<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
中国人が太鼓判「東京が世界一」の訳
 同じディズニーランドでも、国や地域によってお客さんのもてなし方が違うのですね。東京ディズニーランドが褒められて素直に嬉しいです。

◎世界に6つあるディズニーテーマパーク、日本のディズニーが最高だった!=中国メディア
 (12月10日 サーチナ モーニングスター株式)

 中国メディア・今日頭条は8日、「世界に6つあるディズニー・テーマパークの中で、日本のディズニーが最高だ」とする文章を掲載した。

 文章は、「東京ディズニーリゾートは、私が最も好きなテーマパークだ。東京ディズニーへの愛は、カリフォルニアや香港のディズニーを上回っている。知らないかもしれないが、世界のディズニー・テーマパークで東京だけが黒字を出し続けていて、客のリピート率や入場者数も最高なのだ。東京のディズニーがテーマパークの王者とされる所以は、極致の日本式サービスにある。現実世界を忘れさせてくれる夢と魔法の世界にいざない、幸せな気分をもたらすというのがコンセプトなのである」と紹介している。

 そして、東京ディズニーリゾートではキャスト1人1人がみんな笑みを浮かべており、最も基本的な作業と言える清掃についても非常にしっかりしたトレーニングを受けていることがうかがえると説明。

 しかも、モップと水を使って地面にキャラクターのイラストを描いて楽しませてくれるようなサービス精神も持っているとした。

 また、自分の子どもの誕生日を東京ディズニーリゾートで過ごした時のエピソードを紹介。

 「うっかりレストランの予約を忘れてしまっていた。あわてて問い合わせてみると、満席でないレストランがあるとのこと。結局予約なしで店を訪れることになったが、行ってみると突然レストランのスタッフがミッキーマウスの誕生日ケーキを持ってきてくれ、みんなでバースデーソングを歌ってくれたのだ。この出来事は終生忘れない」と伝えている。

 さらに、施設内では、「夢と魔法の世界から現実に引き戻してしまう」という理由から迷子の呼び出し放送が行われていないと説明。

 その代わりに子どもの名前と電話番号を記入し、その上から個人情報保護用のシートをかぶせたシールを子ども衣服に貼り付ける「迷子シール」という制度が存在するなど、迷子を減らしたり、場内放送をしなくても迷子を見つけ出せたりする工夫がされていると紹介した。

 文章は、「日本、ひいては全世界のお客さんに楽しさと癒やしを与えるという目的であれば、慣例を破ることも時としてある。東京ディズニーのスローガンは『皆さんの笑顔を』なのだ」とし、、そのホスピタリティの高さを賞賛している。

 (編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)
| 雑感 | 12:26 | comments(0) | trackbacks(0) |
国民栄誉賞 将棋の羽生氏 囲碁の井山氏に授与へ
 政府は、将棋で前人未到の「永世七冠」達成を果たした羽生善治氏と、囲碁で2度の七冠独占を果たした井山裕太氏の2人に国民栄誉賞を授与する方向で検討に入りました。

 将棋の羽生善治氏は、今月5日に通算7期目となる竜王のタイトルを獲得して永世竜王の資格を得て、現在7つある将棋の永世称号の資格をすべて獲得し、前人未到の「永世七冠」達成を果たしました。

 また、囲碁の井山裕太氏は10月に名人のタイトルを奪い、自身2度目となる七冠独占を果たし、囲碁、将棋を通じて、初めて七大タイトルを2度にわたって独占する快挙を達成しました。

 これを受けて、政府は、羽生氏と井山氏の2人に国民栄誉賞を授与する方向で検討に入りました。

 国民栄誉賞が授与されれば、去年、リオデジャネイロオリンピックのレスリング女子で金メダルを獲得し、オリンピック4連覇を達成した伊調馨選手以来となり、個人としての受賞は24人目と25人目となります。

 政府は、13日にも羽生氏と井山氏に対する国民栄誉賞の授与を検討する方針を公表し、関係者の意見も聞いたうえで、最終的に判断することにしています。

◎将棋・羽生氏 囲碁・井山氏に国民栄誉賞を検討 官房長官
 菅官房長官は午前の記者会見で、将棋で前人未到の「永世七冠」達成を果たした羽生善治氏と、囲碁で2度の七冠独占を果たした井山裕太氏について、「歴史に刻まれる偉業であり、社会に明るい希望と勇気を与えた」などと述べ、2人に対して、国民栄誉賞の授与を検討する方針を表明しました。

 この中で、菅官房長官は、「将棋の羽生善治氏は、将棋界で初めて七冠すべての永世称号の資格を獲得した。また囲碁の井山裕太氏は、囲碁・将棋界を通じて初めて2度目の同時七冠を達成した。いずれも歴史に刻まれる偉業であり、社会に明るい希望と勇気を与えた」と述べました。

 そのうえで、菅官房長官は、「羽生氏と井山氏に対する国民栄誉賞の授与について検討を進めるよう、安倍総理大臣から指示があった。今後、関係者の意見も聞いた上で最終判断を行う」と述べ、羽生氏と井山氏の2人への国民栄誉賞の授与を検討する方針を表明しました。

 国民栄誉賞が授与されれば、個人としての受賞は24人目と25人目で、将棋と囲碁の棋士としては初めてとなります。

 羽生氏と井山氏の2人は、過去にも、将棋界と囲碁界で史上初めて、七大タイトルを独占する「七冠」を達成したことを受け、羽生氏が平成8年に、井山氏が去年、それぞれ総理大臣顕彰を贈られています。

