<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 「骨太の方針」原案 経済財政諮問会議に示す | main | 寄付145倍の町「行きすぎた」 >>
5歳女児死亡事件 食事十分与えず両親逮捕 「もうおねがい ゆるしてください」死亡した5歳女児のノート
 東京 目黒区で、5歳の女の子が死亡し、33歳の父親が暴行を加えたとして逮捕・起訴された事件で、警視庁は、この父親と25歳の母親が十分な食事を与えなかったうえ、病院に連れて行かずに死亡させたとして、保護責任者遺棄致死の疑いで逮捕しました。

 ことし3月、東京 目黒区の船戸結愛ちゃん(当時5)が死亡し、父親の船戸雄大容疑者(33)が前の月の2月に自宅で結愛ちゃんの顔を殴るなどの暴行を加えて大けがをさせたとして、傷害の疑いで警視庁に逮捕され、その後、起訴されました。

 警視庁がさらに捜査を進めた結果、雄大容疑者と母親の船戸優里容疑者(25)がことし1月下旬以降、結愛ちゃんに十分な食事を与えずに栄養失調状態にさせたうえ、その後、病院に連れて行かずに死亡させたとして、保護責任者遺棄致死の疑いで逮捕しました。

 これまでの調べによりますと、結愛ちゃんは、1月下旬に香川県から都内に引っ越したあと、雄大容疑者と一緒に暮らすようになり、その後、2か月ほどの間に体重が4キロほど減って、死亡した時には同じ年齢の子どもの平均から7キロ余り少ない12キロほどだったということです。

 警視庁によりますと、調べに対し2人は容疑を認め、雄大容疑者は「しつけのつもりでやった」と供述しているほか、優里容疑者は逮捕前の調べに「自分の立場が危うくなることを恐れて見過ごしていた」と話していたということです。

◎「もうおねがい ゆるしてください」
 東京 目黒区で5歳の女の子が死亡し、父親が暴行を加えたとして逮捕・起訴された事件。自宅の捜索で見つかったノートには、女の子が鉛筆で書いた書き込みが見つかりました。

 警視庁によりますと、死亡した船戸結愛ちゃん(当時5)は、しつけと称して、毎日午前4時ごろに自分で起きて体重を測ったり、ひらがなを書く練習をしたりすることを命じられていました。

 自宅の捜索で見つかったノートには、結愛ちゃんが鉛筆で書いた書き込みが見つかりました。

 この中では

「もうパパとママにいわれなくても

 しっかりとじぶんから

 きょうよりはもっともっと

 あしたはできるようにするから

 もうおねがいゆるしてください おねがいします

 ほんとうにもうおなじことはしません ゆるして

 きのうぜんぜんできてなかったこと

 これまでまいにちしてきたこと なおします

 あそぶってあほみたいだから

 ぜったいぜったいやらないから やくそくします」

 などと書かれていました。

 結愛ちゃんは父親に「太っている」と指摘されたことから、食事は1食につきスープ1杯か、おわんに半分のご飯とみそ汁などしか与えられず、ノートには自分で測った体重を毎日、書き記していたということです。

◎5歳女児死亡 両親「虐待発覚恐れ病院行かず」
 東京 目黒区で、5歳の女の子に十分な食事を与えなかったうえ、病院に連れて行かずに死亡させたとして、両親が逮捕された事件で、両親が「虐待が発覚するのを恐れて病院に連れて行かなかった」と供述していることが警視庁への取材でわかりました。

 ことし3月、東京 目黒区の船戸結愛ちゃん(当時5)が死亡し、警視庁は父親の船戸雄大容疑者(33)と母親の優里容疑者(25)が十分な食事を与えなかったうえ、病院に連れて行かずに死亡させたとして、保護責任者遺棄致死の疑いで逮捕しました。

 これまでの調べに対し、2人はいずれも容疑を認めたうえで、雄大容疑者は「しつけのつもりでやった」と供述しているほか、優里容疑者は、逮捕前の調べに「自分の立場が危うくなることを恐れて見過ごしていた」と話していたということです。

 その後の調べに対し、2人が「虐待が発覚するのを恐れて病院に連れて行かなかった」と供述していることが警視庁への取材でわかりました。

 結愛ちゃんの足の裏にはしもやけがあり、雄大容疑者がことしの冬、結愛ちゃんを自宅のベランダに放置したり、暖房のきいていない部屋で長時間、過ごさせたりしていたということです。

