<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
改正個人情報保護法30日に施行
企業などが保有する個人情報を、誰のものか特定できないよう加工すれば、本人の同意がなくても第三者に提供することを認める、改正個人情報保護法が、30日施行されました。

施行された改正個人情報保護法は、企業などが持つ個人情報を、名前や生年月日を削除するなどして誰のものか特定できないように加工すれば、本人の同意がなくても一定の条件の下で第三者に提供することを認めています。

この改正によって、大量の個人情報を「ビッグデータ」として有効活用し、ビジネスチャンスが拡大することが期待されています。その一方で、情報をどこまで加工するかは企業などの自主的なルールに委ねられる部分が多く、ほかの情報などと集約されて個人の特定につながらないか懸念する声も出ています。

また、個人情報の不適切な取り扱いがあった場合、これまではその事業者を所管する各省庁が聞き取りや監督指導を行っていましたが、今後は国の個人情報保護委員会に一元化されます。

個人情報保護委員会は30日から苦情などを電話で受け付けることにしていて、「これまで個人情報が漏れた際などにどこに相談すればいいのか不明確だった面があるが、権限が一元化されたことで、迅速で専門的な対応が可能になる」と話しています。

◇法改正の背景と変更点
個人情報を保護する目的で平成17年に施行された個人情報保護法は、5000人を超える個人情報を扱う事業者に対し、原則として本人の同意のないまま個人情報を第三者へ提供しないことを義務づけていました。

しかし、平成25年にJR東日本が、ICカード乗車券の利用者の情報から名前や連絡先などを除いた年齢や性別、乗り降りする駅などのビッグデータを、利用者に告知しないまま外部に提供していた事案をきっかけに、こうした情報を有効活用するためのルール化が検討されました。

そして、今回の法改正で、名前や生年月日などを削除して個人を特定できないように加工した情報であれば、本人の同意がなくても、一定の条件の下で第三者に提供できるようになりました。

一方、扱っている個人情報が5000人分以下で、法律の適用対象となっていない事業者から個人情報が漏れるケースが目立つといった指摘が出ていました。このため今回の法改正では、中小企業や自治会、それに、マンションの管理組合など、個人情報を扱うすべての企業や団体にも情報管理の徹底が義務づけられることになりました。

また、ベネッセコーポレーションから大量の個人情報が流出した事件などを踏まえ、不正に利益を得る目的で個人情報を漏らす行為に対し、罰則規定が設けられました。

保護の対象となる個人情報として、従来の氏名や生年月日に加え、顔の画像データや指紋、マイナンバーなども明確に位置づけられました。さらに、人種、信条、病歴、犯罪の前科、犯罪被害の情報などを配慮が必要な個人情報として、本人の同意なしに集めることを原則禁止しています。
| 携帯から | 05:33 | comments(0) | trackbacks(0) |
『自殺対策白書』若い世代の自殺に歯止めを
政府が30日に閣議決定した自殺対策白書は、学生や社会人の若い世代の死因の順位で自殺が1位を占め、国際的に見ても深刻な状況だとして、若い世代の自殺に歯止めをかけることを課題として指摘しています。

30日に閣議決定された自殺対策白書によりますと、警察庁の統計で、去年1年間に自殺した人は、前の年より2128人減って、2万1897人で、7年連続で減少し、22年ぶりに2万2000人を下回りました。

白書は、おととしの統計を基に、年齢を5歳ごとに区切った年代別に死因の順位を分析し、15歳から39歳までの5つの年代区分すべてで「自殺」が死因の1位を占めているとしています。こうした状況は先進国では日本のみで、国際的に見ても深刻な状況だと指摘しています。

一方、国際的に見た比較では、人口10万人当たりの自殺者数である「自殺死亡率」で、日本は世界で6番目に高いとしています。

また、年代別の国際比較では、フランスやドイツなどで20代から30代の自殺者数が目に見えて減っているのに対し、日本は減少幅が小さいと指摘し、若い世代の自殺に歯止めをかけることが課題だとしています。

◎自殺対策で医療・福祉など連動、8割超が支持 - 厚労省が白書公表、意識調査結果も
(医療介護CBニュース 5/30(火)16:30配信)

 厚生労働省は30日、自殺対策白書を公表した。自殺者数の動向の分析に加え、自殺対策に関する意識調査の結果を掲載し、8割超の人が、医療、保健、福祉などの施策を連動させて対策を進める必要性を感じていることなどを示している。

 白書によると、全国の自殺者数(警察庁統計)は、1998年から2011年まで3万人台で推移。2012年からは年々減っており、2016年は前年に比べ2128人減少し、22年ぶりに2万2000人を下回った。

