<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
気象庁「洪水警報の危険度分布」情報を避難の目安に

 気象庁が去年から始めた、中小河川の洪水の危険性を予測し地図上で5段階に色分けして示す情報について、「九州北部豪雨」など去年の大雨のデータを基に検証したところ、「最も危険性が高い」と表示された川の7割近くで氾濫などの被害が実際に出ていたことがわかりました。

 気象庁は、遅くとも「2番目に危険性が高い」と表示された時点で避難を検討してほしいと呼びかけています。

 この情報は「洪水警報の危険度分布」と呼ばれ、気象庁が去年7月4日からホームページで公開しています。

 中小河川を中心とした全国のおよそ2万の川について、洪水や氾濫の危険性が高いほうから濃い紫、薄紫、赤、黄色、それに水色の5段階に色分けし、地図上で1キロ四方ごとに表示します。

 このうち、最も危険性が高い「濃い紫」は、洪水や氾濫などの重大な災害がすでに発生していてもおかしくない「極めて危険」な状況を、2番目に危険性が高い「薄紫」は、3時間後までに洪水警報の基準を大きく超え洪水や氾濫が起きる可能性が高い「非常に危険」な状況をそれぞれ示しています。

 この情報について、気象庁が発表開始後に起きた去年7月の「九州北部豪雨」と秋田県の大雨のデータを分析したところ、「濃い紫」が表示された97の川のうち69%に当たる67の川で氾濫や堤防の一部が壊れるなどの被害が実際に出ていたことがわかりました。

 さらに、「濃い紫」が表示される前に氾濫が発生し、すでに避難が困難になっていたケースが複数あった一方、「薄紫」になった時点ではまだ氾濫や浸水が始まっていなかったケースも複数あったことがわかりました。

 このため、気象庁は、遅くとも「薄紫」が表示された時点で避難を検討してほしいと呼びかけています。

 気象庁業務課の高木康伸調査官は、「水位計がないような中小河川では、この情報が危険度を知るための唯一の手段だ。『薄紫』が命を守るための重要な情報なので、避難の目安としてほしい」と話していました。

◇気象庁が検証 「九州北部豪雨」では?
 気象庁は、水位計が設置されておらず、去年7月の「九州北部豪雨」で氾濫した複数の川について、当時、撮影された写真などを基に「洪水警報の危険度分布」の表示と当時の状況を照らし合わせ、検証しました。

 このうち、大分県日田市を流れる小野川では、7月5日の午後3時に「洪水警報の危険度分布」で「薄紫」が表示され始めました。

 この直後、午後3時5分に川のすぐそばの住宅から撮影された写真では、小野川はふだんより水位は上昇しているものの浸水は始まっておらず、川に架かる橋も通れるため、避難できる状態だったということです。

 その後、午後3時30分に「濃い紫」が表示されます。このほぼ同じ時刻に同じ場所から撮影された写真では、川から水があふれて河川敷や住宅のすぐそばが浸水しているほか、橋に濁流が打ちつけて通れなくなっていて、情報が示すとおりに氾濫が発生し、安全に避難するのは難しくなったことがわかります。

 このほか、福岡県朝倉市を流れる赤谷川では当時の記録と照らし合わせた結果「薄紫」が表示されてからおよそ1時間後に、「川の水があふれている」という通報が住民から市役所に寄せられたということです。そのおよそ1時間後に「濃い紫」が表示され始めたということです。

 このため、気象庁は、「濃い紫」が表示されてから避難するのはかえって危険だとして、遅くとも「薄紫」が表示された時点で自治体は避難勧告を出すことを検討してほしいとしています。

 また、仮に避難勧告などが出ていない場合でも、川の近くの住民は「薄紫」になった時点で自主的に避難を検討してほしいと話しています。

◇「洪水危険度分布」早期避難に役立てる自治体も
 避難勧告などを素早く出すために、「洪水警報の危険度分布」を役立てようとする自治体も出てきています。

 このうち、岩手県宮古市は、おととし8月、東北の太平洋側に観測史上初めて上陸した台風10号による大雨で中小の河川が氾濫し、多くの住宅が浸水する被害を受けました。

 これを教訓に市は、去年8月、水位計が設置されていない中小河川について、「洪水警報の危険度分布」で「赤」が表示された場合には川の周辺の地域に「避難準備・高齢者等避難開始」を発表することや、「薄紫」が表示された場合には「避難勧告」を発表するという基準を新たに設けました。

