<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「米朝会談はシンガポールで来月12日に」米大統領ツイッター | main | IMF アジア成長率見通しを上方修正 米中の摩擦に懸念も >>
米朝首脳会談は来月12日 シンガポールで 非核化の道筋が焦点
 史上初となる米朝首脳会談が来月12日にシンガポールで開催されることになりました。北朝鮮の非核化に道筋をつけることができるのかどうかが最大の焦点となります。

 アメリカのトランプ大統領は日本時間の10日夜遅くツイッターで、北朝鮮のキム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長との首脳会談について来月12日にシンガポールで開催すると明らかにしました。

 そのうえで「ともに世界の平和にとって特別な瞬間にしたい」と投稿し会談の成功に強い意欲を示しました。

 さらに、トランプ大統領は地方遊説に向かうため大統領専用機に乗り込む際、記者団に対し、米朝首脳会談について「大成功となるだろう」と述べ、親指を立てて自信を見せました。

 開催地にシンガポールを選んだのは、アメリカと北朝鮮、双方と国交がある第三国で、中立的と言えることに加えて、キム委員長が専用機で直行できる距離にあることなどを考慮した結果だと見られます。

 これに先立って北朝鮮に拘束されていたアメリカ人3人が解放され米朝首脳会談の開催に向けて大きく前進した形となっていました。

 史上初となる米朝首脳会談で、トランプ大統領はキム委員長に対し、完全で検証可能かつ不可逆的な非核化に向けて具体的な行動をとるよう求める考えで、北朝鮮の非核化に道筋をつけることができるのかどうかが最大の焦点となります。

 また、トランプ大統領は65年前から休戦状態となっている朝鮮戦争の終結や、弾道ミサイルの放棄、それに日本人の拉致問題の解決なども訴えるとしていて、キム委員長の出方が注目されます。

◇メディアも速報で伝える
 アメリカのCNNテレビは、トランプ大統領がツイッターに米朝首脳会談の開催日と場所について書き込んだ直後に、速報で伝えました。

 この中で、シンガポールについて、「ポンペイオ国務長官ら政権幹部が当初から開催地として推していた。国際会議が開かれた実績もあり、北朝鮮との関係もある、双方にとって都合がよい国だ」と指摘しました。

 そのうえで、「12日に何が起こったとしてもアメリカの大統領と北朝鮮のトップが会談するのは歴史的に初めてのことだ」と評価しました。

 一方で、野党・民主党の議員の意見を交えながら、「大統領がこの会談を自分を演出するテレビのショーのように利用し実質的なことが話し合われないことを懸念している。準備を着実に行い会談に臨むことを期待したい」と伝えています。

 アメリカの有力紙、ニューヨーク・タイムズは、史上初の米朝首脳会談の日時と場所が決まったことについて、北朝鮮に拘束されていたアメリカ人3人が解放されたことと関連させ、「人質が解放されたことで、トランプ大統領が平和協議に向かううえでの重要な障害物が取り除かれた」と報じています。

 そのうえで、アメリカ政府高官の話として、「アメリカ人3人の解放は首脳会談に向けたアメリカ側の条件だった」と伝えています。

 また、イギリスの公共放送BBCも速報で伝え、「これまで侮辱しあっていた両者だが、画期的な南北首脳会談が、突破口となった」と報じました。

 会談が行われるシンガポールについては、「これまでモンゴルや、南北を隔てる非武装地帯も候補地としてあがったが、中国と台湾の初めての首脳会談が行われるなど、外交の場として利用されてきたシンガポールが選ばれた」と伝えています。

◇重要な外交の舞台 シンガポール
 シンガポールは、マレー半島の南端にある島国で、世界有数の金融都市です。

 アメリカ、北朝鮮の両国と外交関係を維持していることもあり、早い段階から米朝首脳会談の候補地として伝えられてきました。北朝鮮の大使館も置かれています。

 これまでたびたび、重要な外交の舞台となっていて、2015年には、中国と台湾の初の首脳会談が開かれたほか、アジア太平洋地域の安全保障について、各国の防衛担当の閣僚などが意見を交わす国際会議も毎年、開かれています。

 このため、大規模な国際会議場や数千人規模の報道関係者の受け皿となるホテルなど施設も充実しています。

 史上初となる米朝首脳会談は、国際社会からの注目度も高く、各国から多くの関係者が訪れることが予想され、限られた時間の中で警備や準備など万全な態勢を整えられるのかが、今後の課題となります。
| 政策 | 09:05 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.sato501.com/trackback/1089063