<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「ひきこもり」の高年齢化 40〜60歳の初調査へ 内閣府 | main | エンジェルス大谷 3勝目 7回途中まで2失点の好投 >>
あさって日中韓首脳会議開催 対北朝鮮で成果文書発表へ調整
 史上初の米朝首脳会談を前に、日本、中国、韓国の3か国による首脳会議が9日、東京で開かれます。

 日本政府は、北朝鮮の完全で検証可能かつ不可逆的な非核化や弾道ミサイルの廃棄、そして拉致問題の解決に向けて3か国の緊密な連携を確認したい考えで、会議終了後、成果文書を発表する方向で調整を進めています。

 史上初の米朝首脳会談を前に、中国の李克強首相、韓国のムン・ジェイン(文在寅)大統領が就任後初めて日本を訪れ、9日東京で日本、中国、韓国の3か国の首脳会議が開催されます。

 中国の首脳が日本を訪れるのは2011年5月の当時の温家宝首相以来7年ぶりで、韓国首脳の来日は2011年12月の当時のイ・ミョンバク(李明博)大統領以来6年半ぶりとなります。

 また、日中韓3か国の首脳会議は2015年11月に韓国で開催されて以来で、今回で7回目となります。

 首脳会議で日本政府は、先の南北首脳会談の結果を評価したうえで、北朝鮮の完全で検証可能かつ不可逆的な非核化や弾道ミサイルの廃棄、そして拉致問題の解決に向けて3か国の緊密な連携を確認したい考えで、会議終了後、成果文書を発表する方向で調整を進めています。

 また、首脳会議に合わせて安倍総理大臣は、李首相、ムン大統領とそれぞれ個別に首脳会談を行うことにしています。

 李首相との会談で安倍総理大臣は、海上や空での偶発的な衝突を避けるため緊急時に連絡を取り合う「連絡メカニズム」の運用開始や、中国の巨大経済圏構想「一帯一路」を踏まえ第三国でのインフラ整備について両国で協力していく方針を打ち出したい考えです。

 そして、安倍総理大臣は、みずからの中国訪問後に習近平国家主席の日本訪問に道筋をつけたい考えで、日中両国の関係改善の流れを確かなものにできるかどうかも焦点です。
| 政策 | 05:39 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.sato501.com/trackback/1089038