 また、広島県はことし3月から、あらかじめ登録した住民に防災メールで知らせる取り組みを始めました。

 具体的には、登録した市区町村を流れる川で「薄紫」や「濃い紫」が表示された場合、メールで「洪水警報の危険度分布」を見るよう促します。

 一方、この情報をまだ詳しく知らない自治体もあることから、気象庁はさらに周知を進めることにしています。

◇気象庁ホームページに「バナー」
 「洪水警報の危険度分布」は、気象庁のホームページで見ることができますが、本格的な梅雨の時期に入ったことなどを受けて、気象庁は、6月14日、トップページの右側に「この雨大丈夫?そんな時危険度分布」という「バナー」を新たに設けました。

 ここをクリックすると地図が表示され、拡大すると、川の名前や現在の危険性を示す色が表示されます。

 地図の右側には色の示す意味が示されていて、危険性が高い順に「濃い紫」、「薄紫」、「赤」、「黄色」が表示され、危険性の高まりが見られない場合は、「今後の情報等に留意」を示す「水色」が表示されます。
| 環境とまちづくり | 07:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
レスリング 至学館大学が栄監督を解任へ
 レスリングの伊調馨選手などに対してパワーハラスメントを行っていたと認定された日本レスリング協会の栄和人常務理事について、愛知県にある至学館大学の谷岡郁子学長は、大学の部の監督を解任することを明らかにしました。

 日本レスリング協会の栄常務理事は伊調選手などにパワハラを行っていたと認定され、レスリング協会が常務理事の役職を解任する方針を決めています。

 栄常務理事はこの問題が発覚した直後のことし3月以降、公の場に姿を見せていませんでしたが、今月14日、パワハラについて謝罪し、至学館大学のレスリング部の監督については、「選手が望むのであれば、どういう形で携わるのがいいかをゆっくり考えたい」などと述べていました。

 至学館大学の谷岡学長は17日、都内で会見し、「3日前の栄監督の謝罪やその後の対応を見たが、期待外れで反省ができてない」と批判し、監督を解任する方針を明らかにしました。

 谷岡学長は、今月14日から始まった全日本選抜選手権での栄監督について、「選手のセコンドにつこうとしないだけでなく、観客席で応援すると言いながらも友人と昼食を取りに行った」などと、反省の態度が見られないと説明しました。

 谷岡学長によりますと、栄監督の解任については、18日、大学で幹部が集まって会議を開き、正式に決めるとしています。

 谷岡学長は後任の監督について、卒業生の吉田沙保里選手に要請する可能性があるかという質問に対し、「ありうるし、ほかの人もありうる」と述べました。

 また、「二度とこうしたことが起こらないよう、選手、コーチと話し合っていく。選手第1のチーム作りをして必ず東京オリンピックに間に合わせたい」と話していました。
| 事件・事故 | 23:47 | comments(0) | trackbacks(0) |
藤田菜七子がG1騎乗可能な31勝に到達!
 藤田菜七子騎手が、JRA史上初のG1騎乗女性騎手となりました。

◎藤田菜七子がG1騎乗可能な31勝に到達!
 (6月17日 デイリースポーツ)

 連日の勝利で夢への扉を開けた。

 17日の東京3Rでベルクカッツェに騎乗した藤田菜七子騎手(20)=美浦・根本=が、土曜の東京8Rに続いて勝利を挙げ、JRA通算29勝目をマーク。

 JRA所属馬による地方競馬の2勝を含めて31勝に到達し、G1騎乗が可能となった。

 「たくさんの方に31勝のことを言ってもらえるのですが、私自身はそこまで意識していませんでしたし、変わらずに次の1勝を目指してやってきました」と率直な気持ちを伝えつつも、ゴール後、ファンから送られた温かい拍手に、「すごくうれしかったです」と笑顔を見せた。

 来週から減量特典が3キロから2キロに。JRA女性騎手史上初のG1騎乗への意気込みについて改めて聞かれると、「G1はそんなに甘い世界ではないと思っています」と話し、「乗せてもらえるように、これからも騎乗技術を上げていかなければならないと思います」と気を引き締めた。

 師匠の根本師は、「G1に乗れるようになったからと言って簡単に乗せてもらえる訳ではない」と厳しい言葉をかけるが、日々の菜七子を見て「着実に成長している」と目尻を下げていた。

