<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
元横綱・日馬富士 傷害の疑いで書類送検
 大相撲の元横綱・日馬富士が巡業中のことし10月、鳥取市内の飲食店で平幕の貴ノ岩に暴行したことについて、鳥取県警察本部は素手やカラオケのリモコンで殴ってけがをさせたとして、11日、日馬富士を傷害の疑いで書類送検しました。

 書類送検されたのは元横綱・日馬富士(33)です。

 警察によりますと、巡業中のことし10月、鳥取市内の飲食店で素手やカラオケのリモコンで貴ノ岩を殴り、頭に10日程度のけがをさせたとして、傷害の疑いが持たれています。

 これまで2度にわたって日馬富士に任意で事情聴取を行ったほか、横綱・白鵬などその場にいた全員から聞いた話などを詳しく調べた結果、警察は白鵬から説教を受けていた貴ノ岩の態度に腹を立てて暴行を加えた疑いのあることがわかったとしています。

 そのうえで、抵抗していない貴ノ岩に対して暴行が一方的に行われ、けがの程度が軽くないことや示談が行われていないことなどから起訴を求める意見を付けて、11日、書類送検しました。

 警察によりますと、日馬富士は暴行したことを認め、反省しているという趣旨の話をしているということです。

 この問題で日馬富士は責任をとって先月現役を引退しています。

 今後は検察庁が起訴するかどうかなど刑事処分について判断することになります。

◇日馬富士の代理人「心からおわび」
 元横綱・日馬富士の代理人の弁護士は、コメントを出しました。

 この中では、「検察官による捜査中であり事実関係の詳しいことは申し上げられませんが、傷害の事実は間違いなく、書類送検されたことを重く受け止めるとともに、横綱という立場にありながらこのようなことをし、現在のような事態になったことについて、改めて貴ノ岩関をはじめとする皆様に心からおわび申し上げます」としています。

 また、「改めて貴ノ岩関と貴乃花親方とお会いして謝罪するとともに慰謝の措置をどのように行うべきか話し合いをさせていただきたく、お願いの申し入れを行うこととしています」としています。

◇八角理事長「厳粛に受け止める」
 元横綱・日馬富士が平幕の貴ノ岩への傷害の疑いで書類送検されたことを受けて、日本相撲協会の八角理事長は、「大相撲最高位の横綱だった元日馬富士が厳重処分意見を付されて送検されたことを厳粛に受け止めます。検察に厳正な捜査・処分を行っていただけますよう全面的に協力するとともに、再発防止策の確立に全力で取り組みます」というコメントを出しました。

 そのうえで、11日午後取材に応じ、今後の相撲協会の調査について、「貴乃花親方には電話で連絡がつかないので協力を求めるためには部屋に行くしかない。貴ノ岩の体調については入院しているかもしれないし、協会として把握できていないので心配だ。貴ノ岩の体調も考えながら貴乃花親方に対して、危機管理委員会の調査に協力してもらえるようにねばり強く要請したい」と話しました。

◇相撲協会中間報告による暴行の経緯
 大相撲の元横綱・日馬富士の暴行問題については、日本相撲協会の危機管理委員会が先月30日に、中間報告で暴行の経緯を公表していました。

 それによりますと、ことし10月25日、貴ノ岩の出身校である鳥取城北高校の関係者が、秋巡業に参加していた高校出身の力士を激励するために食事会を開きました。

 暴行が起きたのはこの食事会のあとの2次会で、白鵬や日馬富士、鶴竜、照ノ富士、貴ノ岩などおよそ10人が同席していました。

 白鵬が貴ノ岩と照ノ富士の2人に高校の恩を忘れないようにと話をした際、貴ノ岩がスマートフォンを操作していたことに日馬富士が腹を立て、貴ノ岩に謝罪させようと平手で顔を殴りました。

 しかし、貴ノ岩がにらみ返したうえ、謝罪もしようとしなかったため、日馬富士は謝罪するように言いながら平手で複数回殴り、さらにカラオケのリモコンで頭を数回殴ってけがをさせたとしています。

 相撲協会は、先月2日に警察から連絡を受けたことでこの事案を把握しました。

 相撲協会は、貴ノ岩の師匠の貴乃花親方や日馬富士の師匠の伊勢ヶ濱親方に事情を聴いたものの詳細な説明はなく、貴ノ岩のけがの具合は軽いと判断していたこともあって、当初は公表せず、先月14日になって初めて事案を公表しました。

 相撲協会は、外部理事を委員長とする危機管理委員会で調査を始めましたが、被害者である貴ノ岩の聴き取りについては師匠の貴乃花親方が再三の協力要請に対し「警察の捜査を優先させたい」などとして断ったため、調査の中間報告は被害者側の証言がないままに行われることになりました。

 貴乃花親方は先月30日に行われた相撲協会の理事会で、「警察の捜査が終わったら協力する」と答えたことから、危機管理委員会では、警察による書類送検のあと速やかに貴ノ岩に対する聴き取りを行いたいとしています。

◇官房長官「相撲協会で事実関係解明を」
 菅官房長官は午前の記者会見で、「個別の事件に関することなので、政府としてのコメントは差し控えたい」と述べました。

 そのうえで、菅官房長官は、「いずれにしても、まずは相撲協会において、速やかに事実関係をきちんと解明するなど、しっかりと対応することが基本だ。そのうえで、文部科学省において適切に対応していくことになる」と述べました。

◇スポーツ庁長官「本当に残念」
 スポーツ庁の鈴木大地長官は、11日昼前、スポーツ庁で記者団に対し、「本当に残念だ。関係者がこの事実を重く受け止めて、再発防止に徹底して取り組んでほしい。もろもろの調査が相撲協会の危機管理委員会などで進んでいるようなので、そちらの成り行きを注視していきたい」と述べました。

◇冬巡業開催の北九州では
 11日、冬巡業の大相撲北九州場所が開催されている北九州市八幡東区の北九州市立総合体育館の前では相撲ファンから、「残念です」といった声が聞かれました。

 このうち、福岡県太宰府市の70代の男性は、「あれだけ頑張って苦労していたので残念です」と話していました。

 また、福岡市の60代の女性は、「起こしてしまったことがことだから、今の世の中ではしかたがないと思います」と話していました。

◇福岡では
 先月、九州場所が行われていた福岡市中央区の繁華街では、電光掲示板に書類送検のニュースが流れていました。

 福岡市の70代の男性は、「せっかく横綱にまでなったのに惜しいという気がしますが、後を継ぐ人に頑張ってほしい。暴力は絶対にいけないので反省してほしい」と話していました。

 また、福岡市の60代の女性は、「日馬富士は本当にすてきな横綱で、最近は相撲が面白くなっていたので今回のことは残念です」と話していました。

 さらに、福岡市の50代の男性は、「反省は必要だと思います。こういった事件で相撲離れが進まないようにしてほしい」と話していました。

◇国技館周辺 相撲ファンは
 東京・両国の国技館近くでは、元横綱の暴行について、残念だとする意見が多く聞かれました。

 相撲ファンだという75歳の男性は、「残念ですが暴行をしたことは事実なのでしかたがない。相撲のファンだが最近の相撲界は少しおかしいと思う」と話していました。

 30代の女性は、「暴力を振るったのは事実なのでしかたがないことかなと思います。暴力が繰り返されたのは残念なことですがまた、人気が回復するよう取り組んでほしい」と話しました。