 雄大容疑者はことし2月に結愛ちゃんの顔を殴るなどして大けがをさせたとして、逮捕・起訴されていて、警視庁は日常的に繰り返していた虐待を隠すためだったとみて調べています。

◇事件の経緯と児童相談所の対応
 警視庁や児童相談所などによりますと、船戸雄大容疑者と優里容疑者は数年前から交際を始め、その後、結婚して優里容疑者の子どもの結愛ちゃんも一緒に、香川県善通寺市で生活していました。

 おととし12月と去年3月の2回、結愛ちゃんが家の外に出されていたり、けがをしたりしていて、雄大容疑者が「しつけのために手をあげた」と説明したことなどから、香川県の児童相談所は虐待の疑いがあるとして、結愛ちゃんを一時的に保護したということです。

 当時、香川県警も捜査し、雄大容疑者が結愛ちゃんに暴行を加えてけがをさせたとして、傷害の疑いで2回書類送検しています。

 結愛ちゃんはその後自宅に戻りましたが、去年8月に病院で診察を受けた際に、体にあざがあるのを医師が見つけ、児童相談所に連絡しました。

 児童相談所は、家庭訪問や両親との面接だけでなく虐待の問題に詳しい専門の病院を紹介し、優里容疑者は結愛ちゃんと一緒に数か月通院していたということです。

 当時、優里容疑者は、「最初は夫のしつけが厳しすぎると感じていたが、子どもがそれまでできなかった礼儀作法ができるようになっていくのを見て、これでいいと思うようになった」などと話していたということです。

 去年12月になると、雄大容疑者が仕事の関係で東京 目黒区に引っ越し、翌月には優里容疑者と結愛ちゃんも雄大容疑者のもとに引っ越すことになりました。

 このとき、優里容疑者は香川県の児童相談所に「必要になればこちらから出向くので、転居先は教えたくない」と話していたということです。

 児童相談所は、善通寺市と連絡を取って転居先の住所を確認したうえで、東京 品川の児童相談所に資料を送り、引き継ぎを行ったということです。

 香川県の児童相談所は、「父親だけでなく、母親への指導をきちんとしなければならかったと感じている。もっと両親に面会する回数を増やして指導を行うべきだった」と話しています。

 一方、引き継ぎを受けた品川児童相談所によりますと、ことし2月、担当者がアパートを訪れましたが、優里容疑者に「関わってほしくない」などと言われたということです。

 児童相談所の担当者は、結愛ちゃんが入学する予定だった目黒区内の小学校の入学説明会にも様子を確認しに行きましたが、結愛ちゃんには会えなかったということです。

 品川児童相談所は、「香川から引き継がれて虐待のリスクが高いかどうか、判断している最中に事件が起きた。今後、対応が適切だったか調査していきたい」としています。

◇専門家「転居をリスクと捉えて危機感持って対応を」
 児童相談所の職員の研修も行っている「子どもの虹情報研修センター」の川崎二三彦センター長は、「今回の事件の特徴は、児童相談所が対応している最中に転居していることだ。転居をリスクと捉えてもっと危機感を持って対応するよう転居先の児童相談所に引き継ぎすべきだった」と話していました。

 また、船戸雄大容疑者が優里容疑者と結愛ちゃんと同居するようになったあと、結愛ちゃんに暴行したことについて、「連れ子とうまく関係を築けず、対応に困って虐待を行った可能性は十分考えられる。虐待をしつけだと主張するケースはこれまでにもあり、改めて暴力を伴うしつけが子どもの本当の成長につながらないということを理解してほしい」と話しています。

 また、母親の優里容疑者が「自分の立場が危うくなることを恐れて見過ごした」と話していることについては、「みずから手を出さなくても、子どもを放置することがネグレクトという虐待行為にあたることを十分認識してほしい」としています。

 さらに、今後の対策について、「児童相談所の職員数に対し、虐待の件数はかなり多く、きめ細かな対応を行うには限界がある。この事件を教訓に、体制強化を本格的に検討するべきだ」と指摘しています。
| 事件・事故 | 03:36 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.sato501.com/trackback/1089203