 内閣府によりますと、過去に国民栄誉賞と総理大臣顕彰の両方を受賞した人はおらず、2人が国民栄誉賞を授与されれば、両方を受賞する初めてのケースになるということです。

◇囲碁七冠 井山氏「ただただ驚き 身に余る光栄」
 国民栄誉賞の授与が検討されている囲碁の七冠、井山裕太さんは、「ただただ驚き、身に余る光栄だと恐縮しています。棋士としても、1人の人間としても、まだまだ未熟な私が、このような賞をいただいてよいのかという思いはいまもありますが、今後も精進し、皆様の期待に添えるよう信じる道を歩んでいきたいと思います」とするコメントを出しました。
| 雑感 | 14:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
赤ちゃんパンダ「シャンシャン」生後半年に 順調に成長

 東京・上野動物園のジャイアントパンダの赤ちゃん「シャンシャン」は12日で生後半年となり、屋外でも安心した様子で過ごす姿が見られるなど順調に成長しています。

 来週19日からは上野動物園で誕生したジャイアントパンダの赤ちゃんでは29年ぶりとなる一般公開が予定されています。

 上野動物園でことし6月12日に生まれたジャイアントパンダのメスの赤ちゃん、シャンシャンは12日で生後半年となり、動物園が会見を開きました。

 シャンシャンは今月9日に行った身体測定では体重が12.3キロと順調に成長しています。

 シャンシャンは、数時間起きたあと3時間から4時間ほど眠るといった周期で過ごし、歩き回ったり木に登ったりするなど活発な様子が見られるということです。

 パンダ舎の屋外運動場に出ることもあり、屋外でも安心した様子で過ごす姿が見られるということです。

 シャンシャンは、母親のシンシンとともに来週19日から一般公開される予定です。

 上野動物園で誕生したジャイアントパンダの赤ちゃんが一般公開されるのは、昭和63年のユウユウ以来29年ぶりです。

 上野動物園の渡部浩文副園長は、「シャンシャンは落ち着いた様子で大きな不安は感じていない。多くの人にシャンシャンの姿を見ていただきたい」と話していました。

◇観覧申し込みは25万件余
 「シャンシャン」について、今月19日から28日までの観覧の申し込みの応募件数は12日午後2時までの速報値で25万5611件に上っています。

 日付別の第1希望の件数は、祝日の23日が6万1073件で最も多い一方、公開初日の19日は平日ということもあって1万8825件で8番目となっています。

 現在、募集している期間の受け付けは12日までです。観覧できるのは1日およそ400組で、抽選結果は15日に確認できることになっています。
| 雑感 | 08:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
なぜ多い?ウインカー出さぬ車
 本当にウインカーを出さない車は多いです。それと、一旦右にハンドル切ってから左折する運転を「あおりハンドル」と言うそうですが、街中では頻繁に見かけ、これも危なくて迷惑極まり無いです。

◎なぜ多い? ウインカーを出さない車、横行する「合図不履行」違反
 (12月日8(金) 11:43配信 オートックワン)

◇“合図不履行”違反車に遭遇した人は97%
 困ったことに、ウインカーを出さずに車線変更や右左折するクルマが増えているという。

 クルマが走行中に進路を変える時は必ず方向指示器(ウインカー)を出すことを義務づけている。これにより、交通が円滑に回っている。しかし、どれくらい横行しているのか。

 オートックワンで「Q:ウインカーを出さずに車線変更や右左折する車に遭遇したことはありますか?」と緊急アンケートを行ったところ、926件の回答のうち97%の人が「ある」と答えた。

 アンケートに投稿してくれた、一部のコメントを紹介したい。

「出しても、曲がり始めてからウインカーを出す車が多いです。勘弁して欲しい」

「老若男女、タクシーなどのプロドライバーでもよく見かけます。通勤時毎日見かけます。ホントに怖い」

「自分の視野に他車が見えないと出さない人、面倒くさいのでしょうか。当人は良くても周りは迷惑します」

「右左折レーンはウインカーなしで行けると勘違いしてる?まずレーン入るのは進路変更だからレーン手前からウインカーが必要なのに!」

「教習所で『周りのドライバーに周知させる為、30m手前で出す』って習ったこと、忘れているんでしょうね」

「知り合いに運転してもらったとき、ウインカーを出さなかったので注意したら『なんで車線変更でウインカー出さなきゃダメなの?』と言われた」

 ほとんどの人がウインカーを出さない「合図不履行」運転に迷惑している。

 興味深いことにJAFの調査によれば地域差があるという。

 日本で1番ウインカーを出さないのは岡山県で、調査に回答した半分の人が「ウインカーを出さず右左折するクルマがとても多いと思う」という返答を得ている。しかし“クルマの走行中にウインカーを出さずに右左折して反則切符を切られた”という話はあまり聞いたことがない。

 実際、ウインカーを出さずに右左折や車線変更をすると、反則金6千円+交通違反点数1点の『合図不履行』という明らかな違反になるのだけれど、大きな危険運転と思っていないのか、警察は熱心でないように思う。

