<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 安倍内閣「支持する」46%「支持しない」34% NHK世論調査 | main | 平野が2大会連続で銀メダル スノーボード男子ハーフパイプ >>
他人尊重しすぎて疲れている?
 ゼロサムゲームどころかマイナスサムゲーム、これほど無駄な事はありませ。しかし、難しい事でもあります。

◎他人を尊重しすぎて、疲れている人へ 自分も相手も幸せになる考え方とは?
 (2018年02月11日 12:02 THE PAGE)

 日々の悩みから心が軽くなる方法を考えてみたいと思います。

 ゼロサムゲーム(zero sum game)という言葉があります。自分が100円得したら、相手が100円損する。自分がいい気分になれば、相手が嫌な気分になり、自分が我慢すれば、相手が幸せになる。合計(sum)は差し引きゼロ。そんな状況を指す言葉です。

 それに対してわたしは、マイナスサムゲーム(minus sum game)という言葉を作りました。合計がゼロになるどころか、マイナスになる。自分が損して、相手が得するどころか相手も損する。自分が我慢することで相手が幸せになるどころか、相手も不幸になる。そんな状況を指す言葉です。そんな馬鹿なことがあるものかと思うかも知れませんが、メンタル系の仕事をしていると、そんな状況によく出くわします。

◇ゼロサムゲームも残念だけど、マイナスサムゲームはもっと残念
 とても単純な例で説明してみましょう。

 テーブルにリンゴと柿がのっています。わたしはリンゴが好きなのだけど、相手もきっとリンゴが好きだろうと思って、相手にリンゴを譲ってわたしは柿を取りました。でもほんとうは、相手は柿が好きだったのです! わたしが素直に自分の好きなものを取っていれば、相手も自分の好きな柿を食べられたのに。

 もう少し複雑な例でも説明しましょう。

 わたしは「明日は一人でゆっくり本を読んでいたい」と思っていますが、「彼女を放っておくのは悪い」と思って、デートに誘いました。彼女もじつは「明日は一人で好きなビデオを観ていたい」と思っていたのですが、「彼氏の誘いを断るのは悪い」と思ってデートに応じました。結局、二人ともしたくもないデートをするハメになってしまったのです。

 こんな馬鹿なことを避けるには、わたしが彼女に「明日は一人でいたい」と素直に自分の欲求を話すか、彼女が「悪いけど、明日はビデオを観ていたいの」と率直に自分の気持ちを伝えればいいのです。お互いに遠慮しあって、自分も相手も不幸にしてしまうケースです。率直に語り合わないために人生を無駄にややこしくしているのです。

 話を単純にするために2人だけのケースにしましたが、もちろんもっと大人数でも似たようなことは起こります。そして、「リンゴか柿か」とか、「デートをするかしないか」といった些細なことではなく、就職や結婚といった人生の一大事でも、こんなマイナスサムゲームを演じることがあります。メンタル系の相談を受けていると、人生の悩みの半分はこの種のマイナスサムゲームがからんでいるのではないかとさえ思えます。

◇考えを率直に希望を伝えれば、案外うまくいく
 それを避けるのはとても簡単です。自分の希望を素直に言えばいいのです。そうすることによってお互いの希望を尊重し合えるケースも多いのです。そうすれば、マイナスサムゲームは一転してお互いに得をするプラスサムゲーム(plus sum game)、win winの関係に変化します。

 もし、どちらかが我慢しないといけない場合は、冷静に話し合えばいいのです。リンゴにするか柿にするかくらいなら、話し合うほどのこともなくジャンケンで決めればいいのですが、「わたしは一人でいたい」けれど、「彼女はデートしたい」というときには、明日どうするか冷静に話し合えばよいのです。確かに、ちょっと手間がかかるけれど、マイナスサムゲームを演じるよりはずっと賢い選択のはずです。

 ただ、この賢い選択が、日本ではなかなか難しいかもしれません。率直に自分の意見を言わないこと、率直に相手の意向を尋ねないこと、お互いに相手の気持ちを推測しあう(去年の流行語を使えば「忖度」しあう)のが良しとされているからです。

 率直さを避け、忖度しあうのを良しとする常識が、どれほどの誤解と無駄とストレスを生み出しているか、冷静に考えてみませんか?

 ただ、困ったこと、お互いの希望が食い違ったときに冷静に話し合いができない人がいます。怒り出したり、無理やり自分の希望を押し通したりして、相手に我慢を押しつけようとする人などです。相手がそんな人なら、これからもお付き合いを続けるかどうか冷静に考え直す方がいいかもしれません。もしも、あなたがそういう人ならば、態度を修正しましょう。相手を変えることは難しいのですが、自分なら変えることができます。その方がこれからの長い人生がスムーズになると思いますよ。

 (心療内科医・松田ゆたか)
| 雑感 | 10:37 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.sato501.com/trackback/1088624