 白書では、年齢別の動向も分析しており、40歳代、50歳代、60歳以上は「ピーク時から大幅に低下している」と指摘。一方、20歳未満は「1998年以降おおむね横ばい」、20歳代、30歳代は「ピーク時から低下がみられるものの、減少率は40歳代以上と比べて小さくなっている」としている。

 こうした状況の説明に加え、昨年10月に全国20歳以上の3000人を対象に行った自殺対策に関する意識調査の結果(2019人回答)を掲載。自殺者数の状況について過半数が把握していることや、自殺対策は自分自身に関わる問題だと思う人が3割超いたことに触れ、自殺対策が国民に共有されているとの見解を示している。

 また、▽医療▽保健▽福祉▽教育▽労働−などの施策を連動しつつ、自殺対策を推進する必要があると8割超の人が考えていることを指摘。自殺は、その多くが追い込まれた末の死であるとして、「社会的な取り組みで防ぐことが可能であるという認識を社会全体に広めていくことが必要」としている。
| 携帯から | 17:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
食品ロスを減らそう!賞味期限迫った商品のセール
まだ食べられる食品が廃棄されてしまう、いわゆる食品ロスを減らそうと、東京都内のデパートで、賞味期限が迫った商品を割安な価格で販売する催しが、30日から始まりました。

「食品もったいないセール」と銘打って、東京・上野のデパートが開いたこの催しでは、品質や味に問題がなくても、賞味期限が迫ったために、これまでは廃棄されていた調味料や缶詰などおよそ3500種類、18万点の商品を販売しています。

価格は定価より3割から5割安く、会場には午前中から多くの買い物客が長い列を作り、多くの商品をまとめ買いする人もいました。

食べ残しや売れ残りによって、食品が廃棄される、いわゆる食品ロスは、国の推計で平成26年度は621万トンと、1年前に比べて11万トン減少しましたが、なお、世界の食糧援助の量のおよそ2倍に上っています。

会場には、食品ロスの問題を紹介するパネルも展示され、日本では独特の商慣習が原因で、賞味期限が来る前に商品が撤去されて、販売されないことが多い現状を説明しています。

買い物に訪れた70代の女性は「家族が多いので、まとめて安く買えてうれしい。まだまだ食べられるので、捨てるなんてもったいないです」と話していました。

松坂屋上野店催事担当の斉藤健司さんは「食べられるのに捨てられる食品があることを知ってもらい、改めて食品の大切さを感じてもらいたい」と話しています。

この催しは、来月7日まで開かれています。

◇あの手この手で広がる取り組み
食品ロスを減らすための取り組みは、小売店だけではなく、食品を製造するメーカーの間でも広がっています。

具体的には、大手食品メーカーのキユーピーや味の素が、マヨネーズの一部の商品で製造工程を改良するなどして賞味期限を2か月間延ばし、12か月にしたほか、日清食品は、即席ラーメンの賞味期限を見直し、カップめんを1か月間、袋入りのめんを2か月間延ばしました。

また、大手飲料メーカー各社は、国産の水や缶コーヒーなどの賞味期限の表示を日付単位から月単位に変更することで、期限を延ばす取り組みを行っています。

このほか、大手の豆腐メーカーが日本気象協会と協力して、気温の変化から豆腐の需要を予測して、毎日の製造量を決めるという取り組みも行われています。
| 携帯から | 05:09 | comments(0) | trackbacks(0) |
欧米型の食事死亡リスク低下
 健康に悪いと考えられがちな「欧米型」の食事でも死亡リスクが下がる傾向がみられたという研究結果を、 国立国際医療研究センターや 国立がん研究センターなどの研究チームが24日、発表しました。

魚や野菜などの健康的な食事でもリスクは下がりますが、欧米型では乳製品をよくとることや塩分の少なさが関連している可能性があるという事です。

チームは、新潟や大阪など9府県の45〜74歳の男女約8万人を約15年間追跡し、その間に死亡した人と食事パターンの関連を調べました。

134種の食べ物や飲み物をとった量に基づき点数化して、食事パターンを独自に「健康型」、「欧米型」、「伝統型」に分けました。

「健康型」は、野菜や果物、芋類、大豆製品、キノコ類、海藻、魚、緑茶が多い現代的な 和食のパターンで、これらの食品をとった量ごとに四つに分類しました。

最も多くとったグループと最も少ないグループを比べると、全死亡リスクが約2割、 循環器疾患の死亡リスクは約3割低くなりました。

肉類や加工肉、乳製品、パン、果物ジュース、コーヒーなどを多くとる「欧米型」の中でも、全死亡リスクや、脳卒中などの循環器疾患による死亡リスクは、多くとったほうが約1割低くなりました。