 例えば鳥取県警の場合、『合図不履行』での検挙数はここ5年間の平均だと1年間当たり75件だという。たくさん走って目を光らせているハズのパトカーや白バイの隊員が認知した合図不履行は、鳥取県警全体で毎月6回ほどしかないということになる。

◇いわゆる“あおりハンドル”での左折「カッコイイから」
 この合図不履行より大きな問題と思うのが、いわゆる「あおりハンドル」の左折。自動車教習所などで左折の際、一旦右にハンドル切ってから左折する運転は「絶対にダメ」と習うハズ。けれど街中では頻繁に見かける人も多いことだろう。

 100歩譲って大型車などが細い道路で左折するなら仕方ない。これは内輪差によって後輪が歩道などに乗り上げるのを防ぐためだ。しかし、余裕で曲がれそうな軽自動車まで“あおりハンドル”をしているのをよく見かける。

 このあおりハンドルをなぜやるのか一度調査してみたら「カッコ良いから」だという。あおりハンドルを行う多くの人が「左折時のテクニック」みたいに認識しているようなのだ。加えてあおりハンドルをキチンと取り締まるのはかなり難しいから困ったもの。

 あおりハンドルは一旦右にハンドルを切った後、左にハンドルを切るためウインカーと両立させにくい。そうなると左折時にウインカーを付けずに曲がるということになる。結果、斜め後方を走る自転車やバイクにとっては非常に危険な状況になってしまう。右に行ったと思ったクルマがウインカー無しで左折するのだから非常に怖い。

 ドライバーに対し啓発活動をするのは難しくないと思う。日本は免許の更新期間が短い。更新時には講習を受けるため、社会問題になっている運転パターンを5つくらいでいいから教えるべきだと思う。

 メディアも交通の安全に貢献すべく、こういった啓発活動を頻繁に行うべきなのかもしれません。

 [Text:国沢光宏]
| 雑感 | 00:33 | comments(0) | trackbacks(0) |
拉致被害者 曽我ひとみさんの夫 ジェンキンスさん死去
 北朝鮮に拉致され、その後、帰国を果たした曽我ひとみさんの夫で、平成16年から曽我さんの故郷、新潟県佐渡市で暮らしていたチャールズ・ジェンキンスさんが、11日、亡くなりました。77歳でした。

 ジェンキンスさんは、アメリカ陸軍の兵士として韓国に駐留していた昭和40年、24歳の時に脱走して北朝鮮に入り、39年にわたって北朝鮮で生活しました。

 その間に拉致被害者の曽我ひとみさんと結婚し、平成16年からは、日朝首脳会談のあと帰国を果たした曽我さんの故郷、新潟県佐渡市で暮らしてきました。

 佐渡市の観光施設でみやげ物の販売員として働き、観光振興に貢献したとして感謝状を贈られたこともありました。

 ジェンキンスさんは、北朝鮮の同じアパートに、拉致被害者と見られるタイ人やルーマニア人の女性がアメリカ人の脱走兵の妻として暮らしていたことを明らかにするなど、拉致が国際的な問題となる1つのきっかけを作りました。

 また、平成19年には、タイのバンコクで開かれた北朝鮮の人権問題を話し合う初めての国際会議に出席し、拉致被害者と見られるタイ人の女性の北朝鮮での様子などを証言していました。

 ジェンキンスさんは、11日佐渡市の自宅の前で倒れているのが見つかり、病院に搬送されましたが致死性不整脈のため亡くなりました。77歳でした。

◇妻の曽我ひとみさん「何も考えられない」
 ジェンキンスさんが亡くなったことについて妻の曽我ひとみさんは、「突然のことで大変びっくりしており落ち着かない状態です。今、何も考えられないのであとで落ち着いたらコメントなどを出させていただきます」とするコメントを出しました。

◇蓮池夫妻「どんなに無念か」
 ジェンキンスさんが亡くなったことについて、北朝鮮に拉致された被害者で新潟県柏崎市で暮らす蓮池薫さん、祐木子さん夫妻は、「義理の母のミヨシさんに会えなかったことがどんなに無念だったかと思います。ひとみさんをはじめご家族の悲痛な思いを深くお察しします。皆さんがこの悲しみを乗り越え、ミヨシさんの帰国実現に向けさらに前に進まれることを心よりご祈願申し上げます」とコメントしています。

◇飯塚繁雄さん「政府は重く受け止めを」
 ジェンキンスさんが亡くなったことについて拉致被害者の家族会代表で田口八重子さんの兄の飯塚繁雄さん(79)はNHKの取材に対し、「人は毎年、年を取るわけで、拉致問題がいつまでも解決されないと、こうした状況はほかの家族にも押し寄せて来る。政府、政治家は被害者が帰国できていない今の事態を重く受け止めるべきだ」と話しました。

◇地村さん夫妻「心からお悔やみ」
 曽我ひとみさんの夫のジェンキンスさんが亡くなったことについて、北朝鮮に拉致され、平成14年に帰国を果たした福井県小浜市の地村保志さん、富貴恵さん夫妻は、「突然の訃報にただただ驚くばかりで心からお悔やみ申し上げます。曽我ひとみさんは、同じ拉致被害者として、悩みやお互いの家族について心を許して話し合え励まし合える仲間であり、今の曽我さんの心情を察すると心が痛みます。ジェンキンスさんのご冥福をお祈りいたしますとともに、曽我さんご家族の深い悲しみが少しでも癒やされますことを心より願ってやみません」とコメントしています。

