<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 夫婦別姓容認、4割超に増加 | main | 仮想通貨流出 日本人男性が一部を別の仮想通貨と交換か >>
11月3日を「明治の日」に
 昨日2月11日は「建国記念日」でしたが、元々は「紀元節」と言って日本の初代天皇である神武天皇の即位日です。

 「昭和の日」は、元々昭和天皇の誕生日でした。国民の祝日に関する法律ではその趣旨を、「激動の日々を経て、復興を遂げた昭和の時代を顧み、国の将来に思いをいたす」としております。

 11月3日は「文化の日」ですが明治天皇の誕生日で、明治時代は「天長節(天皇誕生日)」と言う祝日でした。

 明治天皇が崩御されると、国民が「明治天皇が近代日本の礎を築いた功績を後世に伝えていくために11月3日を祝日としてほしい」と言う運動を起こし、昭和2年に「明治節」と言う名称で祝日となりました。

 しかし、敗戦後の昭和22年に当時日本を占領していたGHQは、「明治節」を廃止しました

◎11月3日を「明治の日」に 自民有志が議連発足へ
 (2月11日 共同通信)

 自民党有志議員は、11月3日の「文化の日」が明治天皇誕生日に当たるとして、祝日法を改正し「明治の日」に改めることを目指す議員連盟を3月にも発足させる。

 古屋圭司衆院議院運営委員長が会長に就任する方向で調整。今年が明治改元から150年になるのを好機と捉え、賛同を呼び掛けていく。関係者が11日、明らかにした。

 文化の日は、1946年に現行憲法が公布された日を記念した祝日だ。祝日法では「自由と平和を愛し、文化をすすめる」と規定されている。戦前は「天長節」や「明治節」と定められていた。
| 政策 | 05:05 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.sato501.com/trackback/1088625