<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 転落の男子生徒 直前まで長時間個別指導で神戸市教委が調査 | main | 労働組合の組織率 推定17.1% 6年連続で過去最低 >>
裁判官が女子高校生殺害事件をツイート 遺族が抗議
 2年前、東京の女子高校生が殺害された事件をめぐり、東京高等裁判所の裁判官が、自身のツイッターに「男に無残にも殺されてしまった17歳の女性」などと書き込み、遺族が「被害者の尊厳への配慮が全くない」として抗議する文書を裁判所に提出したことがわかりました。

 抗議されたのは、東京高等裁判所の岡口基一裁判官(51)のツイッターです。

 岡口裁判官は、2年前、東京・江戸川区で、高校3年生の女子高校生が殺害された事件で、今月1日に東京高裁の別の裁判官が被告の男に無期懲役を言い渡したあと、自身のツイッターに判決文が掲載されているホームページのアドレスを載せ、コメントを書き込みました。

 コメントは、「首を絞められて苦しむ女性の姿に性的興奮を覚える性癖を持った男 そんな男に、無残にも殺されてしまった17歳の女性」という内容でした。

 亡くなった岩瀬加奈さんの両親の正史さんと、裕見子さんがツイッターを通じて抗議し、書き込みは削除されたということですが、両親は、「被害者の尊厳への配慮が全くなく、ちゃかしていると感じる書き込みで、強い憤りを覚える」として、26日、東京高等裁判所に抗議し、処分を求める文書を提出しました。

◇遺族「遺族の気持ちが理解できないのか」
 亡くなった岩瀬加奈さんの母親の裕見子さんは、「本人がどのような思いでツイッターに投稿したのかはわかりませんが、私たち遺族にとっては、事件を軽視しているような文章で、ばかにされたように感じました。裁判官である前に、1人の人間として、大切な人を奪われ悲しんでいる遺族の気持ちを理解できないのだろうかという気持ちでいっぱいです」と話しています。

◇岡口裁判官とは
 岡口基一裁判官(51)は、平成6年に任官し、東京地方裁判所などを経て、現在は東京高等裁判所で民事裁判を担当しています。

 民事裁判に関する著書があり、ツイッターでは司法関連などのニュースをリツイートしたり、鍛えた体の写真を投稿したりしていて、中には白い下着姿の写真もあります。去年6月には、ツイッターに投稿した画像などをめぐって東京高裁から注意を受けていました。

◇東京高裁「文書の内容を精査 適切に対処」
 東京高等裁判所の吉崎佳弥事務局長は、「文書の内容を精査し、事実関係を確認したうえで適切に対処したい」とコメントしています。

 また、裁判所のホームページに判決文を掲載していたことについては、性犯罪などの判決は掲載しないという内部のルールに反していたことがわかったということで、「直ちに非公開の措置を講じ、ご遺族の代理人におわびした」としています。

◎裁判官ツイッター:不愉快な思い 遺族、処分求める
 (12月26日 毎日新聞)

 東京都江戸川区で2015年、高校3年の岩瀬加奈さん(当時17歳)が殺害された事件の遺族が26日、東京高裁の男性裁判官(51)が同事件の控訴審判決についてツイッターに載せた文面で不愉快な思いをしたとして、裁判官の厳重な処分を求める要望書を高裁に提出した。

 高裁は今月1日、強盗殺人罪などに問われた青木正裕被告(31)に対し、1審に続いて無期懲役を言い渡した。

 この裁判官は同事件を担当していなかったが、遺族らによると、裁判官は15日夕、自身のツイッターで「首を絞められて苦しむ女性の姿に性的興奮を覚える性癖を持った男 そんな男に、無惨(むざん)にも殺されてしまった17歳の女性」と掲載。控訴審の判決文を閲覧できるページへのリンク先も貼り付けていた。

 遺族は翌16日昼ごろ、裁判官のツイートに対し「法律にふれない行為かも知れませんが、非常に不愉快です」と送信。数分後に裁判官のツイートは削除されたが、説明や謝罪はなかったという。

 高裁は取材に、「要望内容を精査し、事実関係を確認した上で適切に対処したい」と回答した。その上で、リンク先は裁判所の公式サイトだと説明。性犯罪に関わる判決文は本来、載せないルールになっていたとして、高裁として遺族側の弁護士におわびしたという。

 岩瀬さんの母裕見子さん(49)は、「被害者の尊厳への配慮が全くなく、現役裁判官がしたことに憤りを感じる」と話した。
| 事件・事故 | 22:27 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.sato501.com/trackback/1088367