◎菜七子が土日連続VでGIに騎乗可能な勝利数に到達 「2キロ減だとまたちょっと違う部分も出てくると思う。がんばっていきたい」
 (6月17日 サンスポ)

 藤田菜七子騎手(20歳)=美浦・根本康広厩舎所属=が6月17日(日)、東京3Rを自厩舎のベルクカッツェで勝ち、GI騎乗が可能となる通算31勝(JRA通算29勝に、JRA所属馬で挙げた地方競馬での2勝が加算)に到達した。今年のJRAでの9勝目。

 JRA女性騎手初のGI騎乗へ、4戦ぶりに手綱を取った自厩舎のパートナーと直線、力強く抜け出してその扉をこじ開けた。「自厩舎の馬で勝てて良かった。31勝のことは私自身はそんなに意識してなかったし、そんなに甘い世界ではないけど、(GIに)乗せていただけるように技術を上げていきたい」と、大勢のファンの声援に晴れやかな笑顔でこたえた。

 孝行娘から届いた、父の日のビッグなプレゼントに根本調教師も「うまく自分のペースを守って乗っていた。GIに簡単に乗せてもらえるわけではないけど、気持ちの面でも、着実に成長を感じるからね」とうれしそうな表情を浮かべた。

 1年目7勝(うち地方1勝)、2年目15勝(地方1勝)、そして今年が昨年を上回るペースで9勝と、恩師の言葉の通り、着実に実績を積み上げてきたが、そのぶん、厳しい現実も待っている。この日の1勝で、これまで▲3キロだった減量の特典が、来週から△2キロに減ることになる。「2キロ減だとまたちょっと違う部分も出てくると思う。がんばっていきたい」と、冷静に抱負を語ったヒロイン。厳しい世界でその腕を磨き、次は大舞台に立つ夢を実現させる。
| 雑感 | 19:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
12星座、下半期の人間関係運
 6月も半ばとなり今年も半分が過ぎようとしております。後半の運勢はどうなるでしょうか。

◎12星座別【2018年下半期の人間関係運】双子座は苦手だった関係が整理されそう
 (2018年06月16日 08:01 占いTVニュース)

 2018年上半期の人間関係運は、どんな人と付き合うかじっくり考えさせられるときでした。2018年下半期は、11月に木星が蠍座から射手座へと移動することで、行動力が増していきます。人間関係をどんどん発展させていけるでしょう。12星座ごとに2018年下半期の人間関係運をチェックしましょう。


■牡羊座……価値観の違う人と議論をすることで刺激を得る
 2018年上半期は、人に遠慮をして言いたいことが言えない場面が多かったのではないでしょうか。2018年下半期は、一転。自己主張することで、幸運を引き寄せられる運勢です。キーパーソンは、あなたとまったくタイプの違う人。考え方が異なるからこそ、刺激ある付き合いができるのだと気づかされるでしょう。活発に議論できる相手とは、親友になれるはずです。

■牡牛座……年上の人からアドバイスをもらうと幸運に
 人付き合いには、いつも以上に慎重になっていたと2018年上半期。2018年下半期も、無理に人間関係を広げないほうがいい星回りです。キーパーソンとなるのは、年上で落ち着きのある人。経験も知識も豊富な人です。その人と2人だけで食事をしながらじっくり話をすれば、貴重なアドバイスをもらえるでしょう。

■双子座……苦手なタイプとは距離を置ける
 2018年上半期は、そりの合わない人とも付き合わなくてはならず、人間関係に疲れることが多かったはず。しかし2018年下半期は、人間関係が整理されていく運勢です。そりの合わない人とは、うまく距離を置けるでしょう。キーパーソンは、自分の意見をハッキリ言う人。その人と一緒にいると、自然に言いたいことをビシッと言えるようになります。

■蟹座……夢を追う人と親密な関係になれそう
 人が大勢集まる場所にツキのあった2018年上半期。新しい友人がたくさんできたのではないでしょうか。2018年下半期は、新しくできた友人とさらに仲が深まりそうな星回り。キーパーソンは起業を目指している人。その人の話に大いに刺激を受けて、あなたも新たな夢や目標を見つけられるかもしれません。一緒にビジネスをしたくなる可能性も!