◇ゆかりの3人会見「本当に残念」
 ジェンキンスさんと親交のあった人たちが新潟県佐渡市で会見し、突然の別れを惜しみました。

 ジェンキンスさんが働いていた観光施設で長年通訳をしていた本間啓五さん(66)は、「あまりに突然で驚いています。2004年から13年間のつきあいで一緒に食事やお酒を飲みに行きました。もう一度一緒に飲みたかったです。本当に残念です」と話していました。

 地元の支援団体「曽我さん母娘を救う会」の臼杵優会長(67)は、「とても残念です。曽我さんは落ち込んでいる様子だったので励ましてきました」と話していました。

 平成16年にジェンキンスさんが佐渡市で暮らし始めた当時の市長だった高野宏一郎さん(78)は、「ジェンキンスさんは、想像を絶する人生を送ったと思います。曽我さんを支えてくれて感謝しています」と話していました。

◇佐渡市長「家族をサポートする」
 新潟県佐渡市の三浦基裕市長は12日会見を開き、「非常にバイタリィティーある人だと思っていたので、突然のことで本当にびっくりしました。けさ弔問に伺い、ジェンキンスさんには『曽我さん家族をしっかりサポートするので安心してください』と声をかけました」と話していました。

◎拉致被害者 増元るみ子さん母親 信子さん(90)死去
 北朝鮮による拉致被害者、増元るみ子さんの母親の信子さんが12日朝、入院先の鹿児島県内の病院で亡くなりました。90歳でした。

 増元信子さんは昭和53年、鹿児島県日置市の海岸から市川修一さんとともに北朝鮮に拉致された増元るみ子さんの母親です。

 平成14年の日朝首脳会談で北朝鮮は拉致を認め「るみ子さんは死亡した」と伝えてきましたが、その説明には矛盾や不自然な点があり、信子さんは娘の生存を信じて帰国を待ち続けてきました。

 鹿児島県の自宅で毎朝いちばんに煎じた日本茶をるみ子さんの写真の前に置き、無事を祈ることを日課にしてきましたが、ここ数年は足腰が衰え思うように体を動かせなくなったことから、施設での生活が続いていました。

 夫の正一さんは平成14年に亡くなって、信子さんは一日も早いるみ子さんとの再会を願っていましたが、12日朝、心不全のため入院先の鹿児島県内の病院で亡くなりました。

 平成14年の日朝首脳会談以降、政府が認定している拉致被害者の親で、子どもとの再会を果たせずに亡くなったのは信子さんで6人目となります。

◇次男の照明さん「政府はもっと本気で」
 NHKの取材に応じた信子さんの次男の増元照明さんは、「母がこんな急に逝くとは思ってもいませんでした。本当に悔しい気持ちでいっぱいです。うちの家族は両親が2人とも再会を果たせずに倒れてしまいましたが、ほかの被害者の親には存命のうちになんとか子どもとの再会を果たしてほしい」と話しました。

 そのうえで、「拉致被害者を取り戻すという点において、政府にはもっと本気で動いてほしかった。このままではまた家族の誰かが倒れてしまう」と危機感を訴えました。

 また、15年前、父の正一さんが亡くなる直前にるみ子さんに宛てたビデオレターで『日本を信じろ』と呼びかけていたことを振り返り、「日本政府にやってもらわなければ拉致問題は解決できないから父は信じざるを得なかったんだと思います。ただ15年たっても事態は動いておらず、何を信じればいいのかという思いです」と話しました。

◇市川修一さん兄の談話
 増元るみ子さんとともに北朝鮮に拉致された、市川修一さんの兄の健一さんは、「私も両親をすでに亡くしていますが、30年、40年と待ち続け、子どもと再会することなく旅立っていかれた心中を思うと残念で悔しかっただろうと思います。親にしても私たち兄弟にしても高齢化が進んでいて本当に時間がありません。だからこそ、政府も本腰を入れて全員救出に向け取り組んでもらいたいと、ただただ願うばかりです」と話しました。

◇おととしNHKの取材受ける
 増元るみ子さんの母親の信子さんはおととし8月、鹿児島県内の病院でNHKの取材に応じていました。

 車いすで面会室に入って来た信子さんは、るみ子さんについて、「優しくて文句を言わない娘でした。るみ子のことを一日たりとも忘れたことはありません」と語っていました。

 そして、「北朝鮮に拉致された娘を思うと泣きそうになります」と話し「私が元気なうちにるみ子に早く会いたい。帰って来るまで絶対に元気でいて『お帰り』と言いたい」と娘との再会に思いをはせていました。

◇健在な親は4人に 解決は時間との闘い
 政府が認定している拉致被害者のうち、安否がわかっていない12人の親で子どもとの再会を果たせずに亡くなった人は、平成14年の日朝首脳会談以降だけでも増元信子さんで6人になります。

 増元るみ子さんに関しては、この15年の間に両親がいずれも他界したことになります。

 るみ子さんの父親の正一さんは、平成14年9月に行われた日朝首脳会談の翌月に鹿児島市内の病院で79歳で亡くなりました。

 正一さんは亡くなる直前に残したるみ子さんに宛てたビデオレターで、「もうこっちから迎えには行けないけど待っててくれ。自分も日本を信じるからおまえも信じろ」と呼びかけていました。

