<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 佐村河内氏、聴覚の診断書公開 | main | NHK世調調査、内閣支持率51% >>
大阪市長選告示、4人が立候補
 「大阪都構想」を巡って橋下前市長が辞職したことに伴う大阪市長選挙が9日に告示され、4人が立候補して今月23日の投票日に向けて選挙戦に入りました。

 大阪市長選挙に立候補したのは、届け出順に
▽地域政党・大阪維新の会の公認で日本維新の会が推薦する前市長の橋下徹氏(44)、
▽無所属の新人で元派遣社員の二野宮茂雄氏(37)、
▽諸派の新人で政治団体代表のマック赤坂氏(65)、
▽無所属の新人で元衆議院議員秘書の藤島利久氏(51)、
の4人です。

 届け出を済ませた各候補は有権者に支持を呼びかけました。

 橋下徹候補は、「再選されたら大阪都構想の設計図を作り、最後は住民投票まで持っていきたい。自民党や民主党や共産党、公明党までが手を組んで、設計図づくりをずるずる引き延ばしている。10年も20年もかけて議論するのではなく、もう1年か2年で勝負しなければいけない」と訴えました。

 二野宮茂雄候補は、「大阪都構想には反対している。みんながのびのびと楽しく生きられる社会にしていきたいという気持ちで頑張りたい」と訴えました。

 マック赤坂候補は、「大阪都構想がどうのこうのとか、そういったちっぽけな問題よりもスマイルあふれる大阪にしたい」と訴えました。

 藤島利久候補は、「大阪都構想は、すでに議会とのあつれきで頓挫している。政治をおもちゃにしてはいけない。都構想ではなく、防災都市構想が必要だ」と訴えました。

 今回の市長選挙は、橋下前市長が大阪府と大阪市を統合して再編する「大阪都構想」の実現に向けて具体的な道筋をつけるため、改めて市長選挙を行いたいとして先月辞職したことに伴って行われます。

 選挙戦では、「大阪都構想」や大阪市の行財政改革、それに防災対策などを巡って、候補者がそれぞれの主張を展開する見通しです。

 一方、大阪市議会に議席を持つ政党のうち、大阪維新の会以外の自民党、民主党、公明党、共産党は、「市長選挙を行っても市議会の構成など『都構想』を取り巻く状況は変化せず、今回の選挙には大義がない」などとして、候補者の擁立を見送りました。

 大阪市長選挙は今月23日に投票が行われ、即日開票されます。

 大阪府と大阪市を再編する維新の会の看板政策「大阪都構想」の設計図作りを進めることの是非を争点にする橋下氏に対して、自民、公明、民主、共産各党が反発して、「大義のない選挙」と橋下氏の独り相撲を強調するため、候補者擁立の見送りで足並みをそろえました。

 橋下氏は、出直し選の公約で「都構想の設計図を今夏までに示す」として、法定協の反都構想メンバーを交代させるとしております。

 橋下氏以外の候補が大きな支援組織を持たないという異例の選挙戦となりました。

 投開票日は23日ですが、投票率も注目されます。
大阪市選挙管理委員会によりますと、8日現在の選挙人名簿登録者数は214万2823人となっております。
| 政策 | 07:11 | comments(1) | trackbacks(0) |
藤島利久は寄付金詐欺師であって、債権者から裁判起こされて敗訴しても金を返さず、市民団体理事長の三井環からも寸借詐欺を留任市民団体を追放された人間なので、Blog主もご注意下さい
| 棚瀬孝雄 | 2014/03/11 8:36 PM |









http://blog.sato501.com/trackback/1083584