<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 生保 契約者に利益還元相次ぐ 長寿で保険金支払い減 | main | パラリンピック クロスカントリー男子 新田が金メダル >>
「湘南色」JR115系車両 関東で引退 昭和25年から活躍

 オレンジと緑色の塗装で鉄道ファンなどに「湘南色」の呼び名で親しまれてきたJRの車両が16日、関東地方の路線から引退しました。

 引退したのはオレンジと緑色の塗装が特徴の115系と呼ばれる車両です。

 この塗装は旧国鉄時代の昭和25年に初めて採用され、当時、神奈川県の湘南地域を走る東海道線で使われたことにちなんで鉄道ファンなどに「湘南色」の呼び名で親しまれてきました。

 この車両は現在、群馬県内を走る両毛線や上越線などで使われていますが、ダイヤ改正によって16日、関東地方の路線から引退しました。

 ターミナル駅の高崎駅には地元の人や鉄道ファンなどが訪れ、写真を撮るなどして引退を惜しんでいました。

 JRによりますと、この車両は、銀色を基調としたステンレス製の車両に交代するということです。

 JR東日本高崎支社運用車両課の塚田隆弘副課長は、「自分も国鉄時代から関わってきた車両なので引退は寂しい。長年活躍した車両なので、お疲れさまと言ってあげたい」と話していました。
| 雑感 | 11:30 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.sato501.com/trackback/1088789