 また、60代の男性は、「早く解決して、貴ノ岩関も元気に土俵に上がれるようにしてもらいたい」と話していました。

◇モンゴル市民は
 大相撲の元横綱・日馬富士が平幕の貴ノ岩にけがをさせたとして傷害の疑いで書類送検されたことについて、モンゴルの首都、ウランバートルの21歳の男性は、「日馬富士を起訴し処分してほしくないです」と話していました。

 別の20歳の男性は、「日馬富士は処分を受ける前にみずから引退を表明しました。日本は法律を厳しく守るのでさらに処分が下されるかもしれませんがなるべく処分してほしくないです」と話し、一方、貴ノ岩については、「スポーツ選手として精神面での気持ちの準備が大切だと思うので今回の件は今後の相撲に悪い影響を与えると思います」と話し、貴ノ岩の今後について心配していました。

 また、35歳の男性は、日馬富士が慈善事業に力を入れていることにふれたうえで、「日馬富士は尊敬している人の1人で、原因もなく暴行はしないと思います。当時の経緯や原因が重要で貴ノ岩の方も悪ければ彼も引退することになるでしょう」と話し、今後日本相撲協会の聞き取りで、問題があるということになれば貴ノ岩も何らかの処分を受けるべきだという厳しい声も聞かれました。
| 事件・事故 | 22:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
北朝鮮木造船 乗組員3人を窃盗の疑いで逮捕
 北海道南部の松前町沖で見つかった北朝鮮の木造船について、警察は、無人島の小屋に設置されていた発電機のエンジンを持ち出したとして9日朝、船長など乗組員3人を窃盗の疑いで逮捕しました。警察は3人を警察署に移し、詳しいいきさつを調べることにしています。

 逮捕されたのは、いずれも北朝鮮国籍で、木造船の船長のカン・ミョンハク容疑者(45)と、59歳と32歳の乗組員の男の合わせて3人です。

 先月28日、北海道松前町沖の無人島「松前小島」に北朝鮮の木造船が停泊し、10人いる乗組員の一部が島に上陸しているのが見つかり、警察などが調べたところ、小屋からテレビや小型バイクなどがなくなっていることがわかりました。

 一方、船内からは日本製のテレビなどが見つかり、乗組員の一部が「島から家電製品などを持ち出した」と話していたということです。

 その後の捜査で、船内からは北海道の出先機関が小屋に設置したものと同じ発電機のエンジンが見つかり、警察は、カン容疑者ら3人が小屋から持ち出したとして9日午前8時すぎ、窃盗の疑いで逮捕しました。

 木造船は9日朝、沖合から函館港まで海上保安部の巡視艇にえい航され、その後、3人は船から降ろされて警察車両で函館市内の警察署に移されました。

 警察は3人の認否を明らかにしていません。警察は、木造船の積み荷や動機などを調べることにしています。

 一方、警察によりますと、ほかの乗組員6人と、体調を崩して札幌市内の病院に入院している1人は、入国管理局に引き渡すということです。

◎【WEB編集委員のつぶやき】漂着船の正体は「朝鮮人民軍」 北の攻撃に備えが無いのがニッポンだ
 (12月9日 産経新聞)

 単なる胸騒ぎでは済まなかった。

 「朝鮮人民軍第854軍部隊」。北海道松前町の無人島に一時避難した木造船の正体だ。

 乗員が避難した漁業者用の避難小屋は入り口がこじ開けられ、テレビや冷蔵庫、炊飯器などが無くなっていた。北海道周辺の海を担当する第1管区海上保安本部と北海道警、地元漁協などは4日に被害状況を調査、船から日本製のテレビなどが見つかり、乗員は「島から持ってきた」との趣旨の話をしていることが判明した。

 1管は、島の高台にある灯台の電源用ソーラーパネル(縦119センチ、横197センチ)36枚のうち4枚が無くなり、港の防波堤付近で4日、配線が切られた状態で見つかったと明らかにした。灯台の付属施設も入り口の南京錠が壊され、何者かが侵入した痕跡があった。道警は窃盗容疑で事情を聴いているが、「遭難」が「事件」に様相を変えた。

 北朝鮮では、軍が農業や漁業などの生産活動にも従事しているとされるが、窃盗も厭わない。

 北朝鮮からとみられる木造船が日本海沿岸で漂流・漂着した件数が、11月は28件確認された。海上保安庁の集計による。11月に限ると過去4年で最多だ。

 海保によると、漂流や漂着の今年の総数は12月4日時点で64件。船内や周辺の海上では北朝鮮人とみられる18人の遺体が見つかり、42人の生存が確認された。船の漂流・漂着は25年80件▽26年65件▽27年45件▽28年66件と推移している。

 11月以降は波が高くなる季節にもかかわらず、簡素な船で無理な操業を強行する理由は「冬季漁業戦闘」と称する食糧確保があるという。

 慢性的な食糧不足に加え、国際社会の経済制裁が効果をあげ、いっそう逼迫している。朝鮮労働党機関紙、労働新聞(11月24日付)は「冬季漁獲戦闘」の成果を紹介、漁民らを激励する記事を掲載した。北朝鮮メディアは漁を「戦闘」、漁師を「戦士」などと呼んでいる。 

 漂着が大きく報道されたのは、11月23日。秋田県由利本荘(ゆりほんじょう)市の海岸に木造船が漂着、乗組員8人が漂着した。彼らは出漁中に遭難、朝鮮語で「北朝鮮から来た」と話した。8人は早期帰国を希望している。

 海保によると、北朝鮮からの漂着船に生存者が確認されたのは平成27年1月以来。

 この後、24日には秋田県男鹿(おが)市沖で漂流中の船を発見、船内から8遺体を発見▽27日には青森県深浦町と佐井村それぞれの海岸で船を発見▽29日、北海道松前沖で漂流中の船を発見、乗組員は10人▽12月2日新潟県佐渡市に転覆した船と2遺体を発見▽4日、秋田県にかほ市で1遺体と木片▽山形県鶴岡市の3遺体が発見された。

 山形にで発見された遺体は黒のセーターや防寒着などを着用し、2人の作業着の左胸には、故金日成主席の肖像画が描かれ金色に縁取られたバッジがついていた。

 彼らは単なる漁民なのか。

 高まる緊張の中、日本の失態が相次いだ。北朝鮮に寄港した制裁違反の貨物船が日本に出入し、漂着した木造船がなくなった。

 菅義偉官房長官は11月22日の会見で、北朝鮮に寄港した疑いのある香港船籍の貨物船が3日に千葉港に入港していたことについて、「国際社会と連携して北朝鮮に圧力を強化する中、このような事案があったことは断じて許すことはできない」と厳しい表情で応えた。

 さらに、11月23日夜に秋田の海岸に漂着した漁船は、船舶係留施設「本荘マリーナ」付近の防波堤につながれていたが、25日午前の段階で船がなくなっていた。県警などは天候の回復を待って船内の積載物を調べる予定だったが、漁船は失われ、「証拠」は消えた。

 こうした対応に地元の佐竹敬久秋田県知事も、「本当に漁船なのか。スパイ船なのか。8人だけなのか」、「しっかりと船を調べないと。移動できるときに移動して証拠の保全をすべきだった。住民に不安を与え、捜査の機会を逃した」と話したが、核心を突いている。

