<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ガソリン価格 3年5か月ぶりの高値 中東情勢への懸念から | main | 足の臭いの原因と9つの対策法 >>
エアコン「正しい試運転」案内
 すでにエアコンを使用されている家庭もあると思います。これからのエアコンシーズンを前に、正しい試運転と点検をする事によって、余計な故障やトラブルに備えましょう。

◎夏本番を迎える前に エアコンの“正しい試運転” ダイキンが呼びかけ
 (2018年05月07日 15:52 ITmedia NEWS)

 ダイキン工業が、真夏のエアコンシーズンに向け、故障やトラブルを防ぐための試運転と点検方法について案内している。

 例年7月にエアコンに関する故障の問い合わせや点検依頼が集中するため、同社は5月〜6月前半の試運転を呼びかけている。

 試運転は、

(1)運転モードを「冷房」に、温度を最低温度(16〜18度)に設定し、10分程度運転、

(2)冷風がきちんと出ているか、異常を示すランプが点滅していないかを確認、

(3)さらに30分程度運転し、室内機から水漏れがないかを確認、

(4)異臭や異音がないか確認、

という順で行うと言う。

 同社によると、外気温が低い初夏に試運転する方がエアコン内部に負荷がかかりにくく、製品にも環境にも優しいので適切としている。室内機だけでなく、室外機の動作確認も必要だ。

 節電方法についても、

(1)2週間に1度のフィルター清掃、

(2)設定温度の目安を28度に、

(3)室外機の周囲に放熱を妨げる障害物を置かない、

などを案内している。

 また、全国のエアコンを使う20代以上の男女300人を対象に、エアコンに関するインターネット調査を実施(調査期間は4月3日〜4日)。

 試運転の経験がある人は全体の3割にとどまった。「試運転の温度設定」の正解率は15.7%、「試運転時間の目安」の正解率は28.0%で、「正しい試運転方法についてまだ理解度が低いことが明らかになった」という。

 同社のサイトでは、AI(人工知能)を使ったチャットbotがユーザーの質問に答える「AI故障診断」サービスを提供。

 チャット上で、「冷えない」、「運転しない」などと入力すると、AIが考えられる原因と解決方法について案内してくれる。修理業者の訪問が必要な場合は、修理料金の目安が提示され、そのまま申し込みできる。
| 雑感 | 09:15 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.sato501.com/trackback/1089043