■獅子座……合コン好きの友達が縁をつなぐ
 2018年上半期は、人に会うのがおっくうで、家にこもることが多かったのではないでしょうか。2018年下半期は、おこもり状態から脱出。人気運がアップするので、いろいろな人から遊びの誘いがあるでしょう。キーパーソンは合コン好きな人。その人の主催する合コンに行けば、いい出会いに恵まれそう。それにより毎日が張りのあるものとなるでしょう。

■乙女座……女子会の誘いは断らないで
 2018年上半期は、女子会で人との交流を楽しめたのではないでしょうか。引き続き2018年下半期も、女同士の付き合いがクローズアップされていく運勢。キーパーソンは、女友達の多い人。その人にいろいろな女性を紹介してもらうといいでしょう。恋バナから仕事の愚痴まで、本音トークができる女性が、あなたに幸運をもたらしてくれます。

■天秤座……学びの場で、切磋琢磨できる仲間ができる
 本来社交的な天秤座ですが、2018年上半期は大勢の人と付き合うことに疲れを感じていたのではないでしょうか。しかし2018年下半期、人間関係運は活発化していきます。特に学びを通じて人との交流を楽しめそうです。キーパーソンとなるのは、「先生」と呼ばれる人。その人は、あなたに学ぶ楽しさと切磋琢磨できる仲間をもたらしてくれるでしょう。

■蠍座……離れていく人のことは放っておいて
 2018年上半期は人気運が上昇し、いろいろな場所で多くの人に注目されることが多かったはず。2018年下半期は、運気に陰りが……。これまであなたを取り巻いていた人たちが、1人2人と減っていきそうな暗示があります。キーパーソンは、長い付き合いの友達。その人さえそばにいてくれれば、ほかの人が離れていってもかまわないとドーンと構えていられるでしょう。

■射手座……11月から人間関係が活発化
 1人の時間を満喫した2018年上半期ですが、2018年下半期は、いろいろなタイプの人と交流していく機会がめぐってくる予感です。キーパーソンは、活発なリーダータイプの人。その人は、あなたを無理やりにでも社交の場へ連れ出すでしょう。特に、木星が射手座入りする11月は、大勢の仲間との会話を楽しみ、有意義に過ごすことがグンと増えるはず。

■山羊座……ネットでの交流に注目
 2018年上半期は、神経をすり減らしながらも、付き合わざるを得なかった相手がたくさんいたでしょう。2018年下半期、運勢は穏やかになります。嫌な相手との関係は自然消滅していく予感。キーパーソンとなるのは、ネット上で出会った人。SNS、ゲームなどを通じて人とあたたかなやりとりをすれば、人間関係の疲れが癒やされるはずです。

■水瓶座……趣味仲間と過ごすとラッキー
 仕事上の人間関係の悩みがつきなかった2018年上半期。2018年下半期も引き続き、その悩みで心がモヤモヤしそうです。しかし、あなたをピンチから救ってくれる人がいます。それは、趣味仲間。定時になったらさっさと職場を後にし、みんなと趣味を楽しめば、リフレッシュ! 悩みを忘れ、前向きな気持ちになれるでしょう。

■魚座……ライバルからパワーをもらえる
 2018年上半期は、活発化する運勢の中、一緒にいて心から楽しいと思える人との出会いがたくさんあったはず。2018年下半期の人間関係運は、よくも悪くも刺激的。キーパーソンは、仕事上のライバルです。こいつさえいなければと思うことも多々あるかもしれません。しかし、ライバルはいつしかあなたにパワーを与えてくれる存在になるでしょう。

 人は常に誰かとの関わりの中で生きています。ときには、人間関係に悩むこともありますが、そこからも学びがあるはずです。2018年下半期は、刺激を与え合える人との出会いが、多くの人にもたらされるでしょう。

 (紅たき)
| 雑感 | 14:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
12星座別【2018年下半期の全体運】
 6月も半ばとなり今年も半分が過ぎようとしております。後半の運勢はどうなるでしょうか。

◎12星座別【2018年下半期の全体運】射手座はいよいよ夢が形になるとき!
 (2018.6.11 占いTVニュース)

 いよいよ2018年も後半。占星術的には、すでに5月の天王星の星座移動から、2018年下半期に向けての変化がはじまっています。もう1つのトピック、11月の木星の星座移動にも注目しながら、12星座それぞれに2018年下半期の全体運をみてみましょう。