 懸念はこれだけにとどまらない。

 自民党の青山繁晴参院議員は11月30日の参院予算委員会で、「北朝鮮が兵器化した天然痘ウイルスを持っているというのは国連の専門官の間でも常識だ。もし上陸者に一人でも感染させられた人がいたら、ワクチンを投与しないと無限に広がっていく」と述べ、バイオテロにつながりかねないとの認識を示した。

 木造船はレーダーで見つかりにくく、武装難民やテロのための工作員の上陸に利用される危険性が指摘されている。警察や海保任せでは対応できないのはわかりきっている。

 「12月17日」とか「18日」とか、米が北朝鮮に軍事攻撃する「Xデー」をマスコミが書き連ねているが根拠の無い話には思えない。

 朝鮮半島有事の際、避難民が大挙してやってくる。工作員も混入していると考えられるが、憲法上の制約やら法の不備で、その備えがないのがニッポンなのだ。

(WEB編集チーム 黒沢通)
| 事件・事故 | 00:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
日本語学校急増 5年で200校以上新設 背景に人手不足か
 国際競争力を高めるためとして政府が外国人留学生を積極的に受け入れる計画を進める中、留学生の受け入れ先となる日本語学校も全国で急増しています。NHKが調べたところ、この5年間だけで200校以上の日本語学校が新設され、建設業や人材派遣業など異業種からの参入も相次いでいることがわかりました。

 専門家は、「人手不足に悩む日本社会が留学生を労働力として求めていることが日本語学校急増の背景にあるのではないか」と指摘しています。

 政府は2020年までに、外国人留学生を30万人にまで増やす計画で、在留資格の要件を緩和するなどして留学生を積極的に受け入れています。

 それに伴い留学生の受け入れ先となる日本語学校も全国で急増し、その数はことし過去最高の643校に上っています。

 NHKが全国の日本語学校について詳しく調べたところ、この5年間だけで全体の3割にあたる206校が新設され、ことしに入ってからも80校が相次いで設立されていたことがわかりました。

 さらに、5年間に新設された日本語学校のうち180校について聞き取り調査や登記簿などを調べ誰が経営しているのか詳しく分析したところ、学校法人が経営していたのは全体のおよそ4分の1以下にとどまった一方で、株式会社や有限会社が経営する学校が7割近くを占めていました。

 日本語学校を経営する会社を業種別に見ますとおよそ半数が教育関係の業者だった一方で不動産業、人材派遣業、介護福祉業、建設業、観光業、産業廃棄物処理業など異業種からの参入も相次いでいることがわかりました。

 介護事業などを行う会社が新設した日本語学校の校長は、「人手不足で自分の会社でアルバイトをしてもらう留学生を集めるために日本語学校を設立した。地域の若者が少なくなっているので、留学生には将来の労働力としても期待している」と話しています。

 また、建設業者が新設した学校の担当者は、「日本語学校というビジネスに魅力を感じて開校した。本業とは別の収益源になっており今後さらに新たな学校を作ることも検討している」と話しています。

 外国人留学生の問題に詳しい神戸大学の斉藤善久准教授は、「人手不足に悩む日本社会が留学生を労働力として求めていることが日本語学校急増の背景にあるのではないか。労働現場にいる留学生は実情が見えづらくなっていて政策として留学生を受け入れる以上、国は状況の把握に努めるべきだ」と指摘しています。

◇日本企業で働く留学生 去年は21万人
 政府は世界の優秀な人材を受け入れて国際競争力を高めるためとして、2020年までに外国人留学生を30万人にまで増やす計画で、留学生を積極的に受け入れています。

 留学生は資格外活動として1週間に28時間以内であればアルバイトとして働くことが可能になっているため、日本の企業で働く留学生は年々増加し、去年はおよそ21万人と外国人労働者全体の5分の1を占めています。

 中でも、働くベトナム人の留学生は急激に増えていて、この5年間で28倍のおよそ7万4500人に上っています。国別では中国を抜いて最も多くなっていて、今や人手不足の現場で欠かせない存在になっています。

◇違法な長時間労働で経営者摘発も
 外国人留学生に違法な長時間労働をさせていたとして、日本語学校の経営者が摘発される事件も相次いでいます。

 去年11月、栃木県足利市にある日本語学校の理事長がベトナム人留学生に週28時間を超える違法な長時間労働をさせたとして、警察に逮捕され有罪判決を受けました。

 裁判では、理事長が別に経営していた人材派遣会社を通じて留学生にアルバイトをあっせんし、派遣先からの給料の4割ほどを手数料として受け取っていたことが明らかになりました。

 また、不正が発覚しないようにするため留学生の労働時間や給与を管理する帳簿も偽装し、労働時間を実際より少なく記載していたということです。

 また、去年1月には福岡県直方市の日本語学校の会長らが、ベトナム人留学生らに複数のアルバイト先を紹介し違法な長時間労働をさせていたとして逮捕され、有罪判決を受けました。

 会長らは、留学生のアルバイト先を一覧表にして管理し、アルバイト先を複数に分散させることで、1か所では週28時間を超えないようにしていたということです。

◇学費や労働力目当てのビジネスに
 日本語学校で働くベトナム人の職員の男性がNHKの取材に応じ、「出稼ぎ目的の留学生を受け入れている日本語学校が増え、学費や労働力目当てのビジネスになっている」と証言しました。

 男性によりますと、日本語学校に通うベトナム人留学生の多くは、借金するなどして現地の留学あっせん業者に授業料や手数料などとして100万円を超える現金を支払っていて、複数のアルバイトを掛け持ちしているケースが多いということです。

 週28時間の制限を超えて夜間にアルバイトをする留学生もいて、授業中に居眠りする学生も目立つということです。

 職員の男性は、「ベトナムでは、日本語学校に留学すれば来日するためのビザをいちばん簡単に取得できると考えられている。出稼ぎ目的の留学生をたくさん集めれば学費を稼ぐことができ、ビジネスになる。いちばん大切なのは学費を多く集めることだ」と話しています。

 留学生として来日するためには学費の支払い能力などを証明する書類を提出し、入国管理局の審査を受ける必要がありますが、職員の男性は、「書類のほとんどはねつ造で、ベトナムではお金を払えばどんな書類も偽造できる。ベトナムでは農業をしている人が多いが、年収200万や300万円など、稼ぐのが難しい数字が書かれている書類もよく見かける。自分が働いている日本語学校も書類が偽造されていることに気付いているが、学生がほしいので見て見ないふりをしている」と話しています。
| 事件・事故 | 22:21 | comments(0) | trackbacks(0) |
無人島の建物から家電製品なくなる 北朝鮮木造船との関連捜査
 北朝鮮から来たと見られる木造船が一時立ち寄った北海道松前町の沖にある無人島の建物から、テレビや冷蔵庫などの家電製品がなくなっていることが関係者への取材でわかりました。

 木造船からはテレビなどが見つかったほか、乗組員が家電製品を海に投棄しているのが確認されていて、警察などが詳しいいきさつを調べることにしています。

 木造船は先月29日、北海道南部の松前町の沖の海上で見つかりました。

 第1管区海上保安本部によりますと、乗組員は北朝鮮の本人確認証などを持つ男性10人で、1か月ほど前にかじが壊れて漂流したということで、松前町の沖の無人島、松前小島に上陸したことが確認されています。

 さらに、巡視船が発見した際、乗組員が家電製品などを海に投棄し、巡視船がその一部を回収したほか、立ち入り検査では船内からテレビなどが見つかっていて、警察と海上保安本部は3日、松前小島に捜査員などを派遣して調べました。

