<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 麻生副総理兼財務相のナチス発言、政権に火種か | main | カネボウ美白化粧品の「白いまだら」被害 >>
第184臨時国会が開会
 自民・公明両党が参議院の「安定多数」を確保し、衆参のねじれが3年ぶりに解消された先の参議院選挙を受けて、第184臨時国会が2日、召集されました。

 参議院本会議は午前10時から開かれ、新しい参議院議長と副議長の選挙が行われました。

 その結果、参議院議長には、第1党の自民党から山崎正昭副議長が全会一致で選出されました。

 また、副議長の選挙は、投票者の数と投票用紙の枚数が合わなかったため、投票をやり直す異例の事態となりましたが、2回目の投票で、第2党の民主党の輿石東参議院議員会長が、投票総数238票のうち226票を獲得して副議長に選出されました。無効は1票、白票は11票でした。

 山崎新議長は、「重責に身の引き締まる思いだ。微力だが、公平・無私を旨とし、議院の正常かつ円満な運営を図り、参議院が2院制の下での使命と役割を確かに果たしていけるよう、全力を尽くす決意だ」とあいさつしました。

 輿石新副議長は、「重責を務めることになり光栄だ。微力だが、中立・公正を旨として山崎議長を補佐し、議院の円満な運営に努めると共に、参議院の使命達成のため全力を尽くす」と述べました。

 午後からの開会式では、衆参両院を代表して伊吹衆議院議長が「衆参両院の議員は、新たな民意のもとに構成された国会で、当面する内外の諸情勢に的確かつ迅速に対応するため、充実した審議を行い、国政の円滑な進展に万全を期さなければならない」と述べました。

 このあと、天皇陛下が、「参議院選挙による新たな議員を迎え、全国民を代表する皆さんと一堂に会することは、私の深く喜びとするところです。国会が、国権の最高機関として、当面する内外の諸問題に対処するにあたり、その使命を十分に果たし、国民の信託に応えることをせつに希望します」と、おことばを述べられました。

 臨時国会の会期は今月7日までの6日間の予定で、政府・与党は法案などの実質的な審議は行わない方針です。

 また、民主党など野党は2日午前の衆院議院運営委員会理事会で、麻生副総理が憲法改正を巡ってナチスを引き合いに出して発言、後に撤回したことについて、予算委員会で質疑を行うことを求めました。

 しかし、与党は、6日の広島平和記念式典などの日程があるとして、受け入れない見通しです。

 衆参両院の多数派が異なる「ねじれ国会」は2010年以来、3年ぶりに解消しました。

 また、参院本会議では、予算委員長に自民党の山崎力・元総務副大臣を充てるなどの常任委員長人事を決定しました。

 自民党の岩城光英議院運営委員長は留任し、議事運営の要となる議長と議運委員長は2010年以降、与野党が分け合う状態が続いておりましたが、与党が3年ぶりに両ポストを占めました。

 これによって、安倍政権は、与党主導の国会運営を目指す事になります。
| 政策 | 21:42 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.sato501.com/trackback/1083209