「伝統型」は、ご飯やみそ汁、漬物、魚介類を多くとるパターンで、死亡リスクとの関連はみられませんでした。

成果は、米科学誌プロスワンで発表しました。

調査した国立国際医療研究センターの溝上哲也疫学・予防研究部長は、「野菜や魚などが豊富な和食に、肉や乳製品をほどよくとり入れることが長寿のひけつではないか」と話しております。
| 携帯から | 09:12 | comments(0) | trackbacks(0) |
フジサンケイレディスクラシック
21日から、フジサンケイレディスクラシックが始まりました。

大会会場は川奈ホテルゴルフコースで、家のマンションの隣です。

ロケーションが大変に素晴らしいゴルフコースですが、風が強くその対応も問われる難しいコースと言われております。

土曜日は朝から、川奈ホテルゴルフコースがある県道が、ギャラリーの車で一杯でした。

かつて、男子の大会が行われていた時は、車の通行が禁止になっておりました。

県道が一本しか無いので、外出する時は遠回りしなければなりませんでしたが、マンションの住人の方で歩いてフジサンケイクラシックを見に通っていた方もおりました。

18日と19日が練習ラウンドでしたが、強風のために戦略が立てられなかったと、スポーツ新聞に書いてありました。

ところが、初日の21日と二日目の22日は風が無くて、そのお陰で好スコアがのびたとの事です。

しかし、川奈で3日間風が無いのは考えられません。

家のマンションでも、天気が良くても、海からの風は大変に強く感じます。

果たして、川奈の風は誰に微笑む事になるのでしょうか。

母は、地元(?)だからと言って、テレビの前で応援しております。
| 携帯から | 00:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
たけのこ掘り
毎年恒例のたけのこ掘りをするために、昨日の午後から伊東の川奈に来ております。

今日は朝4時半に起きて、5時からたけのこ掘りを始めました。

今年はたけのこが出るのが例年より遅いと聞いており、大変に心配しておりました。

毎年4月20日前後に川奈に来ており、今年は行くのを遅らせる事も考えました。

しかし、1週間遅らせるとゴールデンウィークになって道路も混んでしまいますので、例年通りにしました。

不安を抱えながら竹林に行きました。

杞憂でした。たけのこはまだ出始めでしたが、地面から元気に顔を出しておりました。

嬉しかったです。一心不乱にたけのこ掘りに励み、1時間弱で30本程の収穫がありました。

大きな立派な物も獲れ、お陰で手足はブルブルガクガクになってしまいましたが、大収穫でニヤニヤは消えません。

母は昨年まではたけのこ掘りをしておりましたが、もう高齢になりましたので、今年からは茹でる事に専念し、庭の蕗を収穫しておりました。

親戚や知人にたけのこを送っておりますが、川奈のたけのこは柔らかくて美味しいと大変に好評で、今年もきっと喜んでくれる事でしょう。

たけのこ掘りの後は、疲れを癒すために、マンションの温泉に入りました。

露天風呂で聞くウグイスの鳴き声は格別でした。
| 携帯から | 07:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
つめたい雨
今日は一日中、冷たい雨でした。

露天風呂に入っていても、首から下は温かいのですが、顔には冷たい風が当たって長くは入っていられませんでした。

一昨日、桜の木が大きくなり過ぎていましたので、木の手入れをしました。

木に登ったりして結構な時間が掛かり、普段使わない筋肉を使ったせいか、腕やふくらはぎを始め、体中が痛いです。

そのために、念入りに温泉に入ったつもりでしたが、なかなか筋肉痛が取れません。

以前も竹の子掘りや庭の作業をしており、温泉に入れば筋肉痛も取れていた様な気がします。やはり、年なのでしょうか。

それと、昨日のうちに金柑の収穫をしておいて良かったです。

先月収穫した残りですので、それ程多くはありませんが、また母が甘煮にしてくれる事でしょう。

来月には、ニューサマーオレンジが収穫出来ると思います。

豊作と言っても可笑しくない程実り、少し早いかも知れませんでしたか、特に大きい物を7個採って見ました。

柑橘類は採って暫く日を置いた方が酸味が取れるそうです。味見が楽しみです。

明日は雨が上がってから、午前中にら川崎に帰ろうと思います。

来月はいよいよ恒例の竹の子掘りです!
| 携帯から | 16:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
さくらの里
伊豆高原の大室山の麓に広がる「さくらの里」に行って来ました。