 その結果、地元の漁協が所有する建物からテレビや冷蔵庫、洗濯機などの家電製品のほか、バイクなどがなくなっていることが関係者への取材でわかりました。

 警察と海上保安本部は、木造船で見つかるなどした家電製品などが島の建物にあった可能性もあると見て詳しいいきさつを調べることにしています。
| 事件・事故 | 12:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
日本相撲協会が会見 危機管理委の中間報告を公表
 元横綱・日馬富士の暴行問題で、日本相撲協会は理事会のあと会見を開き、危機管理委員会が行った調査の中間報告の内容を公表したうえで、来月20日に開く臨時の横綱審議委員会と理事会で調査の最終報告が行われることを明らかにしました。

 日馬富士は、巡業中の先月25日の夜、鳥取市内の飲食店で平幕の貴ノ岩を殴ったことを認め、警察が傷害の疑いで調べているほか、日本相撲協会の危機管理委員会でも事実関係の調査を進めています。

 日馬富士は29日、調査が終わるのを待たずに、問題の責任を取って現役を引退しました。

 日本相撲協会は30日午後、東京・両国の国技館で定例の理事会を開き、危機管理委員会から調査の中間報告を受けました。

 このあと、相撲協会の八角理事長や危機管理委員会の高野利雄委員長らが会見に臨み、これまでに判明した暴行の経緯や具体的な内容などを公表しました。

 この中で、同席していた横綱・白鵬が貴ノ岩に説教をしていたときに貴ノ岩がスマートフォンを操作したことなどに日馬富士が腹を立てたことや、貴ノ岩の顔面を平手で10数回殴ったことや、カラオケのリモコンで頭を数回殴り、貴ノ岩が頭部に医療用のホッチキスで縫うけがをしたことなどを明らかにしました。

 また、再三にわたる協力要請に対し、警察の捜査中であることなどを理由に断ってきた貴乃花親方に改めて協力を依頼し、貴乃花親方が「警察の捜査が終わったら協力する」と答えたことも明らかにしました。

 そのうえで、相撲協会は、巡業部長の貴乃花親方について、今回の問題への対応があるなどとして、来月3日からの冬巡業は春日野親方が巡業部長の代理を務めると発表しました。

 相撲協会は、危機管理委員会の調査の最終報告を聞くため、来月20日に臨時の横綱審議委員会と理事会を開くことを決め、理事会で関係者の処分などを検討することにしています。

◇暴行の経緯「リモコンで頭を数回殴った」
 日本相撲協会の危機管理委員会が中間報告で公表した経緯です。

 10月25日、貴ノ岩の出身校である鳥取城北高校の関係者が、秋巡業に参加していた高校出身の力士を激励するために食事会を開きました。

 食事会には、貴ノ岩のほか、白鵬、日馬富士、鶴竜、照ノ富士、それに日本出身力士の石浦や高校の関係者も参加していて、モンゴル出身力士だけの集まりではありませんでした。

 食事会の終わり頃、9月に都内の飲食店で貴ノ岩が乱暴な言動をしたことについて白鵬が説教をしましたが、この場では日馬富士が貴ノ岩をかばい、収まりました。

 貴ノ岩は両親を亡くし、日馬富士も父親を亡くしていて、日馬富士は境遇が似ている貴ノ岩を日頃からかわいがり、相談に乗ったり食事に誘ったりしていたということです。

 このあとの2次会には食事会の参加者のほとんどが出席し、暴行が起きた個室には、白鵬や日馬富士、鶴竜、照ノ富士、貴ノ岩などおよそ10人が入りました。

 この場で、白鵬がともに鳥取城北高校の出身である貴ノ岩と照ノ富士の2人に高校の恩を忘れないようにと話をした際、貴ノ岩がスマートフォンを操作していました。

 日馬富士は、白鵬が説教をしているさなかにスマートフォンをいじっていたことに腹を立て、貴ノ岩に謝罪させようと平手で顔を殴りました。

 しかし、貴ノ岩がにらみ返したうえ謝罪もしようとしなかったため、日馬富士は謝罪するように言いながら平手で複数回殴り、さらにカラオケのリモコンで頭を数回殴りました。

 日馬富士は、この間、シャンパンのボトルをつかんで振り上げましたが、手から滑り落ちました。

 中間報告では、日馬富士はボトルでは殴っておらず、馬乗りになったことや、ほかのものも投げていないとしていて、白鵬が止めに入り、日馬富士の暴行は止まりました。

 また、日馬富士は日本酒を飲んでいましたが、泥酔している状態ではなく、当日の状況は記憶しているとしています。

 危機管理委員会では、貴ノ岩からの聞き取りはできていないものの、日馬富士をはじめ白鵬や鶴竜など多数の関係者から聞き取りを行い、中間報告ながら相当程度、解明が進んだとしています。

◎日本相撲協会 白鵬に厳重注意
 大相撲の横綱・白鵬が、九州場所千秋楽の優勝インタビューで、暴行問題の責任を取って29日に引退した日馬富士や暴行を受けた貴ノ岩を再び土俵に上げたいと発言したことなどについて、日本相撲協会は、横綱の品格を損なう言動だとして、30日の理事会に白鵬を呼んで八角理事長が口頭で厳重注意しました。

 白鵬は、今月26日の九州場所千秋楽での優勝力士のインタビューの中で、日馬富士の暴行問題について謝罪したあと、「うみを出し切って日馬富士関と貴ノ岩関を再びこの土俵に上げてあげたいと思います」と述べたほか、最後に観客に万歳三唱を促しました。

 また、今月22日の九州場所11日目の取組直後には立ち合いが成立していなかったと主張するふるまいを見せて、土俵になかなか戻りませんでした。

 相撲協会では、こうした白鵬の言動について、横綱の品格に関わる言動だとして、30日の理事会に白鵬と師匠の宮城野親方を呼んで、八角理事長が口頭で厳重注意しました。

 白鵬と宮城野親方からは、謝罪があったということです。
| 事件・事故 | 20:47 | comments(0) | trackbacks(0) |
日馬富士が引退会見(内容詳細)
 大相撲の平幕 貴ノ岩に暴行した責任を取って、29日、引退した横綱 日馬富士の記者会見が、師匠の伊勢ヶ濱親方も同席して午後2時すぎから福岡県太宰府市で始まりました。

◇師匠の伊勢ヶ濱親方「心からおわび」
 会見の冒頭、師匠の伊勢ヶ濱親方は、「横綱 日馬富士の引退届を提出しました。私は日馬富士を16歳という少年のころから見てきていますが、稽古、稽古で精進したのみならず、色んな勉強もし、難病救済など社会貢献も行う珍しいタイプのお相撲さんだと思っていました。酒癖が悪いとか乱暴とか、私自身は見たことも聞いたこともない中で、なぜこのようなことになってしまったのか、ただただ不思議で残念でなりません。本人がいちばん悪いんです。他人様のせいにするわけにはいきません。本当に申し訳ありませんでしたと言うしかありません。ただただ支えて頂いたファン、相撲協会の皆さんに心からおわびします」と涙ながらに話しました。

