<< February 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
今日で最終日
川奈での受験勉強も今日で終わりです。明日は早めに川崎に帰ります。

お陰様で予定通りに勉強出来ました。

当初は10間間で100時間の予定でしたが、愚かにも15時間分の資料を自宅に忘れて来たために、8日間で85時間に変更しました。

最初の2日間は飛ばして13時間も勉強しましたが、3日の朝に起きられなくなり、7時間半の勉強時間に止まりました。

持続が可能でないと意味が無いので、4日目からは無理をしないで10時間程度に押さえました。

車の音も聞こえない環境で誰にも邪魔されないので落ち着いて勉強出来ました。

朝と夕方に温泉に入れたのは、目を覚ましたりリフレッシュしたりする効果がありました。

また、良い天気だったので休憩でベンチに座ってお茶を飲んでましたか、ポカポカしていてやって来る鳥たちをぼんやり眺めている事も、疲れが取れて再びスイッチを入れるのに役立ったと思います。

それと、金柑と橙の収穫が出来たと言う楽しみもありました。

こんなに勉強したのは大学受験以来だと思いますが、58歳と言う年齢を考えれば上出来だったのではないかと自負しています。

試験日まであと10日あまりです。年末年始にインフルエンザにかかって酷い目に合いましたので、健康管理に気を付けて、力が発揮出来る様に頑張りたいと思います。
| 携帯から | 21:09 | comments(0) | trackbacks(0) |
金柑と橙の収穫
今日の川奈は明け方から強い風が吹き昼過ぎまで続いていました。

金柑と橙の収穫は元々から今日しようと思っていましたが、はしごに登って取るので風が強いのでどうしようか迷っていました。

ところが、大変に運が良い事に昼食を摂って1時位に風が止み日も十分に差し始めました。

お陰様で金柑も橙も大収穫です。有難い限りです。

家の金柑は大変に大きいのが特徴ですが、12月に来た時にけっこう取りました。

それでも大小合わせて300個近く取れました。

橙は触ると落ちる位に育っており、こちらも大小合わせて50個程取れました。

我が家では母が金柑をジャムとシロップ煮を作ります。仄かに苦味があり大人の味です。

もちろん、生で食べても美味しく、丸ごと食べられるので手軽にビタミンCが取れます。

橙はマーマレードとだいだいポン酢にします。

橙は酸っぱくてそのままでは食べられません。

しかし、マーマレードはトーストにバターを塗ってマーマレードを付けると市販ジャムに無い風味を感じらます。

だいだいポン酢は、特に鍋物を付けるとやはり風味が何とも言えない位に最高に美味しいです。

母に連絡したら大喜びでした。張り切って加工してくれると思います。

あとはニューサマーオレンジがたくさん実っていて、4月頃の収穫が楽しみです。

また、ふきのとうが頭を出し始めました。2月になったらまた収穫に来たいです。

たくさん収穫できてリフレッシュもできたので、とても良い一日でした。
| 携帯から | 22:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
タイヤのパンク、応急修理材で直すと本格修理が出来ない?
車のタイヤがパンクした際、応急の修理材で補修すると本格的な修理が出来なくなる一方、こうした注意点があまり知られていないため、国民生活センターは自動車メーカーなどに対し、消費者への周知徹底を要望しました。

パンクの応急修理材はタイヤの中に流し込む事でパンクの穴を塞ぐ事が出来るため、スペアタイヤの代わりにも車に付属しているケースが増えています。

その一方で、こうした応急措置をしたタイヤを本格的に修理するには修理材を洗い流す必要があり、場合によっては修理が出来ず、タイヤの交換が必要になるケースもあると言う事です。

しかし、国民生活センターが国内の自動車メーカー8社にアンケートを行ったところ、こうした注意事項を消費者に説明するよう販売会社に促していたのは3社にとどまっていました。