■牡羊座……11月以降の出会いに期待
 2018年の春の山を越えてから、ホッとしたというより、気が抜けてしまったかもしれません。多少のプレッシャーがあるほうが生き生きと過ごせる牡羊座は、生まれながらの戦士なのでしょう。けれど、戦士にも休息とご褒美が必要です。下半期は、これまで頑張ってきたご褒美を受け取る期間となります。とくに11月以降、ステキな出会いも期待できます。

■牡牛座……いつのまにか主役に
 2018年上半期は、牡牛座はかなり頑張ったでしょう。新しいことにも挑戦して、少し自信もついたはず。2018年下半期は、牡牛座が主役になる機会が増えていきます。仕事の場で、友達のグループで、今までどちらかというと目立たない存在だった牡牛座が、人前に立って話したり、発表したりパフォーマンスしたりするのです。主役の牡牛座は、輝いています。

■双子座……自分の道を歩きはじめる
 2018年上半期は、だんだん後半に近づくにしたがって、エンジンが上がってきた実感があるでしょう。下半期は、さらにドラマチックな出来事が待っています。いつもはつい周りに合わせてしまう双子座ですが、人と違う自分をアピールできるようになっていきます。誰とも違う自分の夢、自分の希望、そして自分の道をしっかりと歩きはじめるのです。

■蟹座……NOと言える蟹座になる
 2018年上半期は、人との関わりでいろいろと学ぶことがあったでしょう。下半期はさらにもっと踏みこんで、相手と自分の関係を主体的に作っていくことがテーマになります。優しく面倒見がいい蟹座は、頼まれると断れないこともあったはず。でもこれからは、NOと言える蟹座になります。恋愛でも友人でも、付き合う相手は、自分で選ぶのです。

■獅子座……自立して新しい環境への一歩
 2018年上半期は、どちらかというと自分を甘やかしがちだったでしょう。でも、もう心の中では気づいているはずです。本当の意味で自立しなければならないのだと。2018年下半期は、いろいろなことに自分からチャレンジしていく期間となります。試行錯誤のひとつひとつが、自立への一歩。11月以降には、新しい自分になっていきいきと活躍しているでしょう。

■乙女座……いろいろな意欲が高まる
 2018年上半期は、それなりにおだやかに過ごすことができていたでしょう。もともと欲が少ない乙女座ですが、2018年下半期は、いい意味で、いろいろな欲が出てきます。シングルの人は結婚に向けて具体的に行動してみようと思うようになり、仕事では、もっとスキルを生かせる場に行きたいと考えたり。前向きに積極的に生きたいと思うようになるでしょう。

■天秤座……仲間と一緒に笑って過ごせる
 2018年上半期はいろいろな意味で大きく成長しました。責任を感じるようなお役目もあったでしょう。2018年下半期は、肩の力を抜いて楽しめる期間となります。楽しい誘いや、うれしいイベント、ワクワクするような出来事があるでしょう。何より一緒に楽しんでくれる仲間がいることが一番うれしいのです。年末のイベントや旅行は今から準備しておきましょう。

■蠍座……本当の自分を認められるようになる
 2018年上半期は、人に優しくなれた期間だったでしょう。パートナーや家族など身近な人との絆が、試行錯誤しながら深まってきました。そんな中で、自分自身も知らなかった自分に出会えたはず。2018年下半期は、もっともっと正直な自分が出てきます。優しい自分、甘えたい自分、弱い自分、それを認めて受け入れようと思える自分。大きく成長できるときです。

■射手座……いよいよ夢が形になるとき!
 射手座の2018年上半期は、何もしないまま過ぎてしまったと感じているのではないでしょうか。客観的にみればいろいろあったはずなのですが、印象に残っていないのでしょう。これまでは射手座にとっては準備期間だったのです。本番は下半期。特に11月以降は、いよいよ射手座にスポットライトが当たります。夢が形になるときがやってくるのです。

■山羊座……目標に向かって着実に進んでいく
 2018年上半期は、誰かのために何かをしていたことが多かったでしょう。家族や同僚の困りごとの尻ぬぐいは大変だったでしょう。でももう大丈夫。2018年下半期は、余計な邪魔が入らずに、打ち込める環境が整います。自分が何をしたいのか、何を目標としているのか。今、あらためて考えてみることも必要でしょう。その目標に向かって歩いていくのですから。

