<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 観てよかった200分超えの映画 | main | 妊婦わからず ストラップ物議 >>
「カッコーの巣の上で」「アマデウス」フォアマン監督 死去
 「アマデウス」などの映画でアカデミー賞の監督賞を2度受賞したミロス・フォアマンさんが亡くなりました。86歳でした。

 ミロス・フォアマンさんは、1932年に旧チェコスロバキア中部のチャースラフで生まれ、第2次世界大戦中に両親をナチスの強制収容所で亡くしたあと、プラハにある国立映画学校で学び映画の製作を始めました。

 そして、1968年に旧チェコスロバキアで起こった民主化運動、「プラハの春」に参加し、弾圧を受けると、アメリカに移住して、1977年には市民権を獲得しました。

 フォアマンさんは、1975年に公開された映画「カッコーの巣の上で」で、精神科の病院の管理の在り方に反発して闘う、男性患者の姿を描き、アカデミー賞で監督賞などを受賞しました。

 また、1984年に公開された映画「アマデウス」では、モーツァルトを妬む音楽家の視点でモーツァルトの人物像に迫り、2度目となるアカデミー賞の監督賞を受賞しました。

 フォアマンさんは14日、自宅があるコネティカット州の病院で家族に見守られながら、亡くなったとAFP通信は伝えています。86歳でした。
| 雑感 | 08:22 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.sato501.com/trackback/1088942