<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 子ども連れ去り 去年は全国72件 登下校時の被害多い | main | 乳がん予防手術 条件付きで「強く推奨」治療ガイドライン >>
教育現場も人手不足 授業受けられない事態も… 広島
 教育現場の人手不足が全国的な課題となる中、広島県内でも、35の公立小中学校などで教員が欠員状態にあることが、県教育委員会の調査でわかりました。県教育委員会は、授業への影響について調査することにしています。

 公立の小中学校の教員は、国が学校ごとの児童や生徒の数に応じて毎年、定数を算出し、それをもとに各地の教育委員会が配置していますが、各地で人手不足が指摘されています。

 こうした中、広島県教育委員会が、市の教育委員会が所管する広島市を除く、県内の公立小中学校などに聞き取り調査を行ったところ、35校で合わせて38人が欠員となっていることがわかりました。

 欠員はいずれも非正規の教員で、非常勤講師が12人、臨時採用の教員が26人となっています。

 このうち、呉市の吉浦中学校では先月、必要な講師が確保できず、1年生と2年生の4クラス101人が国語と理科の授業が受けられなくなりました。

 県教育委員会は、こうしたケースを把握できていなかったため、今後は欠員による授業への影響が生じていないかについても、調査することにしています。

 一方、県教育委員会では、欠員が生じる背景に、定年退職者の増加に新規採用が追いつかない実情などを指摘し、人材確保の対応策が急がれています。
| 福祉・医療と教育 | 05:42 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.sato501.com/trackback/1089082