■水瓶座……心の重荷が外れてすっきり
 2018年上半期は、いろいろな人に頼りにされて、力を貸してあげることが多かったでしょう。親切すぎると言われることもあったかもしれません。2018年下半期は、リラックスして自然体で楽しく過ごせるでしょう。また、長年抱えていた問題が無事解決する暗示もあります。心の重荷が外れて、晴れ晴れとした気持ちで過ごせる、気持ちのいい期間となるでしょう。

■魚座……チャンスをつかんで大きく成長
 2018年上半期は、のんびりやの魚座が、かなり頑張ったでしょう。2018年下半期も引き続き、いろいろな場面で注目される機会が多くなりそうです。半年前には無理と思ったことが、半年後にはできるようになっています。今まさに大きく成長するときなのです。11月にはさらに大きなチャンスがやってきます。それまでに少しずつ準備をしておきましょう。

 西洋占星術による占いは、人生の台本のようなものです。台本通りの作品=人生になるかどうかは、監督次第です。もちろん、監督とはあなた自身の意思です。

  (高橋桐矢)
| 雑感 | 09:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
松井珠理奈が悲願の初女王に
 アイドルグループ「AKB48」の53枚目のシングルを歌う選抜メンバーを決める「AKB48 53rdシングル 世界選抜総選挙(第10回AKB48世界選抜総選挙)」の開票イベントが16日、ナゴヤドーム(名古屋市東区)で開催されました。

 速報2位の松井珠理奈(SKE・S)が、地元名古屋で悲願の初女王に輝きました。 松井は獲得票数19万4453票を集め、2位須田亜香里に約4万票差をつける圧勝で、3位は宮脇咲良が入りました。速報1位の荻野由佳は4位に失速しました。

◎【第10回AKB総選挙】SKE48松井珠理奈、地元・名古屋で悲願の初の女王に 速報2位から逆転で“三冠”達成
 (2018年06月16日 21:13 ORICON NEWS)

 人気アイドルグループ・AKB48の53rdシングル(タイトル未定・9月発売)を歌う選抜メンバーをファン投票で決める『第10回AKB48世界選抜総選挙』がナゴヤドームで開票され、19万4453票を獲得した地元SKE48の松井珠理奈(21)が10回目の出馬で初めて女王の座に輝いた。

 前田敦子(第1・3回)、大島優子(第2・4回)、指原莉乃(第5・7・8・9回)、渡辺麻友(第6回)に次ぐ5人目の女王となり、同時に10年連続で総選挙の選抜入りという前人未到の大記録も達成した。

 「誰が1位になっても初の女王」という第1回以来の波乱必死の総選挙を制したのは、地元・名古屋の絶対的なシンボル・珠理奈だった。

 過去2年続けて3位だったが、自分の上にいた指原莉乃と渡辺麻友が今年の総選挙では不在のため、圧倒的な本命と見られていた。

 しかし、速報ではNGT48の荻野由佳(19)に2万票差以上もつけられる苦しいスタートになった。

 SKE48劇場で速報結果を聞いた直後も、いつも通り明るく強気な言葉でファンを元気づけた珠理奈だが、後輩の北川綾巴から言葉をかけられると、思わず涙があふれ出た。

 追いかける立場から、初めて本命と見られるようになった今回、「1位になれなかったら…。私が10年間築き上げてきたものが崩れてしまいそうで、とても怖いです」(『総選挙ガイドブック』より)と本音も漏らしていた。

 そんな不安を乗り越え、地元・名古屋でファンとともに迎えた歓喜の瞬間。数少ない第1回からの皆勤賞で、史上初の10回連続選抜入りも成し遂げ、SKE48の10周年イヤーに唯一の1期生として最大級の花を添えた。

 2013年には第4回じゃんけん大会で優勝し76文字ものタイトル曲「鈴懸なんちゃら」センターを獲得。

 2015年の“楽曲版総選挙”『AKB48リクエストアワー セットリストベスト100』では、同曲が対象1035曲の1位となった。

 今回の総選挙1位で、AKBグループ主要イベントでの“三冠女王”となった。

 名古屋城を建てた徳川家康の名言「願いが正しければ、時至れば必ず成就する」を見事に体現し、世界選抜のセンターに立つ三冠女王・珠理奈が、11年目のSKE48だけではなく、これからのAKBグループをさらに大きくしていくだろう。

