費でした。

 今年のレポートではまた、平和度の最も低い国々と比較して、平和度の高い国々の方がきわめて経済的に有利であることが判明しました。平和度の低い国々におけるインフレ率は平和度の高い国々のほぼ3倍であり、利率は2倍以上、さらに諸外国からの直接投資は約半分以下であることが分かりました。

 キルリー氏はまた、次のように述べています。「平和がもたらす長期的な経済的利点が、今年のレポートの特に注目される点です。平和度が最も高い国々は、平和度の最も低い国々に対して、過去60年間のGDP成長率が平均で2%上回っていました。過去10年間に平和がもたらした経済的利点を振り返ってみると、平和度が増した国々のGDP成長率は、平和度が後退した国々のほぼ7倍でした。これらは非常に顕著な数字であり、平和が経済的利点をもたらすことを裏付けています。」

 テロや軍事化による影響は減少しているにもかかわらず、政治の不安定化により、米国のスコアは後退し続けています。米国は現在、メキシコ、南アフリカ、サウジアラビア、インド、トルコ、ロシアと並んでG20の中でも世界で最も平和度が低い50ヵ国に名を連ねる7ヵ国に含まれています。

 全世界の9地域のうち6地域の平和度が後退しており、最も平和度が高い欧州、北米、アジア太平洋、および南米の4地域についても、平和度は後退しています。

◇地域毎の概観:
・中東および北米は、ISILの影響範囲が縮小するにともなってイラクやシリアの状況が改善したことによりスコアが僅かに上向いたにもかかわらず、2018年も、最も平和度が低い地域のままでした。平和度が最も後退したのは、カタールでした。これは、UAE、サウジアラビア、エジプト、およびバーレーンが同国をボイコットしたことから、同国と近隣諸国との関係が悪化し、政治が不安定化したことが原因です。

・欧州で見られた大きな傾向は、平和度の集中です。最も平和度が高い主に西欧の国々の平和度が後退した一方で、東欧に多いよりスコアの低い国々の平和度は改善しました。

・アジア太平洋地区の平和度は後退しました。11ヵ国が後退し、8ヵ国で改善しました。最も大きく後退したのはミャンマーで、順位を15位も落としました。2番目に大きく後退したのはオーストラリアで、これは投獄数の増加と、軍事化が進んだことが原因です。

・北米では、昨年に続いて米国の平和度が後退し、2012年以来、最低レベルとなりました。ケベック市とエドモントンでの襲撃事件が原因となり、カナダはテロの影響で、後退が見られました。

・ロシアとユーラシアは、全体のスコアが僅かに後退したのにもかかわらず、7位を維持しました。他9ヵ国の平和度が後退した一方で、ウクライナ、キルギス共和国、モルドヴァのスコアは改善しました。最も後退が著しかったのはアルメニアで、ロシアが追って2番目となりました。

・中米とカリブ海地域で平和を実現するために最も問題となっているのは、犯罪と汚職です。過去8年間というもの両地域における、殺人、暴力的犯罪、そして犯罪性の認知の指数は、最低でした。

・南米は依然、無法状態と戦い続けています。最も上昇したのはアルゼンチンで、ブラジルとコロンビアが続きます。

・南アジアにおける平和度の不均衡は年間を通して広がり続けました。最も平和度が低かったアフガニスタンとパキスタンの平和度は継続して後退し、最も平和度の高いブータンとスリランカのスコアは上向き続けました。

・サハラ以南のアフリカでは、ガンビア、リベリア、ブルンジ、セネガルの4ヵ国で平和度が最も改善されました。コンゴ民主共和国における平和度は引き続き後退しており、未だ継続するエボラ出血熱の流行といった危機をしのぐ見込みに、悪影響を及ぼしています。

 詳しくは、http://www.visionofhumanity.org をご覧ください。

◇Global Peace Index (GPI) について
 これは、地球規模の平和度の評価基準をリードするInstitute for Economics and Peace (http://economicsandpeace.org/about-us )(IEP)が作成したGPIの第12版です。163の国と領域で進行中の国内および国際間の紛争、社会の安全と治安、軍事化の度合いを23の指標を基に評価します。

◇Institute for Economics and Peace について
 IEPは、世界の目を人間の幸福と進歩の前向き、達成可能、具体的な尺度としての平和に向けさせるように取り組んでいる国際的独立系シンクタンクです。シドニー、ニューヨーク、ハーグ、メキシコシティーにオフィスを置いています。
| 環境とまちづくり | 21:11 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.sato501.com/trackback/1089204