 拉致問題はことし、被害者の家族会が結成されて20年、最初の事件の発生から40年の節目の年で、解決にあまりにも長い時間がかかる中、「生きているうちに再会を果たしたい」という家族の思いはこれまで以上に強くなっています。

 信子さんの死去で、今も健在な親は横田めぐみさんと有本恵子さんの両親の4人になりましたが、めぐみさんの父親でこれまで活動の先頭に立ってきた滋さん(85)に介護が必要になるなど、全員が老いという現実に直面し、問題の解決は時間との闘いになっています。
| 雑感 | 23:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
今年の漢字は「北」 北朝鮮や九州北部豪雨で

 ことし1年の世相を漢字ひと文字で表す「今年の漢字」が京都の清水寺で発表され、北朝鮮が弾道ミサイルの発射を繰り返したことや九州北部豪雨の災害があったことにちなんで「北」が選ばれました。

 「今年の漢字」は、京都に本部がある日本漢字能力検定協会がその年の世相を表す漢字ひと文字を一般から募集し、最も多かった字が選ばれます。

 ことしは、およそ15万3000通の応募の中から「北」が選ばれ、京都市東山区にある清水寺では、森清範貫主が大きな和紙に書き上げました。

 協会によりますと、「北」が選ばれた理由としては、北朝鮮が弾道ミサイルの発射を繰り返すなど北朝鮮の動向に脅威と不安を感じた年となったことや、九州北部豪雨の災害で福岡県朝倉市や大分県日田市などで大きな被害が出たこと、それに大谷翔平選手の大リーグ移籍や早稲田実業の清宮幸太郎選手の入団など、北海道日本ハムファイターズに注目が集まったことなどが挙げられています。

 清水寺の森貫主は、「北という字は2人が背を向けている形ですが、みんなが話をして、平和に向かって努力をすることが大切だと思います」と話していました。

 協会によりますと、2番目に多かったのは森友学園や加計学園をめぐる問題や政治家の不祥事など政治に絡む問題が相次いだことなどから「政」が、3番目には北朝鮮情勢で世界が不安定になっているなどとして「不」が選ばれました。

◇首相 自身のことしの漢字は「挑」
 安倍総理大臣は総理大臣官邸で記者団に対し、「『今年の漢字』が『北』に決まったということは、日本にとっても、国際社会にとっても、北朝鮮の脅威が大変現実的で差し迫ったものとなった1年間であったということだと思う」と述べました。

 一方、安倍総理大臣は、記者団から自身が考えることしの漢字について質問されたのに対し、「私は『挑』、挑戦の挑だ。少子高齢化という大きな壁に挑むその挑戦をスタートした年でもあり、また北朝鮮の脅威に対して、国際社会と共に挑んでいく1年だった。そしてこの国難に挑むために総選挙に挑んだ年でもあった。私にとっては『挑』、その1字がふさわしい1年だった思う」と述べました。

◎今年の漢字は「北」 京都・清水寺で揮毫
 (12月12日 産経新聞)

 平成29(2017)年の世相を漢字一字で表す「今年の漢字」が12日、京都市東山区の清水寺で「北」と発表された。奥の院で、森清範貫主が特大の和紙に大筆で豪快に一字をしたためた。

 「今年の漢字」は、日本漢字能力検定協会(同区)が毎年公募。協会によると、今年は15万3千594票の応募があり、1位の「北」は7104票。北朝鮮のミサイル発射や核実験の強行などがその理由だという。平成28年は「金」、平成27年は「安」だった。

 「今年の漢字」は応募数が最多の一字が毎年選ばれており、阪神大震災やオウム真理教事件があった平成7(1995)年は「震」、北朝鮮拉致被害者5人が帰国した平成14(2002)年は「帰」だった。

 「新」が選ばれたのは、政権交代で民主党政権が誕生した平成21年で、消費税率が引き上げられた平成26年は「税」。 また、リオデジャネイロ五輪に沸いた昨年の「金」は、平成12年のシドニー五輪、平成24年のロンドン五輪に続き3回目。

◎今年の漢字は「北」に決まる
 (2017年12月12日 14:06 ORICON NEWS)

 その年の世相を漢字一文字で表す師走恒例の「今年の漢字」が12日発表され、「北」に決まった。この日午後2時過ぎ、京都・清水寺で森清範貫主が縦150センチ、横130センチの越前和紙に広島県産の熊野筆で力強く揮毫(きごう)した。

 はがきやウェブサイトを通じた公募で決まる「今年の漢字」は、12月12日の「漢字の日」に一年を振り返り、漢字一字に込められた奥深い意義を再認識する機会を持つことを目的に始まり今年で23回目。

 今年は15万3594票の応募があり「北」が7104票。度重なる弾道ミサイルの発射や核実験の強行など「北」朝鮮の動向に脅威と不安を感じた年であり、トランプ米大統領来日時の「北」朝鮮による拉致被害者家族との面談で、日本国民が「北」朝鮮拉致問題を再認識した年。

 また、九州「北」部では記録的豪雨により甚大な被害が発生したほか、「北」海道産ジャガイモの供給が滞ったことによりポテトチップスが一時販売休止になった。

 さらに、球界では、大谷翔平選手の大リーグへの移籍や、早稲田実業高校の清宮幸太郎選手の入団など「北」海道日本ハムファイターズに注目が集まり、競馬界では「キタ」サンブラックが現役最強馬として大活躍したなどが理由にあがった。

