<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 地方議員の厚生年金加入を検討 反対意見も相次ぐ 自民 | main | サッカー女子 なでしこジャパン W杯出場決定 8大会連続8回目 >>
プロ野球 西武が10勝一番乗り 巨人の連敗6で止まる
 プロ野球は4試合が行われ、西武が楽天に勝って両リーグ一番乗りで10勝に到達。巨人は広島を破り連敗を6で止めました。

◇パ・リーグ

【楽天5−7西武】
 首位の西武は3点を追う2回、山川選手の4号ソロホームランや炭谷選手の2点タイムリーツーベースヒットなどで一挙5点を奪って逆転し、その後も3回と9回に1点ずつ追加しました。

 エースの菊地投手は6回5失点と振るいませんでしたが、打線の援護もあって3勝目を挙げました。西武は両リーグ一番乗りで10勝に到達しました。

 楽天はエース則本投手が6回6失点と崩れてチームは単独最下位です。

◇セ・リーグ

【阪神2−3ヤクルト(延長10回)】
 ヤクルトは2対2と同点の延長10回、ワンアウト三塁のチャンスで雄平選手がタイムリーヒットを打ち、試合を決めました。ヤクルトは連敗を「3」で止めました。

 阪神は不振の先発・藤浪投手が7回1失点と復調の兆しを見せ、9回には福留選手が日米通算300号となるツーランホームランを打ち、同点に追いつきましたが、4人目のドリス投手が踏んばれませんでした

【DeNA6−5中日】
 DeNAは3対5と2点を追う7回、倉本選手のタイムリーツーベースヒットや大和選手のタイムリーヒットなどで3点を奪って逆転しました。

 DeNAは2年ぶりの6連勝で首位に立ちました。

 中日は7回に2人目で登板した又吉投手が誤算で連勝は「4」で止まりました。

【巨人10−2広島】
 巨人は1回に1点を先制されましたが、その裏、4年目の岡本選手の3号ツーランホームランや中井選手の1号ソロホームランなどで一挙5点を奪って逆転しました。

 さらに5回にはマギー選手が2号ツーランホームランを打つなど10得点で広島を破り、連敗を「6」で止めました。

 エースの菅野投手は8回1失点で今シーズン初勝利を挙げました。

 広島は先発の野村投手が5回8失点と崩れました。

◎巨人 岡本!中井!マギー!3発10点快勝で連敗ストップ 菅野今季初勝利
 (4月13日 スポーツニッポン)

 巨人は打線が3本塁打を含む11安打10得点と目を覚まし、広島に快勝。連敗を6で止めた。

 初回、1点を先制されたその裏、巨人打線がようやくつながった。1番・坂本勇が三塁打で出塁、吉川尚の一ゴロが敵失を誘い同点とした。さらに4番・マギーの適時打で勝ち越すと、5番・岡本の左中間席への3号2ラン、中井の1号ソロでこの回、5点と主導権を奪い返した。

 前日12日のDeNAから組み替えた打線が機能した。岡本が5番で自身初のクリーンアップ弾、好調な打撃を期待されて11年目で初めて中堅で先発した7番・中井にも一発が飛び出した。5回には4番・マギーの2戦連発となる2号2ランでダメ押しした。

 先発の菅野は打線の援護にも助けられ、8回を6安打1失点、10奪三振で3戦目で今季初勝利(2敗)。チームも連敗のトンネルをようやく抜けた。
| 雑感 | 23:43 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.sato501.com/trackback/1088933