実際、全国の消費センターには、「車に付属している修理材を使ったのにタイヤの修理が出来ないのは納得いかない」と言った相談が寄せられていると言う事です。

このため、国民生活消費センターは、自動車メーカーの販売など5つの業界団体に対し、応急修理材の使用方法や注意事項を消費者に分かりやすく説明するように要望しました。
| 携帯から | 08:44 | comments(0) | trackbacks(0) |
温泉大浴場
今日は「大寒」と言う事ですが、朝の気温は7度あって冷え込みは全く感じませんでした。

しかし、昼前から小雨がパラツキ始め、日も差すなど変な陽気でした。

風も普段は海側から吹いてますが、今日は国道135号線側から強く吹き一日中続いていました。

伊豆の川奈のマンションには温泉大浴場が付設されています。

朝は6時から11時まで、午後からは3時から12時まで入れます。

露天風呂も併設されており、購入当時は毎日入れましたか、燃料の重油が高騰したために、現在では金曜日の午後から月曜日の午前中に制限されています。

それでも露天風呂は気持ちが良いので、入れる時は入る様にしています。

サウナも併設されており、以前はサウナも含めて一時間位のんびり入ったいました。

サウナに入ると身体の毒素が排出される様な気がして、水風呂が何とも心地好くて、大変に気に入っていました。

しかし、ヒートショックが注意喚起される様になってから歳も取ってきたので、今では殆んど入らず入浴時間も30分程度に短縮しました。

そう言う年回りになって来たと言う事ですが、温泉は大好きなので身体に気を付けてこれからも楽しみたいと思います。

暖かくなったらカミさんと水入らずで来たいです。
| 携帯から | 19:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
川奈での1日
受験勉強のために16日から伊豆の川奈に来ています。

朝は6時から温泉大浴場に入れるので、朝一番に入浴する様にしてます。

朝風呂は気持ちが良いです。熱目のお湯に浸かると目もさっばりとします。

7時15分から『べっぴんさん』、30分から『まんぷく』をNHKのBS放送を見るのが私の最近の楽しみになっており、連続テレビ小説を見ながら朝食を摂っています。

その後は勉強です。昼食まで4時間、夕食まで4時間、寝るまで2時間を目安に勉強してます。

疲れますが、温泉に入る事でリフレッシュ出来るのが大変に有難いです。

10日間で100時間勉強する計画を立てましたが、うっかり15時間勉強する予定の資料を忘れでしまったので、2日早く8日間で85時間の勉強で終了になりそうです。

一人で来ているので誰にも邪魔されず順調に勉強が捗り有難い限りです。
| 携帯から | 21:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
勉強三昧
昨日から伊豆の川奈に来ています。

二月に国家試験を受けるので、それに向けての受験勉強のためです。

一人で来ているので誰にも邪魔されず、お陰様で勉強が捗ります。

今回は効率よく100時間勉強するために来ました。

と言うのは、資格試験の合格の目安は100時間の勉強と聞いたからです。

もう既に100時間の勉強時間は過ぎてますが、最後の追い込みに100時間の勉強時間を設定しました。

それにしても、高齢になり覚えの悪さを実感してます。若い人達の3倍は勉強しているのではないでしょうか。

泣き言も言ってられないので、自分を信じて合格に向けて頑張ろうと思います。
| 携帯から | 23:18 | comments(0) | trackbacks(0) |
裁判員制度見直し必要か16日から議論
裁判員制度について、法務省は 16日から専門家や被害者団体の代表らが参加する検討会で、見直しが必要かどうか議論を始めることになりました。

開始からことしで10年になる裁判員制度は、4年前の法改正で審理が著しく長期間にわたる事件を裁判員裁判の対象から外すことができるようになるなどの見直しが行われました。

また、改正法では施行から3年がたつ今月以降、再び運用状況を検討し、必要があれば見直すことになっています。

このため、法務省は16日から裁判官、検察官、弁護士に加え、刑事訴訟法が専門の大学教授や被害者団体の代表など、11人が参加する検討会で、見直しが必要かどうか議論を始めることになりました。

