<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< こどもホスピス設立へサミット | main | ヘリで救助した際の費用を徴収 5分で5000円 埼玉県 >>
ひとり親家庭の児童扶養手当 55万世帯で増額へ
 ひとり親家庭を対象にした「児童扶養手当」について、厚生労働省はことしの夏から支給制度を見直すことになり、合わせて55万世帯の手当が増額される見通しとなりました。

 一定の所得を下回るひとり親家庭が対象の「児童扶養手当」は所得に応じて支給額が決まっていて、子ども1人の世帯では最大で1か月当たりおよそ4万2000円が支給されています。

 満額を受け取れるのは、現在、年収130万円未満の家庭に限られていますが、厚生労働省はことし8月分から年収160万円未満まで対象を拡大することになりました。

 また、これ以外にも一部の世帯の支給額を増額することになり、現在手当を受けているおよそ100万世帯のうち55万世帯がより多くの手当を受け取れる見通しとなりました。

 さらに、現在は手当を4か月ごとにまとめて支給していますが、来年からは手当をこまめに受け取って家計を管理しやすくするため、2か月ごとの支給に変更する予定です。

 厚生労働省は、「ひとり親世帯の収入は、両親がいる世帯よりも低く苦しい状況が続いているので必要な支援を進めていきたい」としています。
| 福祉・医療と教育 | 21:53 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.sato501.com/trackback/1088437