 そのほか、2位「政」、3位「不」、4位「核」、5位「新」、6位「選」、7位「乱」、8位「変」、9位「倫」、10位「暴」となった。

 昨年は、リオ五輪の「金」メダルラッシュや前東京都知事の政治資金問題“政治とカネ(金)”、イチロー選手の通算3000本安打達成など「金」字塔、PPAPの「金」色の衣装などが流行するなどして「金」が選ばれた。

■過去10年の漢字は以下の通り。

 2016年 「金」
 2015年 「安」
 2014年 「税」
 2013年 「輪」
 2012年 「金」
 2011年 「絆」
 2010年 「暑」
 2009年 「新」
 2008年 「変」
 2007年 「偽」
 2006年 「命」

| 雑感 | 21:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
今冬の寒さに注意を 「ラニーニャ現象」発生か 気象庁発表

 南米沖の太平洋でことし7月以降、海面水温が低い状態となっていることから、気象庁は11日、「ラニーニャ現象が発生していると見られる」と発表しました。

 「ラニーニャ現象」は、南米・ペルー沖の赤道付近の東太平洋で海面水温が低くなる現象で、日本を含む世界の天候に影響を及ぼすと考えられています。

 気象庁の解析によりますと、この海域では、ことし7月から先月までの5か月間の海面水温の平均値が、基準よりも0.5度以上低くなっていて、この状態は今後も続くと見られるということです。

 このため、気象庁は11日、「ラニーニャ現象が発生していると見られる」と発表しました。

 前回、「ラニーニャ現象」が発生したのは、7年前の平成22年の夏から翌年の春にかけてで、今回は来年の春まで続く可能性があるということです。

 この現象が起きると、日本では上空で偏西風が蛇行して寒気が流れ込みやすくなり、冬の気温が平年より低くなる傾向があるということです。

 気象庁気候情報課の廣澤純一エルニーニョ情報管理官は,「この冬は気温が下がって寒さが続き、ところによって大雪になる可能性があるので、最新の気象情報に注意してほしい」と話しています。

◇「ラニーニャ現象」になると…
 気象庁によりますと、「ラニーニャ現象」が発生すると、日本では上空で偏西風が蛇行して寒気が流れ込みやすくなって冬型の気圧配置が強まり、冬の気温が平年より低くなる傾向があるということです。

 このうち、11年前の「平成18年豪雪」では、前の年の平成17年12月から平成18年1月にかけて強い冬型の気圧配置が続き、日本海側で記録的な大雪となって150人余りが死亡しました。

 この原因の1つとされているのが「ラニーニャ現象」で、気象庁は日本付近で偏西風が南に蛇行したため、強い寒気が流れ込みやすくなり、冬型の気圧配置を強める結果となったと分析しています。

 「ラニーニャ現象」が発生したと見られることしも、偏西風が平年に比べて日本付近で南に蛇行していて、北から寒気が流れ込みやすい状態となっています。

 このため、気象庁は、冬の気温が平年より低くなる傾向があるとして、吹雪や大雪による交通への影響や、雪下ろしの際の転落や落雪に注意するとともに、最新の気象情報に注意して早めに対策を取るよう呼びかけています。

◎ラニーニャ現象発生 日本への影響は?
 (2017年12月11日 18:12 日本気象協会)

 11日(月)、気象庁はエルニーニョ監視速報を発表。ラニーニャ現象が発生しているとみられ、今後春まで続く可能性が高くなっています。

◇11月の実況と見通し
【11月の実況】
 11月のエルニーニョ監視海域の海面水温は基準値より低い値で基準値との差は−1.1◦Cでした。これは2011年11月以来、6年ぶりの振幅です。

 また、ラニーニャ現象発生の判断に使用している5か月移動平均値の9月の値は−0.5◦Cでした。太平洋赤道域の海面水温は西部で平年より高く、中部から東部にかけて平年より低くなりました。

 海洋表層の水温は西部で平年より高く、中部から東部にかけて平年より低くなりました。太平洋赤道域の日付変更線付近の対流活動は平年より不活発で、中部の大気下層の東風(貿易風)は平年より強くなりました。

 このような海洋と大気の状態はラニーニャ現象時の特徴を示しており、ラニーニャ現象が発生しているとみられます。

※ラニーニャ現象とは
 太平洋赤道域の中部(日付変更線付近)から南米のペルー沖にかけての広い海域で、海面水温が平年に比べて低くなり、その状態が1年程度続く現象です。

【今後の見通し】
 今後、春にかけてラニーニャ現象が続く可能性が高く(60%)なっています。エルニーニョ予測モデルは、エルニーニョ監視海域の海面水温が冬は基準値より低い値で推移し、冬の終わりから春にかけて次第に基準値に近づき、春は基準値より低いか基準値に近い値で推移すると予測しています。

◇日本の天候への影響は?
 ラニーニャ現象が発生すると、日本の冬の気温は平年より低くなることがあり、特に東日本から西日本に寒気が流れ込みやすい傾向があります。

 気象庁から発表された3か月予報によると、3か月平均では全国的にほぼ平年並みの予想になっていますが、北陸や関東から九州にかけては、平年より低い確率が40%、平年並みの確率が30%、平年より高い確率が30%と、平年より低い確率がわずかに高くなっています。