◇日馬富士「やってはいけないことやってしまった」
 日馬富士は冒頭、「このたび、貴ノ岩関にけがを負わせたことに対し、おわびをさせていただきます。相撲ファン、相撲協会、後援会の皆様、伊勢ヶ濱親方に大変迷惑をかけたことを心から深くおわび申し上げます」と話したうえで、およそ20秒にわたって深々と頭を下げました。

 日馬富士は引退の理由について、「親方と話して、横綱としてやってはいけないことを自分がやってしまった」と話しました。そのうえで届け出が29日になったことについて、「場所中だったので、頑張っている力士たちに頑張ってほしいということから本日になりました」と話しました。

◇伊勢ヶ濱親方「横綱の名を汚すことはあってはいけない」
 師匠の伊勢ヶ濱親方は、今回の問題について、「やった事実はあるわけなので、横綱として責任は取らなければいけないという話をした。横綱という名前を汚すことはあってはいけないことで、その意味では私の指導不足もあるが、本人が社会貢献なりなんなり、頑張っていけばいいのではないか」と話しました。

◇日馬富士「相撲を愛している」
 日馬富士は、暴力に至った理由について、「先輩の横綱として、礼儀と礼節がなっていない時にそれを教えるのが義務だと思っている。叱ったことが、彼を傷つけ、世間を騒がし、相撲ファン、協会、後援会の皆さんに大変迷惑をかけてしまうことになってしまいました」と話しました。

 日馬富士は、「人様に迷惑をかけず人として生きる。相撲を通じて縁があった方々、私を支えてくれたファンのおかげで70代横綱になることができました。相撲を愛しています。ファンの皆様に心からおわびを申し上げて心から感謝、感謝、感謝を申し上げたい」と話していました。

 日馬富士は、大相撲への思いについて、「私は相撲が大好きです。強いだけではなく、人として、相撲を通じて社会に何ができるか考えることを親方やおかみさんから学んだ。相撲を通じて世の中に希望を与えられるよう自分ができることをやってきた。私の相撲はただ戦って強いだけでなく、希望を与える相撲なのかなと思います」と話しました。

 これまでの思い出を聞かれると、「お客さんに楽しんでいただける喜んでいただける相撲だけを考えて横綱としての責任を果たしました」と話しました。

 そのうえで、「たくさんあります。相撲で戦っていた仲間たちに申し訳ないと伝えたい。思い出に残っているのは初土俵で序の口で優勝したこと。初心を忘れてはいけないと思ってやっていた」と話していました。

◇伊勢ヶ濱親方「稽古で弱音吐かなかった」
 伊勢ヶ濱親方は、日馬富士とのこれまでの稽古について振り返り、「とにかく稽古、稽古で、弱音を吐かずにずっと頑張り続けてきょうまでやってきた。その相撲は、皆さんに喜んでもらえたんじゃないかなと思います」と話しました。

◇日馬富士「相撲の名を傷つけないよう恩返ししたい」
 日馬富士は、会見で涙ながらに話す伊勢ヶ濱親方の姿について、「僕は父を15歳のときに亡くした。親方は僕のお父さんであり師匠であり、僕の憧れでもあった。いつも親方と女将さんに恩返ししたい。女将さんに喜んで頂きたい。親方に評価して頂きたい。いい息子でいたいという気持ちが強かった。最後に世間を騒がせたこと、本当に申し訳ない。これからも相撲の名を傷をつけないよう恩返ししたい」と話しました。

 また、「貴ノ岩関にけがを負わせて、心も傷つけたと思います」としたうえで、今後について、「礼儀と礼節を忘れずちゃんとした生き方をして頑張っていきたい」と話しました。

 九州場所の2日目まで土俵に上がったことについて、「相撲に集中して頑張っていた。暴行のことが新聞に出ることもわからなかったし、親睦会のあと貴ノ岩が謝りに来て、『お兄さんがいることに感謝しろよ。気をつけて頑張れよ』と話し、握手をして別れた。ことが大きくなると思いませんでした」と話しました。

◇伊勢ヶ濱親方「横綱に原因があった」
 伊勢ヶ濱親方は、ほかに解決方法があったかという質問に対し、「それは皆さんがどのように思うかでしょう。よその部屋の関取に指導してそれが行き過ぎてしまう。行き過ぎたのは横綱に原因があったので、その責任は絶対に取らなければいけないと思っています」と述べました。

◇日馬富士「今まで酒を飲んで問題起こしたことはない」
 日馬富士は、「今回のことで『彼のためになる、正しいことをしている』という気持ちが強い、いきすぎたところがあったなと思いました。今まで酒を飲んで問題を起こしたことはありません。人を傷つけたり、暴れたりしたことや、酒癖が悪いと言われたことは一度もないです」と話していました。

 そして、これまでも指導で暴力をふるったことがあったかという質問に対して、「こういう指導はしたことはありません。見たこともありません。やってはいけないことをしてしまったので、横綱らしく責任を持つ」と話しました。

◇伊勢ヶ濱親方「暴力に至った経緯は答えられない」
 伊勢ヶ濱親方は日馬富士に、暴力に至った経緯の詳細を聞く質問が出ると、「捜査中のことなので答えられない」と代わりに答えました。

◇日馬富士 最後に「どうもすみませんでした」
 日馬富士は会見の最後に、「どうもすみませんでした」と一礼して、会見場をあとにしました。
| 事件・事故 | 21:08 | comments(0) | trackbacks(0) |
日馬富士が引退 師匠が届け出
 大相撲の横綱 日馬富士が平幕の貴ノ岩に暴行した問題の責任をとって29日、日本相撲協会に引退を届け出て現役を引退しました。

 横綱・日馬富士は巡業中の先月25日、鳥取市内の飲食店で貴ノ岩を殴ってけがをさせたとして鳥取県警察本部が傷害の疑いで調べています。

 日本相撲協会は、警察と連携しながら危機管理委員会で事実関係の調査を進めていて、結果がまとまり次第処分を決める方針ですが、日馬富士は処分を待たずに、問題の責任を取ってみずから引退の道を選びました。

 日馬富士の師匠の伊勢ヶ濱親方は、午前9時前に来年初場所の番付編成会議が行われる福岡市の福岡国際センターに入り、この会議のなかで伊勢ヶ濱親方が日馬富士の引退を届け出ました。会議を終えた伊勢ヶ濱親方は無言で会場をあとにしました。

 日馬富士は午後2時から伊勢ヶ濱親方とともに記者会見を開く予定で、引退を決断した理由などについてみずから話をすることになっています。

◇東京 新橋駅で新聞の号外
 日馬富士が日本相撲協会に引退を届け出たことを受けて、東京 新橋の駅前では午前11時すぎから新聞の号外が配られました。

 号外を受け取った埼玉県春日部市の72歳の女性は、「横綱は横綱らしくけじめをつけたのだと思う。残された力士には力を、暴力ではなく正しい相撲につかってもらいたい」と話していました。

 茨城県常総市の71歳の男性は、「引退はしかたないという思いの一方で、頑張っていたのに残念という気持ちもあります」と話していました。

 また、千葉県木更津市の34歳の女性は、「暴力は何があってもいけないと思います。引退によって問題をうやむやにせず、きちんと調査してもらいたい。角界全体が盛り上がっていたなかで残念です」と話していました。

◇東京 江東区の伊勢ヶ濱部屋の地元では
 日馬富士が所属する東京 江東区の伊勢ヶ濱部屋の地元では、引退について「残念だ」といった声と「当然だ」という声の両方が聞かれました。

