<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< スマホでわき見の追突死亡事故 禁錮3年の実刑判決 | main | 去年の地球“3年連続で史上最も暑い” 温暖化に警鐘 >>
厚生年金と国民年金の昨年度決算 2年ぶり黒字
 サラリーマンが加入する厚生年金と、自営業者などが加入する国民年金の昨年度・平成28年度の決算は、国内外の株高で積立金の運用が好調だったことなどから、いずれも2年ぶりに黒字となりました。

 厚生労働省によりますと、厚生年金の昨年度・平成28年度の決算は、時価ベースで、歳入が56兆1626億円、歳出は45兆6595億円で、歳入が歳出を10兆5031億円上回り、黒字となりました。

 また、国民年金の昨年度の決算は、時価ベースで、歳入が4兆6256億円、歳出は4兆3816億円で、歳入が歳出を2440億円上回り、こちらも黒字となりました。

 厚生年金と国民年金の決算が黒字になるのは、平成26年度以来、2年ぶりです。

 これは、公的年金の積立金を運用しているGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)の運用実績が、国内外の株高で、厚生年金で7兆4000億円余り、国民年金で4800億円余りの黒字となったことなどによるものです。

 一方、積立金の残高は、時価ベースで、厚生年金が前の年度より10兆5031億円増えて144兆4462億円、国民年金が1789億円増えて8兆9668億円となりました。
| 政策 | 14:01 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.sato501.com/trackback/1087704