<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 大学卒業後に授業料返還の新制度 低所得世帯に適用も 自民党案 | main | 将棋の藤井聡太さん 15歳で七段に 最年少記録を61年ぶり更新 >>
三井住友と三菱UFJがATM共同化に向け協議へ
 ネットバンキングの普及などでATMの利用者が減っていくことが見込まれるとして、三井住友銀行と三菱UFJ銀行の大手2行はATMの共同化に向け、今後、協議を進めていくことになりました。

 これは、三井住友銀行を傘下に置くSMBCグループの國部毅社長が14日の決算発表の会見で明らかにしました。

 この中で國部社長は、「これからの時代の金融業を考えたときに、コストを削減できるものがあれば、共同でやっていった方がいいという考え方を三菱UFJ銀行と共有している」と述べ、ATM(現金自動預け払い機)の共同化に向けて今後、両行で協議を進めていく考えを示しました。

 ATMは現金を輸送する費用など多額のコストがかかりますが、スマートフォンやパソコンを使ったネットバンキングが普及するなか、今後、利用者が減っていくことが見込まれています。

 このため両行は、それぞれの預金者が手数料なく現金を引き出せるようにするといった共同化の具体策を今後検討し、同じ地域にあるATMを統廃合するなどしていきたい考えです。

 金融業界は、長引く低金利で収益力が低下するなか業務の効率化を迫られていて、すでに新生銀行は自前のATMをやめ、コンビニATMを手がけるセブン銀行などとの提携でサービスの維持を図っています。
| 政策 | 16:56 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.sato501.com/trackback/1089080