 これは、ラニーニャ現象が発生していてフィリピン付近を中心に積乱雲の発生が多いため、上空の偏西風が中国の東部付近で北に蛇行し、その分日本付近で偏西風が南へ蛇行して東日本や西日本付近に寒気が流れ込みやすいためです。東日本や西日本では、この冬は寒気の影響を受けやすいかもしれません。
| 雑感 | 00:04 | comments(0) | trackbacks(0) |
スピードスケート 小平 1000メートルで世界新記録

 アメリカのソルトレークシティーで10日行われたスピードスケートのワールドカップ、女子1000メートルで、小平奈緒選手がこれまでの記録を0秒09更新する1分12秒09の世界新記録をマークして優勝しました。スピードスケートの個人単種目で、日本の女子選手が世界新記録をマークしたのは小平選手が初めてです。

 日本の短距離のエース、小平選手は、ソルトレークシティーで10日行われたワールドカップ第4戦で女子1000メートルに出場し、最終組で高木美帆選手と滑りました。

 小平選手は、スタートから世界記録を上回る速いスピードで飛ばして200メートルを通過し、中盤も腰を落とした低い姿勢の伸びやかな滑りで加速しました。

 そして、600メートルの地点では世界記録を0秒40も上回る圧倒的なスピードを見せ、これまでの世界記録を0秒09更新する1分12秒09の世界新記録をマークして優勝しました。

 これまでの世界記録は、アメリカのブリタニー・ボウ選手が出した1分12秒18で2年ぶりの更新となりました。

 小平選手はことし2月にカルガリーで開かれた世界スプリント選手権で500メートルと1000メートルの4つの合計ポイントで競う「スプリントコンビネーション」などで世界新記録を出していますが、日本の女子選手が個人単種目で世界新記録をマークしたのは小平選手が初めてです。

 また、オリンピックで実施されている個人種目としても、日本の女子選手で初めての快挙となります。小平選手はこの種目ワールドカップで3勝目です。

 高木選手は1分12秒63で2位でした。

◇小平「自分の考えだけに集中」
 小平奈緒選手は、「レースのテーマは『徹する』ということで、自分の考えることにだけ集中し、とにかく自分のうちにエネルギーをためて、タイミングだったり、角度だったり、言葉ではなくてイメージを頭の中で考えた」とレースに臨んだ心境を明らかにしました。

 そのうえで、世界新記録のタイムを出した感想を求められると、「『切れたな』という感じだったが、レースのあとスケーターの仲間たちが『おめでとう』と言ってくれたのがうれしかった」と喜びを話しました。

 小平選手は、今月2日にカナダ・カルガリーで行われた第3戦では、1000メートルで転倒していますが、「転倒して何とか自分の力で乗り越えたいと思っていたが、世界新記録で乗り越えることができた。これで、ワールドカップ15連勝の500メートルだけではなくて1000メートルも私の距離だと思えるようになった」と、前回のレースの失敗をバネに自信を深めたことを明かしました。

 そして、金メダル獲得の期待が懸かる来年2月のピョンチャンオリンピックに向けては、「レース中に何個かうまくいかなかったことを発見して、世界新記録でありながらもいい収穫があった。大会までけがをしたり、かぜをひかないよう、隙を作らず自分を高めていきたい」と話していました。

 小平奈緒選手は、長野県出身の31歳、日本女子の短距離のエースです。これまでオリンピックには2010年のバンクーバー大会と2014年のソチ大会の2回出場しています。

 このうち、バンクーバー大会では女子団体パシュートのメンバーとして銀メダルを獲得しましたが、個人種目では500メートルで12位、1000メートルで5位、1500メートルで5位に終わり、ソチ大会でも、500メートルでは5位、1000メートルで13位とメダル獲得には届いていません。

 オリンピックでの雪辱を誓う小平選手は、ソチ大会のあとスピードスケート大国のオランダに2年間留学し、技術などを学んできました。

 去年からは、日本に拠点を戻し、げたを使った独自のトレーニングを取り入れるなどして、スピードの出る腰の位置が低いフォームの改良に取り組みました。

 昨シーズン、その成果があらわれ、ワールドカップでは得意とする500メートルで出場した8つのレースにすべてに勝つ圧倒的な強さで2回目の総合優勝を果たしました。

 また、1000メートルでは、ことし2月にカナダのカルガリーで行われた世界スプリント選手権で1分12秒51と世界記録に迫るタイムの日本新記録をマークしていました。

 そして、今シーズンは、この日までに、みずからが持つ日本記録を500メートルで2回更新し、ワールドカップでは、出場した500メートルで昨シーズンから15連勝、1000メートルも第1戦で初勝利をあげるなど好調を維持してきました。

 来年のピョンチャンオリンピックでは、500メートルと1000メートルの短距離2種目の金メダルの最有力候補です。オリンピックのスピードスケートの女子の個人種目でのメダルを獲得すれば、1998年の長野オリンピックの500メートルで銅メダルを獲得した岡崎朋美選手以来、20年ぶりとなります。

◇日本選手が残した世界記録の歴史
 スピードスケートの世界記録は、500メートルや1000メートルなどの単種目のほかに、1つの大会で複数のレースでのタイムを合計ポイントとして競う2種類があります。