 同選挙にはAKB48および姉妹グループに所属する339人が立候補。5月29日からスタートしたファン投票によって、53rdシングルの表題曲のセンターや選抜16人、カップリング曲を歌う「アンダーガールズ」(17〜32位)、「ネクストガールズ」(33〜48位)、「フューチャーガールズ」(49〜64位)、「アップカミングガールズ」(65〜80位)、「第10回世界選抜総選挙記念枠(仮)」(81位〜100位)がそれぞれ決定した。

◆松井珠理奈(まつい・じゅりな)
 1997年3月8日生まれ、愛知県出身。2008年10月に1期生としてSKE48に加入、直後のAKB48の10thシングル「大声ダイヤモンド」でセンターに大抜てきされた。ドラマ『豆腐プロレス』をきっかけにプロレスに魅了されてファンを公言し、2017年12月には「2017年度プロレス大賞」特別賞を受賞した。過去の総選挙は第1回から19位→10位→14位→9位→6位→4位→5位→3位→3位。

◇順位 得票数 名前 (所属・チーム)

■選抜メンバー

第1位 194,453票 松井珠理奈(SKE48 Team S)
第2位 154,011票 須田亜香里(SKE48 Team E)
第3位 141,106票 宮脇咲良(HKT48 Team KIV)
第4位 81,629票 荻野由佳(NGT48 Team NIII)
第5位 75,067票 岡田奈々(AKB48 Team 4)
第6位 67,465票 横山由依(AKB48 Team A)
第7位 62,611票 武藤十夢(AKB48 Team K)
第8位 53,998票 大場美奈(SKE48 Team KII)
第9位 51,620票 矢吹奈子(HKT48 Team H)
第10位 50,175票 田中美久(HKT48 Team H)
第11位 48,671票 惣田紗莉渚(SKE48 Team KII)
第12位 48,100票 高橋朱里(AKB48 Team B)
第13位 47,458票 向井地美音(AKB48 Team A)
第14位 46,837票 吉田朱里(NMB48 Team M)
第15位 45,688票 古畑奈和(SKE48 Team KII)
第16位 39,241票 本間日陽(NGT48 Team NIII)

■アンダーガールズ(17位〜32位)

第17位 38,399票 松村香織(SKE48 Team KII)
第18位 37,773票 高柳明音(SKE48 Team KII)
第19位 36,127票 小嶋真子(AKB48 Team K)
第20位 33,970票 白間美瑠(NMB48 Team M)
第21位 33,962票 奈良未遥(NGT48 研究生)
第22位 33,863票 岩立沙穂(AKB48 Team B)
第23位 33,012票 太田夢莉(NMB48 Team BII)
第24位 32,096票 西潟茉莉奈(NGT48 Team NIII)
第25位 31,359票 小栗有以(AKB48 Team 8)
第26位 31,111票 田島芽瑠(HKT48 Team H)
第27位 30,249票 北川綾巴(SKE48 Team S)
第28位 29,713票 荒井優希(SKE48 Team KII)
第29位 29,413票 菅原茉椰(SKE48 Team E)
第30位 29,305票 加藤美南(NGT48 Team NIII)
第31位 29,235票 福岡聖菜(AKB48 Team B)
第32位 29,020票 峯岸みなみ(AKB48 Team K)

■ネクストガールズ(33位〜48位)

第33位 28,024票 谷口めぐ(AKB48 Team B)
第34位 27,648票 小畑優奈(SKE48 Team KII)
第35位 27,607票 江籠裕奈(SKE48 Team KII)
第36位 26,710票 加藤玲奈(AKB48 Team A)
第37位 26,701票 中井りか(NGT48 Team NIII)
第38位 26,363票 大西桃香(AKB48 Team 8)
第39位 26,202票 チャープラン(BNK48 Team BIII)
第40位 25,977票 渕上舞(HKT48 Team KIV)
第41位 25,458票 川本紗矢(AKB48 Team 4)
第42位 25,261票 内山命(SKE48 Team KII)
第43位 25,244票 西村菜那子(NGT48 研究生)
第44位 25,045票 佐々木優佳里(AKB48 Team B)
第45位 24,940票 末永桜花(SKE48 Team E)
第46位 24,331票 熊崎晴香(SKE48 Team E)
第47位 24,298票 坂口渚沙(AKB48 Team 8)
第48位 24,272票 朝長美桜(HKT48 Team KIV)

