<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 去年11月の経常収支 41か月連続で黒字 | main | 去年の訪日外国人旅行者は2869万人 過去最高を更新 >>
ガソリン小売価格 原油高背景に値上がり傾向続く
 レギュラーガソリンの小売り価格は、全国の平均で1リットル当たり141.9円と2年半ぶりの高値の水準となり、年が明けてもガソリンの値上がり傾向が続いています。

 資源エネルギー庁から調査を委託された石油情報センターによりますと、9日時点のレギュラーガソリンの小売価格は全国の平均で1リットル当たり141.9円で、年末に行われた前回の調査に比べ、0.2円値上がりしました。

 これは、2年半ぶりの高値の水準で、去年9月からのガソリン価格の値上がり傾向が依然として、続いています。

 また、灯油の店頭価格も全国の平均で18リットル当たり1525円と前回より5円値上がりし、16週連続で上昇しています。

 これは、OPEC(石油輸出国機構)の加盟国と非加盟の産油国が協調して減産を続けていることを背景に、原油価格の上昇が続いているためです。

 今後の見通しについて石油情報センターは、「イランで起きた反政府デモによる中東情勢への懸念や、アメリカでの記録的な寒波による石油需要の拡大から、さらに原油価格が上昇していて、来週のガソリン価格も値上がりしそうだ」と話しています。
| 政策 | 13:24 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.sato501.com/trackback/1088462