「さくらの里は」は、9月から5月まで、十月桜、寒桜、兼六園菊桜、染井吉野など40種類3000本が開花する桜の名所です。

今日行ったところ、寒桜と城ヶ崎桜が満開でした。染井吉野より濃いピンクで、遠くから見ても存在感があり、もちろん近くで見てもとても綺麗でした。

早咲きの大島桜は、白い花びらです。

伊東桜も白で、結構白い花びらの桜は多いすが、清楚な感じがして私は好きです。

染井吉野は残念ながらまだ固い蕾で、開花までもう少し時間がかかりそうです。

「さくらの里」では、春には様々なイベントが開催されております。

今日からは、4月1日まで夜はライトアップされるそうです。

以前行った事がありますが、幻想的でとても綺麗でした。

また、ステージでは音楽が催されてとても楽しめました。

帰りに桜並木通りましたが、やはり時季としてはまだ早く、観光客は誰もおりませんでした。

「さくらの里」では城ヶ崎桜が満開でしたので、もしやと思い、富戸港の海岸線に見に行きましたが、残念ながらもう終わっておりました。

これからの桜の季節、色々な名所を訪れて楽しみたいと思います。
| 携帯から | 12:45 | comments(0) | trackbacks(0) |
お弁当・お惣菜大賞2017
今日の朝刊の折り込み広告に、スーパーマーケットのサミットのチラシが入っておりました。

それには、「お弁当・お惣菜大賞2017」があり、とても美味しそうになお弁当とお惣菜の写真が載っておりました。

チラシの説明文によりますと、「お弁当・お惣菜大賞」とは、スーパーマーケットやコンビニ、専門店などで実際に販売しているお惣菜、お弁当、サラダなどの中から、食の専門家で構成された審査員により、特に優れた商品を選出し表彰するものと、あります。

最優秀賞は、全国五万点以上の商品から選ばれた「四元豚のロースかつ重」でした。

他に受賞したお弁当は、「愛媛県産生粋まだいの鯛めし弁当」、「北海ちらし寿司」、「魚介の旨味たっぷりシーフードパエリア」などがあり、お惣菜には、「チェダー香る4種のチーズ入りメンチかつ」、「愛媛県豆あじの南蛮漬」、「こんにゃく麺のトムヤムサラダ」などかあります。

どうも我が家はこう言うのには弱い傾向があり、私もサミットに買い物に行きました。

どれもが美味しそうでしたが、皆で「四元豚のロースかつ重」を食べようと言う事になりました。

しかし、一つ足りませんでしたので、私は「愛媛県産生粋まだいの鯛めし弁当」にしました。

「四元豚のロースかつ重」は、かつが柔らかくてボリュームもたっぷりで、「愛媛県産生粋まだいの鯛めし弁当」は、鯛めしが上品に炊き上げられて卵焼き、荷物や唐揚げがトッビングされており、双方とも美味しく満足しました。

広告の売り出し期間は24日までなので、期間中に今度はお惣菜を買って見ようと思います。実は密かに「チェダー香る4種のチーズ入りメンチかつ」が気になっております。
| 携帯から | 19:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
がんもどきの起源はポルトガルの揚げ菓子
私はがんもどきが好きなのですが、昔から何故がんもどきと言うのだろうと、不思議に思っておりました。

鳥のがん+もどきなのだろうか、がんなんて食べたことないし、一般的な食材でもありませんし。

やっと、解決しました。今日の読売新聞の夕刊の「はじまり考」と言うコラムに紹介されておりました。

それによりますと、戦国時代に伝来したポルトガルの揚げ菓子「フィリョース」が起源との事です。

京都ノートルダム女子大の鳥居本幸代教授によりますと、このお菓子は小麦粉などの生地を油でカラッと揚げ、当時日本で大変に貴重だった砂糖をかけたもので、ドーナツの様な甘い味だったそうです。

江戸時代に日本各地に普及した際、次第に、豆腐やゴボウなどを用いた精進料理の一つへと様変わりした様です。

がんもどきの名は、食べた感じや見た目が雁の肉に似ている事から、江戸時代に定着しました。

京都や大阪など関西圏では、「飛竜頭(ひろうす、ひりゅうず)」などと呼んでおり、フィリョースの名残だと見られております。

中部地方では、がんもどきとひりゅうずの双方が使われている様です。

また、かつては、こんにゃくなどを揚げたがんもどきと言う料理があったそうですが、今は存在しないとの事です。
| 携帯から | 18:01 | comments(0) | trackbacks(0) |