 国際スケート連盟によりますと、このうち、個人の単種目では、これまでに日本選手で6人が世界記録をマークしています。

 男子500メートルでは、1969年に日本選手として初めて鈴木恵一選手が当時の世界記録を更新しました。

 1996年から2001年にかけては長野オリンピックの金メダリスト清水宏保選手が4回更新していて、

 2005年にはバンクーバーオリンピックの銅メダリスト加藤条治選手が清水選手の記録を塗り替えています。

 男子1000メートルでは、1994年に宮部保範選手が、1996年には堀井学選手が更新しました。

 男子1500メートルでは、1996年に野明弘幸選手がマークしています。

 個人の単種目で、世界記録を出したのは男子だけで、女子では今回、小平奈緒選手が1000メートルでマークしたのが初めてとなります。

 一方、団体種目では、女子団体パシュートで、日本が先月と今月のワールドカップで立て続けに世界記録を更新しています。
| 雑感 | 16:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
ノーベル文学賞 カズオ・イシグロさんにメダルと賞状
 平和賞を除くことしのノーベル賞の授賞式が日本時間の11日未明、スウェーデンの首都ストックホルムで行われ、文学賞に選ばれた日系イギリス人の作家、カズオ・イシグロさんに記念のメダルと賞状が贈られました。

 授賞式は、ストックホルム中心部にあるコンサートホールで日本時間の11日午前0時半から始まり、モーツァルトの行進曲が流れる中、自然科学系の3賞と文学賞、経済学賞に選ばれた11人が入場しました。

 はじめにノーベル財団のヘルディン教授がスピーチし、「世界では、事実や合理的な考察に対して、間違った考えや無責任な行動で挑戦する動きが出ている。ミャンマーのロヒンギャの人々への対応など基本的な人権すら無視されることもある」と警鐘を鳴らした上で、「人道的な考え方や批判的な検証に基づいて行動すべきという、ノーベルの願いは、今の世界でとても重要だ」と述べ、受賞者の今後の活動に期待を示しました。

 続いて、受賞者の功績が紹介され、文学賞の選考委員をつとめたダニウス教授は、記憶と忘却を追求し続けたイシグロさんの作品について、「激動の歴史の中にいる私たちがみずからを見つめ直す拡大鏡のようなものを与えてくれる」と評価しました。

 この後、イシグロさんは、スウェーデンのグスタフ国王から記念のメダルと賞状を受け取りました。会場からは大きな拍手がおくられ、イシグロさんはほほえみながら、何度も頭をさげてこたえていました。

◎ノーベル賞晩さん会 イシグロさんがスピーチ
 ノーベル賞の受賞者を祝う恒例の晩さん会がスウェーデンの首都ストックホルムで行われ、文学賞を受賞した日系イギリス人の作家、カズオ・イシグロさんが自然科学系の3賞や経済学賞の受賞者とともに出席しました。

 晩さん会は日本時間の午前3時すぎ、ストックホルムの市庁舎の「青の間」で始まり、グスタフ国王をはじめとする王室のメンバーや、受賞者とその家族などおよそ1350人が出席しました。

 授賞式を終えたイシグロさんも日本時間の午前2時すぎ、夫人のローナさんとともに会場に到着しました。授賞式の感想を問われると「最高でした」と笑顔で答えていました。

 晩さん会では、毎年テーマを決めて会場の飾りつけや音楽が選ばれ、ことしは北極やオーロラをモチーフにしたものとなりました。イシグロさんは、地元のシェフが考案したコース料理をリラックスした表情で楽しんでいました。

 晩さん会は、例年およそ4時間近くに及びます。そして、食事が終わると、賞を創設したアルフレッド・ノーベルが遺言に残した順番に従って受賞者がそれぞれスピーチを行いました。

 イシグロさんは、「長崎で暮らしていた5歳のときに母親から初めて”ノーベルショウ”という言葉を聞き、”ヘイワ”を広げるものだと教えられた。幼いながら”ヘイワ”がとても大切なことだと理解した」と日本語を交えてあいさつしました。

 そして、「ノーベル賞は小さな子どもでも理解できる大切なことを教えており、分断の時代の今、人類が共に力を合わせるべきものを示している。この賞を頂き、畏敬の念でいっぱいだ」と述べ、感謝の気持ちを示しました。
| 雑感 | 11:36 | comments(0) | trackbacks(0) |
J1初優勝の川崎フロンターレ 地元でパレード

 サッカーJ1で初優勝した川崎フロンターレの優勝パレードが地元川崎市で行われ、ファンと選手たちが喜びを分かち合いました。

 川崎フロンターレは、今月2日に行われたJ1の最終節に勝ち2位からの逆転でリーグ初優勝を果たしました。

 10日、川崎市で優勝パレードが行われ、ベテランの中村憲剛選手が市役所前に集まったファンに優勝を報告したあと、およそ40人の選手やスタッフを乗せた2階建てのバスが市の中心部に向けて出発しました。

 沿道にはおよそ5万人のファンが詰めかけ、「ありがとう、おめでとう」と祝福の言葉をかけると、選手たちは笑顔で手を振ったり大きな声で応えたりして、初優勝の喜びを分かち合っていました。

 60代の男性ファンは、「悔しい思いばかりしてきたので最高です。この日を待っていました」と、興奮気味に話していました。

 パレードのあと中村選手は、「皆さんが喜んでいる姿を見て、やってきたことが間違いではなかったと思いました。来年も全員でパレードをしたい」と2連覇への意気込みを語っていました。
| 雑感 | 17:21 | comments(0) | trackbacks(0) |