 このうち、花屋を営む74歳の女性は、「日馬富士のことは本人が日本語もよくわからない10代のころから知っているのでずっと応援してきました。会うたびに『お母さん、お母さん』と声をかけてくれて、バラなどの花をよく買いに来てくれました。ずっと頑張って相撲をしてきたので、引退は本当に残念です」と話していました。

 一方、クリーニング店を営む82歳の女性は、「横綱という立場で人の上に立って見本になる行動をしないといけないのに、人に暴力をふるうことはあってはならないことで引退は当然だと思います」と話していました。

 また、65歳の男性は、「引退と聞いて驚きました。残念ですが、暴力をふるったことを認めているのでしかたがないとも思います。いまだに何があったのか明らかになっていないので、本人の口から事実を語ってほしいと思います」と話していました。

◇福岡でも「残念」「しっかりとした説明を」
 九州場所が行われていた福岡市では、残念だという声や、しっかりとした説明を求める声が聞かれました。

 このうち、58歳の男性は、「横綱には心技体すべてが求められるので暴力は絶対に許されず引退はしかたがない。過去にも『しごき』の暴力が問題になっているし、今回のことをきっかけに相撲界がよくなって行ってほしい」と話していました。

 また、42歳の女性は、「互いの部屋や協会内でしっかり話をしていれば、もっと違う解決方法があったと思います。慈善事業にも熱心で頑張って強くなった立派な横綱だったので、引退せざるをえないのはとても残念です」と話していました。

 20代の男性は、「妹が家に手形を飾っているくらい日馬富士のファンなので私もとても悲しいです。責任は取らないといけないと思いますが、何が本当のことなのか、いろいろな話が出ているので、まずはしっかり説明してほしい」と話していました。

◇首相「極めて遺憾」
 安倍総理大臣は、参議院予算委員会で、「相撲は国民の関心が極めて高いスポーツであり、このたびの相撲界での暴力問題は日本相撲協会において事実確認中だが、極めて遺憾だ。日本相撲協会は、まず迅速に事実関係を解明することが大事で、その結果を踏まえて文部科学省で適切に対応する」と述べました。

◇鈴木スポーツ庁長官「無念だと思う」
 スポーツ庁の鈴木大地長官は29日午後、成田空港で報道陣に対し、「アスリートは体力や気力の限界で引退する人が多いが、今回のような件で引退するのはアスリートとしては無念だと思う」と述べました。

 そのうえで「日本相撲協会には原因の究明と暴力の根絶を進め、コンプライアンスとガバナンスを徹底して再発防止に努めてほしい」と話していました。

◇九州後援会 会長「決断を尊重 とても悲しい」
 太宰府天満宮の宮司で伊勢ヶ濱部屋九州後援会会長を務める西高辻信良さんは、「伊勢ヶ濱親方、横綱 日馬富士関の決断なので尊重を致します。きゃしゃな体で入門し、決死の覚悟で稽古に励み精進してきた姿を間近で見てきただけに、今回の問題での引退を受け、とても悲しくてなりません。今後とも日馬富士関を応援し、引き続き伊勢ヶ濱部屋をご支援申し上げます」とコメントしています。

◇モンゴル市民から引退惜しむ声
 日馬富士の母国モンゴルの市民からは、引退を惜しむ声や驚きの声が上がっています。

 このうち、ウランバートルに住む60代の男性は、日馬富士の現役引退について、「突然の発表で驚いた」としたうえで「モンゴル人にとって残念なことです」と述べ、引退を惜しんでいました。

 また、30代の男性は、「辞めてしまうのは残念です。日馬富士はモンゴルを代表する力士の1人なので、現役を続けてほしかったです」と話していました。

 モンゴル出身の力士として初めて幕内力士となった元小結の旭鷲山は、モンゴルの首都ウランバートルで報道陣の取材に応じ、日馬富士が現役を引退したことについて「自分から決めて男らしくすばらしいことだ」と述べました。

 そのうえで、日馬富士が力士の中では小さな体でも努力を積み重ねて歴史に残る横綱になったとして、「あと5回は優勝できる力があっただけに残念だ」と述べ、引退を惜しんでいました。

◇ネット上にもさまざまな反応
 日馬富士が暴行問題の責任をとって現役を引退したことについて、ネット上では、さまざまな反応が見られました。

 「残念だ」という意見が多く見られ、「こんな形で引退するのはほんとに残念だ」、「もうあの相撲見られないのか。何度も感動をもらった。引退なんて悲しすぎる。せめて体力の限界って言ってほしい」といった横綱の突然の引退を悲しむ声が相次いだほか、脳科学者の茂木健一郎さんも、「あのキビキビとした、敏しょうな体の動きが大好きでした。本当に残念ですが、横綱の相撲、ずっと忘れません」とツイートしました。

 一方で、「横綱という地位は番付が下がらない代わりに、いわゆる心技体が求められる立場だから、あれだけの暴力事件を起こしてしまったら、やり直す機会が与えられず一発アウトなのは残念だけど当然」、「引退は当然だとは思いますが、時期尚早です。すべてが明るみになってからでよかったんじゃないか」と引退は当然だとする意見も相次ぎました。

 このほかにも、相撲界の今後を心配する声など日馬富士の引退を受けてさまざまな声が上がっていました。
| 事件・事故 | 15:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
日馬富士 引退の意向固める

 大相撲の横綱 日馬富士が平幕の貴ノ岩に暴行した問題の責任を取って現役を引退する意向を固めたことがわかりました。日馬富士は29日、日本相撲協会に引退を届け出たあと、記者会見を開くことにしています。

 横綱 日馬富士は巡業中の先月25日、鳥取市内の飲食店で貴ノ岩を殴ってけがをさせたとして、鳥取県警察本部が傷害の疑いで調べています。

 日本相撲協会は、警察と連携しながら危機管理委員会で事実関係の調査を進めていて、結果がまとまり次第、日馬富士の処分を決める方針でしたが、関係者によりますと、日馬富士は処分を待たずに、問題の責任を取って現役を引退する意向を固めたということです。

 日馬富士は29日、日本相撲協会に引退を届け出たあと記者会見を開くことにしています。

 日馬富士は、これまでの危機管理委員会の調査や警察の捜査に対して、貴ノ岩の態度に腹を立て素手やカラオケのリモコンで殴ったことを認め、九州場所3日目の今月14日には「貴ノ岩のケガについては、貴乃花親方、貴乃花部屋後援会の関係者、相撲協会などに大変迷惑をかけたことを深くおわび申し上げます」と述べ、謝罪していました。

 九州場所後に開かれた横綱審議委員会では、調査が継続していることを理由に委員会としての判断は示されませんでしたが、日馬富士に対し、「厳しい処分が必要」という意見が多くをしめていました。

◇なぜこの時期に引退
 日馬富士が日本相撲協会の処分を待たずに、みずから引退を決断したのは、品格を問われる最高位の横綱としての責任のとり方を優先したためと見られます。

 日馬富士は、鳥取県警察本部の事情聴取や相撲協会の危機管理委員会の聞き取りに対し、一貫して暴行した事実を認めてきました。

 27日開かれた横綱審議委員会では日馬富士に対して、「厳しい処分が必要」という意見が大半を占めました。今後、相撲協会の調査がまとまり、横綱審議委員会に報告が行われると「注意」や「引退勧告」が出る可能性があります。