制度をめぐっては、裁判員の候補者に選ばれて呼び出されたにもかかわらず、裁判員を選ぶ手続きに参加しない人が増える傾向にあります。

また、国会では4年前、被告の死刑が想定される事件の扱いや、裁判員の守秘義務の在り方などの検討を求める付帯決議が行われていることから、議論はこうしたことを踏まえて行われる見通しです。
| 携帯から | 18:58 | comments(0) | trackbacks(0) |
JOC竹田会長会見し潔白主張質問受けず8分で打ち切り
 東京オリンピック・パラリンピックの招致をめぐって、フランスの司法当局がJOC(日本オリンピック委員会)の竹田恒和会長を贈賄に関与した疑いで調べている問題で、竹田会長は15日会見を開き改めて潔白を主張しました。

 フランスの裁判所は、東京オリンピック・パラリンピックの招致をめぐる贈賄に関与した疑いで検察当局が竹田会長を捜査した結果を受けて、先月から裁判を開くかどうかを審査する「予審手続き」を進めています。

 竹田会長はすでに疑惑を否定するコメントを出していますが、15日、都内で改めて会見を開き海外のメディアも含めおよそ100人が出席しました。

 会見は30分の予定でしたが、JOCは15日未明になって、フランス司法当局の調査中であることを理由に質疑に応じないと通告し、竹田会長が2016年にJOCの調査チームが実施した報告書をもとに用意した紙を読み上げる形で行われました。

 この中で竹田会長は、贈賄の疑いがもたれているシンガポールの会社に支払ったコンサルタント料およそ2億2000万円について、「報告書では、コンサルタント業務に対する適切な対価だったと結論づけている。私が、シンガポールの会社と、国際陸連の前会長とその息子がいかなる関係だったか知らなかったことも確認している。この会社との契約の締結が日本の法律において違法性はない、と結論づけた」と述べ、改めて潔白を主張しました。

 竹田会長は、先月フランスの担当判事の聴取に応じ、この中で新たな事実は判明しなかったことを明らかにしています。

 竹田会長は会見の中で、「パリでヒアリングに応じてみずからの潔白を説明した。フランス当局に全面的に協力することを通じてみずからの潔白を証明すべく全力を尽くしていく」と述べました。

 竹田会長は記者からの質問には応じず、会見をおよそ8分で打ち切って退席しました。
| 携帯から | 02:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
インフルエンザに感染
昨日の夜から熱が出始め、やはりインフルエンザA型でした。

ゾフルーザと言う1回だけ飲めば良い新薬と熱冷ましをもらって来ました。

タミフルは毎日服用しましか、ゾフルーザは一回こっきりです。

熱冷ましをもらいましたが、5時間開けるように言われており、思うように熱が下がりませんね。
| 携帯から | 15:46 | comments(0) | trackbacks(0) |
ふるさと納税通知守らない自治体は制度対象外に来年6月から
 ふるさと納税制度の見直しをめぐり、総務省は、返礼品の調達価格が寄付額の3割を超えているなど通知を守らない自治体について、来年6月から制度の対象からはずし、寄付をしても税制上の優遇措置が受けられないようにすることになりました。

 ふるさと納税をめぐっては、返礼品の競争が自治体間で過熱し、放置すれば制度の趣旨をゆがめかねないとして、総務省は、返礼品の調達価格を寄付額の3割以下にすることと地場産品を使うことを求める通知を出しています。

 そして、総務省は、通知を徹底するため、来年6月1日から、守っていない自治体をふるさと納税制度の対象からはずすことになりました。

 具体的には、総務大臣の諮問機関である地方財政審議会の意見を聞きながら、通知を守っていると認められる自治体を総務大臣が制度の対象に指定するとしています。

 そのため、指定されない自治体は来年6月以降、制度の対象からはずれ、寄付をしても税制上の優遇措置が受けられなくなります。

 総務省は、先月1日時点で、通知を守っていない自治体は91あるとしていて、制度の見直しに向け、来年の通常国会に地方税法の改正案を提出することにしています。
| 携帯から | 16:25 | comments(0) | trackbacks(0) |