<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 成年後見人の監督義務怠る 国に賠償命令 | main | ソニー aiboの後継機発売 AI搭載で約20万円 >>
晴れ着トラブル 契約の合計額は1億円超か
 成人の日に横浜市の会社から振り袖が届かず晴れ着を着られない新成人が相次いだ問題で、消費生活センターに相談を寄せた人たちが振り袖を購入するなどして会社と契約した金額の合計は、少なくとも1億円を超えることがわかりました。その多くが振り袖が届かず、返金もされないという相談だということです。

 横浜市中区に本社がある晴れ着の販売などを行う会社「はれのひ」が突如、営業を休止し、成人の日の今月8日、新成人が事前に購入したり、レンタルしたりした振り袖が、横浜市や東京・八王子市の着付け会場に届かず、晴れ着を着られない新成人が相次ぎました。

 各地の消費生活センターや警察には、10日までに合わせて延べ1000件の相談が寄せられています。

 このうち、消費生活センターに相談した人たちが振り袖を購入するなどして会社と契約した金額は、横浜市でおよそ6800万円、八王子市で3190万円ほど、横須賀市でおよそ960万円、相模原市で740万円近くと、4か所だけでも合わせて1億1600万円を超えることがわかりました。

 相談には、「撮影した写真が届かない」といったものも含まれていますが、その多くが「振り袖が届かず返金もされていない」という内容で、被害額は少なくとも数千万円に上ると見られています。

 各地の消費生活センターは、証拠として契約書などを保管することやローンでの支払いを止める手続きを取るよう呼びかけています。

◎晴れ着トラブル 会社の負債総額6億円超 多額の赤字か
 成人の日に横浜市の会社から購入した振り袖などが着付け会場に届かず、晴れ着を着られない新成人が相次いだ問題で、この会社は、おととしの時点で負債総額が6億円を超えていたことが、取引先の関係者への取材でわかりました。最近、多額の赤字を抱えていた可能性もあるということで、警察は、会社の財務状況などを調べています。

 横浜市中区に本社がある晴れ着の販売などを行う会社「はれのひ」が突如、店を閉め、成人の日の今月8日、新成人が事前に購入したりレンタルしたりした振り袖が、横浜市や東京・八王子市の着付け会場に届かず、晴れ着を着られない新成人が相次ぎました。

 この会社は去年、一部の取引先への支払いが滞っていたということですが、おととし9月の時点で、負債総額は6億円を超えていたことが取引先の関係者への取材でわかりました。

 関係者によりますと、「はれのひ」の負債は、金融機関からの借り入れや、取引先に支払わなければならない費用などだったということです。また去年9月の時点では、3億円を超える赤字を抱えていた可能性があるということで、警察は、会社の財務状況などを調べています。

◇社長電話に出ず 連絡取れず
 成人の日に横浜市の会社から購入するなどした振り袖が着付け会場に届かなかった問題で、振り袖を販売するなどした「はれのひ」の社長に、NHKの記者が10日午後、取材を申し込もうと電話をかけました。しかしコールは鳴るものの、社長は電話に出ず、連絡は取れませんでした。

◇振り袖レンタル ビジネスの仕組み
 「はれのひ」のホームページや、利用客、それに同業者などの話によりますと、「はれのひ」は新成人などに対して振り袖を足袋などの小物とセットにして販売したり、レンタルしたりしていました。

 振り袖は京都市内にある呉服の卸売会社などから購入していたということです。品ぞろえは100種類以上あり、利用客のリクエストに必ず似合うものが見つかるとPRしていました。

 利用客は横浜市や東京・八王子などの店舗で試着して選んだ振り袖を購入したりレンタルしたということです。

 また、成人式の前に会社のスタジオで事前に写真を撮影する「前撮り」もセットに組み込まれていました。

 代金は前払いだったということで、振り袖を購入した人の中には50万円ほど支払った人もいました。

 また、希望者については、振り袖などの一式を成人式当日までに着付け会場に届けるため預かっていました。

 当日は、成人式会場の近くにあるホテルに着付け会場を用意し、手配した着付け業者が対応することになっていたということです。

◇振り袖と帯が戻らない19歳女性
 神奈川県横須賀市に住む19歳の女性は、来年の成人式に向けて「はれのひ」から購入し、預けていた振り袖と帯が戻らなくなっています。

 この女性の実家には、おととしの12月ごろ「はれのひ」から、「今、着物を買わないといい着物がなくなってしまう」という内容の電話がかかってきたということです。

 翌月の去年1月女性は、家族と一緒に当時横須賀市内にあった「はれのひ」の店舗に行き、振り袖や帯、バッグなど一式を購入し、およそ40万円を振り込んだということです。

 去年4月には、同じ店舗で、この振り袖を着て写真を撮る「前撮り」を行い、店から「無料でクリーニングを行う。終わったら配送する」と言われ、振り袖と帯を預けました。

 ところが、なかなか送られてこないため先月父親が会社側に電話し、「すぐに送ります」という返事がありましたが、来年の成人式まで預かっておいてほしいと伝えたということです。

 今回の問題を受け会社側に電話しましたが、連絡がつかない状態になっているということです。

 女性の実家には、髪留めやバッグなどが残されていますが、振り袖と帯は戻らないままで、女性は、ツイッターに前撮りの写真を掲載し、転売されているのを見かけたら連絡してほしいと呼びかけています。

 女性は、「成人式で着るために心待ちにしていたものなので、絶対に返してほしいです」と話しています。

◇相談件数のべ1000件超える
 成人の日に横浜市の会社から購入するなどした振り袖が着付け会場に届かず晴れ着を着られない新成人が相次いだ問題で、10日までに神奈川県警や警視庁、千葉県警に寄せられた相談は570件余り、横浜市や八王子市、つくば市など、各地の消費生活センターには合わせて493件の相談が寄せられ、相談件数は合わせてのべ1060件を超えています。

◇八王子市長「法律相談対応していく」
 今回の問題を受けて、着付け会場の1つがある東京・八王子市の石森孝志市長は、「多くの新成人の気持ちを深く傷つけことに強い怒りを感じている。晴れ着の販売などを行う会社の責任者は、一刻も早く謝罪ししっかり責任を果たしてもらいたい。被害に遭われた方に対し、法律相談をはじめ被害者の気持ちに寄り添って対応してしていく」とするコメントを発表しました。
| 事件・事故 | 18:47 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.sato501.com/trackback/1088453