 横綱審議委員会が「引退勧告」を出したのは、67年の歴史の中で平成22年に酒に酔って知人の男性に暴行した朝青龍の1例しかなく、日馬富士はそうした判断が出る前にみずから身を引いた形です。

 さらに、次の場所の番付を決める番付編成会議が29日、開かれることも決断のきっかけになったと見られます。番付編成会議は千秋楽の3日後の水曜日に開かれることになっていて、この会議のあとに引退を届け出た場合は、次の場所の番付にしこ名が残ってしまいます。

 このため、今場所限りで引退する力士はこの会議に引退届を出すのが慣例で、師匠の伊勢ヶ濱親方は29日の番付編成会議で正式に相撲協会に日馬富士の引退を届け出る見通しです。

◇問題の経緯
 横綱 日馬富士は、先月25日の夜、巡業先の鳥取市で平幕の貴ノ岩に暴行したことを認めています。

 貴ノ岩の師匠の貴乃花親方が先月29日に鳥取県警察本部に被害届を提出し、警察は傷害の疑いで捜査を始めました。このとき、貴乃花親方から相撲協会への報告は行われず、相撲協会は今月2日に警察から連絡を受けたことでこの事案を把握しました。

 相撲協会は、貴乃花親方や日馬富士の師匠の伊勢ヶ濱親方に事情を聞いたものの詳細な説明はなく、貴ノ岩のけがの具合は軽いと判断していたこともあって、当初は公表しませんでした。

 しかし、その後、貴ノ岩が九州場所を休場し、2日目の今月13日に提出された診断書に「頭蓋底骨折、髄液漏れの疑い」と書かれていたことなどから、問題の発生から3週間近くたった今月14日に初めて事案を公表しました。

 日馬富士は、貴ノ岩のけがについて謝罪したうえで、けがを理由に九州場所を休場しました。

 相撲協会の調査は、外部理事や弁護士などで作る危機管理委員会が行い、日馬富士をはじめ、暴行現場に同席していた鶴竜や照ノ富士など力士や相撲関係者からの聞き取りを進めています。

 一方で、被害者である貴ノ岩については、貴乃花親方が「警察の捜査を優先させたい」、「本人の体調が悪い」などとして相撲協会の調査を断っているため、聞き取りは行われていません。

 こうした中、27日、開かれた横綱審議委員会では、協会の調査が続いていることから「引退勧告」や「注意」など委員会としての判断は示されませんでしたが、日馬富士に対し、「厳しい処分が必要」という意見が多くを占めていました。

◇日馬富士とは
 日馬富士はモンゴル出身の33歳、平成13年初場所に安馬のしこ名で初土俵を踏みました。

 軽量ながらスピードのある立ち合いと気迫あふれる取り口で番付を上げ、平成16年春場所で十両に昇進、その年の九州場所で新入幕を果たしました。

 同じ頃に入門した白鵬や稀勢の里などとともに番付を上げ、平成20年の九州場所後に大関に昇進、それに合わせて、しこ名を日馬富士に改めました。

 日馬富士というしこ名は安馬の時代から支えてきた神奈川県の神社の神職がつけたもので、相撲界に太陽のように日を照らす力士であってほしいという意味が込められています。

 日馬富士はその年の夏場所に初優勝を果たすと、平成24年には名古屋場所から2場所連続で全勝優勝し70代横綱に昇進しました。横綱に昇進したあとは、ひじのケガなどに苦しみながらも優勝を重ねました。

 ことしの秋場所は4横綱の中でただ1人休場せず、9回目の優勝を果たして横綱の責任を果たし、横綱審議委員会から「きつい思いをしながらも頑張りとおした気力には敬意を表さなければいけない」と評価されていました。

◇過去にもトラブルで引退
 大相撲では、過去にも暴力行為などのトラブルをきっかけに、現役の横綱が引退する事態が起きています。

 平成22年には68代横綱の朝青龍が、初場所中に都内の繁華街で酒に酔って知人の男性に暴行しけがをさせた問題が発覚しました。朝青龍は責任をとって引退し、そのあとに横綱審議委員会から初めて横綱に「引退勧告」が出されました。朝青龍はその後、傷害の疑いで書類送検されました。

 また、昭和62年には60代横綱の双羽黒が師匠とトラブルになり、部屋を飛び出して居所がつかめなくなる事態になり、横綱在位わずか8場所、優勝を経験することなく廃業という形で角界を去っています。
| 事件・事故 | 08:44 | comments(0) | trackbacks(0) |
日馬富士暴行問題 鳥取県警が白鵬に聴取
 大相撲の横綱 日馬富士が鳥取市内の飲食店で、平幕の貴ノ岩に暴行した問題で、鳥取県警察本部は一緒にいた横綱 白鵬から28日、福岡市内のホテルで話を聞きました。

 その場にいた力士など全員への聞き取りは28日で終わる見通しで、警察は今後、日馬富士から再び任意で事情を聴く必要があるか判断することにしています。

 大相撲の横綱 日馬富士は巡業中の先月25日に鳥取市内の飲食店で、貴ノ岩を素手のほかカラオケのリモコンで殴ったことを認め、鳥取県警察本部が傷害の疑いで調べています。

 九州場所が終わったことを受けて、28日、警察は、一緒にいた横綱 白鵬から福岡市内のホテルで話を聞きました。聞き取りを終えた白鵬は午後4時半ごろ、ホテルを出ました。その際、白鵬は集まった報道陣に対し「自分の知ったことをすべて話した。あとは相撲協会と警察に任せたい」と述べました。

 これまでの調べで当時、店には、2人のほか白鵬や鶴竜などモンゴル出身力士らが一緒にいて、捜査関係者によりますと、その場にいた人の話などから日馬富士が暴行したのは白鵬が貴ノ岩に日頃の言動を注意していた際、スマートフォンを操作し続けたことに腹を立てたためだということです。

 白鵬への聞き取りで、その場にいた力士など全員に対する聞き取りは28日で終わる見通しで、警察はこれまでに把握した状況と白鵬の説明とに食い違いがないか確認を進めています。そのうえで今後、日馬富士から再び任意で事情を聴く必要があるか判断することにしています。

◇現場には6人の力士
 捜査関係者によりますと当時、飲食店の個室にはモンゴル出身や地元出身の力士のほか、地元の相撲関係者の合わせて10人ほどが集まっていたということです。

 この中には、暴行した日馬富士とけがをした貴ノ岩のほかに、横綱・白鵬と鶴竜、関脇の照ノ富士、それに地元出身で十両の石浦の4人の力士がいたことがわかっています。

 警察は、九州場所が終わったことを受けて28日、白鵬と石浦に話を聞き、その場にいた全員から話を聞き終えました。

◎日馬富士暴行問題 八角理事長が再発防止へ講話
 大相撲の横綱 日馬富士の暴行問題を受けて、日本相撲協会の八角理事長は28日、十両以上の力士を集めて問題の再発防止に向けた講話を行いました。

 大相撲の横綱 日馬富士は巡業中の先月25日夜、鳥取市内の飲食店で平幕の貴ノ岩を殴ったことを認め、鳥取県警察本部が傷害の疑いで調べています。

 問題を受けて、日本相撲協会の八角理事長は28日夕方、福岡市内に十両以上の力士を集めて再発防止に向けた講話を行いました。

 この中で、八角理事長は、「こうした問題を二度と起こしてはならない。問題を一丸となって乗り越えるためにどうすればいいか、皆さんに考えてもらいたい」と述べ、相撲界からの暴力の根絶を訴えました。

 今回の講話は来月3日からの冬巡業を前に、十両以上のすべての力士を対象に行われ、横綱 白鵬など60人余りが出席しましたが、問題の当事者の日馬富士や貴ノ岩は姿を見せませんでした。

 講話の後、日本相撲協会の八角理事長は、「このような問題を起こしてしまい申し訳ない気持ちです。力士には相撲という文化を背負っていることを自覚してもらいたい。協会として粘り強く指導していくとともに、それぞれの部屋でも師匠が責任を持って指導していくことが大事だと思う」と話していました。

 また、講話を聞いた大関 豪栄道は、「暴行の問題を二度と起こさないようにという話があった。相撲人気が高まる中で、力士一人一人が責任ある行動を取ることが大事だ。部屋に帰ったあと、若い力士たちにも伝えていきたい」と話していました。
| 事件・事故 | 00:27 | comments(0) | trackbacks(0) |
東レ 子会社が製品の検査データを改ざん
 繊維・化学大手の東レは、子会社が製品の強度などの検査データを改ざんしていたことを発表し、日覺昭広社長が記者会見で陳謝しました。

 神戸製鋼所や三菱マテリアルの子会社に続いて、データの改ざんが新たに明らかになったことで、日本の素材メーカーへの信頼が問われる事態となっています。

 これは、東レの日覺昭広社長らが、28日都内で記者会見を開いて明らかにしました。

 それによりますと、東レの子会社で、タイヤの補強材などを製造する「東レハイブリッドコード」が、2008年4月から去年7月までの8年間にわたって、顧客と決めた製品の強度などの基準を満たしているように検査データを改ざんし、出荷していたということです。

 製品は13社に出荷されましたが、安全性に関する問題は見つかっていないとしています。日覺社長は会見で、「ご心配、ご迷惑をおかけして誠に申し訳ありません」と陳謝しました。

 東レは、子会社が不正を把握してから、1年以上、問題を公表しませんでしたが、これについて日覺社長は、「今月はじめに、インターネット上の掲示板に書き込みがあり、正確な情報を公表すべきだと考えた。情報の整理、お客さまへの説明に時間がかかった」と釈明しました。

 一方で、日覺社長は、「法令違反ではないため公表は考えていなかった」とも述べて、神戸製鋼などの問題がなければ公表しなかったという認識を示しました。

 また、日覺社長は、東レ出身で、現在も相談役を務めている経団連の榊原会長に、今回の不正を27日報告したことを明らかにしたうえで、「お客様に真摯に対応し、真摯に説明するよう指示を受けた」と述べました。

 不正の背景について会社側は、基準を満たしていない製品を、取引先の了承を得たうえで出荷する「特別採用」と呼ばれる慣習の拡大解釈があったとしていて、今後、有識者を含む調査委員会で原因の究明などを進めるとしています。

 検査データの改ざんは、神戸製鋼や三菱マテリアルの子会社でも明らかになっていて、日本の素材メーカーへの信頼が問われる事態となっています。

◇東レ社長「信頼回復に努める」
 日覺社長は、今回の不正に対する経営責任について、「経営の最優先課題として、不正をしない、させないことを目指してきたにもかかわらず、このような事態になったことは誠に遺憾だ。今後は、グループ全体の徹底的な調査を進めるとともに信頼回復に努め、強い倫理観を持った風土を作り上げていきたい」と述べました。

◇東レハイブリッドコード社長「不正の背景に特別採用」
 東レハイブリッドコードの鈴木信博社長は記者会見で、不正の背景について、基準を満たしていない製品を取引先の了解を得たうえで出荷する「特別採用」と呼ばれる慣習を拡大解釈することがあったとしたうえで、「再測定をする煩雑な作業をしたくないということも動機としてあったと考えられる」と述べました。

◇東レとは
 東レは、1926年設立の日本を代表する大手繊維・化学メーカーです。ナイロンやポリエステルなどの繊維製品やプラスチック原料などの化学製品、それに炭素繊維といった先端素材など、さまざまな産業分野向けの素材を作っています。

 昨年度のグループ全体の売り上げは2兆円を超え、グループの従業員は国内・海外合わせて4万6000人に上ります。

 2014年から経団連の会長には、当時、東レの会長を務めていた榊原氏が就任し、産業界のかじ取りをになってきました。榊原氏は、現在、東レの相談役を務めています。

◇東レハイブリッドコードとは
 東レハイブリッドコードは、愛知県西尾市に本社と工場がある東レの子会社です。子会社では、自動車のタイヤやブレーキホースといった自動車部品の強度を補強するために内部に使う産業用の繊維製品や、カーペットの加工に使うナイロン製の糸などを加工しています。

◇改ざん 経団連会長が東レ社長・会長の時期と重なる
 経団連の榊原会長は、2002年から8年間、東レの社長を務めたあと、会長を5年間務めていて、今回の改ざんは、東レの社長と会長を務めていた時期と重なっています。

 榊原会長は、27日午後の定例会見で「三菱マテリアル」の子会社の検査データ改ざん問題について、「日本の製造業に対する信頼に影響をおよぼしかねない深刻な事態だ」としたうえで、公表の遅れに対して、「本来あるべき姿としては発覚した時点で速やかに公表するのが原則だ」と述べていました。

◇経済同友会 代表幹事「製造業ネジ巻き直すべき」
 経済同友会の小林代表幹事は28日の記者会見で、「今回はたまたま、榊原さんの出身会社ということで非常に残念だ」と述べました。

 そのうえで、小林代表幹事は、「法令順守や安全が会社の存続に関わるということを言い続ける以外に解はない。日本の製造業やサービス業も含めて、これをよい機会としてもう一回、ネジを巻き直すべきだ」と述べました。

 また、経団連の榊原会長が27日の会見で、三菱マテリアルの子会社の改ざん問題に触れて「日本の製造業に対する信頼に影響を及ぼしかねない」などと述べていたことについて、小林代表幹事は「榊原さんに情報が入っていなかったのではないか。入っていたらそこまでは言えなかったような気がする」と述べました。

◇素材産業でデータ産業改ざん相次ぐ
 検査データの改ざんは、先月、鉄鋼大手、神戸製鋼所のグループで発覚して以降、金属大手の三菱マテリアルのグループ、そして今回、繊維・化学大手の東レのグループに広がりました。

 3社に共通するのは、自動車や航空機などといった最終製品がつくられる過程で最も上流に位置する素材メーカーという点です。

 素材メーカーは、自動車などの部品を作る企業に製品を納めるため、取り引きは企業の間で行われます。

 このため、今回の東レをはじめとした一連の不正は、消費者の目が直接、届かないところで行われていたことになります。

 さらに、素材メーカーの間では、事前に取り決めた基準を満たさない製品でも取引先の了承を得たうえで出荷する「特別採用」という慣習がありました。

 神戸製鋼と東レのケースでは、この慣習を拡大解釈し、顧客の了承がないまま基準を満たさない製品を出荷していたと見られています。

 一連の不正は、企業の間で続いてきたこうした慣習が“温床”になったとも言えるだけに、東レなどは今後、信頼回復に向けて、企業どうしの取り引きに甘えはなかったかを検証するなど品質管理の透明性を高めることが課題になりそうです。
| 事件・事故 | 17:15 | comments(0) | trackbacks(0) |