■フューチャーガールズ(49位〜64位)
 
第49位 24,228票 倉野尾成美(AKB48 Team 8)
第50位 23,754票 小田彩加(HKT48 Team TII)
第51位 23,373票 竹内彩姫(SKE48 Team KII)
第52位 22,662票 込山榛香(AKB48 Team K)
第53位 22,292票 太野 彩香(NGT48 Team NIII)
第54位 22,102票 内木志(NMB48 Team N)
第55位 22,050票 松岡菜摘(HKT48 Team H)
第56位 21,910票 一色嶺奈(SKE48 Team S)
第57位 21,818票 渋谷凪咲(NMB48 Team M)
第58位 21,798票 岡部麟(AKB48 Team 8)
第59位 21,606票 鎌田菜月(SKE48 Team E)
第60位 21,519票 小田えりな(AKB48 Team 8)
第61位 21,437票 駒田京伽(HKT48 Team H)
第62位 21,416票 太田奈緒(AKB48 Team 8)
第63位 21,387票 田中菜津美(HKT48 Team H)
第64位 21,332票 中村歩加(NGT48 研究生)

■アップカミングガールズ(65位〜80位)

第65位 21,323票 後藤萌咲(AKB48 Team A)
第66位 21,196票 松岡はな(HKT48 Team TII)
第67位 21,182票 高倉萌香(NGT48 Team NIII)
第68位 21,082票 高畑結希(SKE48 Team E)
第69位 20,913票 小熊倫実(NGT48 Team NIII)
第70位 20,654票 山口真帆(NGT48 Team NIII)
第71位 20,321票 本村碧唯(HKT48 Team KIV)
第72位 20,106票 ミュージック(BNK48 Team BIII)
第73位 19,371票 秋吉優花(HKT48 Team H)
第74位 19,341票 瀧野由美子(STU48)
第75位 19,009票 久保怜音(AKB48 Team B)
第76位 18,818票 日高優月(SKE48 Team KII)
第77位 18,563票 長谷川玲奈(NGT48 Team NIII)
第78位 18,377票 岡田美紅(SKE48)
第79位 18,359票 城恵理子(NMB48 Team BII)
第80位 18,265票 青木詩織(SKE48 Team KII)

■第10回世界選抜総選挙記念枠(81位〜100位)

第81位 18,062票 植木南央(HKT48 Team KIV)
第82位 17,656票 本田仁美(AKB48 Team 8)
第83位 17,558票 豊永阿紀(HKT48 Team H)
第84位 17,557票 運上弘菜(HKT48 Team KIV)
第85位 17,351票 下野由貴(HKT48 Team KIV)
第86位 17,277票 加藤夕夏(NMB48 Team M)
第87位 17,258票 坂本愛玲菜(HKT48 Team TII)
第88位 17,067票 大森美優(AKB48 Team 4)
第89位 17,027票 谷真理佳(SKE48 Team E)
第90位 16,594票 村瀬紗英(NMB48 Team BII)
第91位 15,699票 山田野絵(NGT48 Team NIII)
第92位 15,619票 山内瑞葵(AKB48 Team 4)
第93位 15,618票 水野愛理(SKE48 Team KII)
第94位 15,574票 篠崎彩奈(AKB48 Team A)
第95位 15,174票 山田菜々美(AKB48 Team 8)
第96位 15,149票 栗原紗英(HKT48 Team TII)
第97位 15,107票 馬嘉伶(AKB48 Team 4)
第98位 14,985票 上西怜(NMB48 Team BII)
第99位 14,537票 石田千穂(STU48)
第100位 14,488票 大家志津香(AKB48 Team B)
| 雑感 | 00:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
静岡・伊東市の前市長を収賄容疑で逮捕へ
 静岡県伊東市の前の市長が、ホテルの跡地を市で買い取る約束をした見返りに、跡地を所有する建設会社の役員から現金1000万円を受け取った疑いがあるとして、警視庁は、収賄の疑いで逮捕状を取り、16日にも逮捕する方針です。

 収賄の疑いが持たれているのは、静岡県伊東市の佃弘巳前市長(71)です。

 警視庁によりますと、佃・前市長は、市長在任中の平成27年、地元の建設会社が所有する、市内にあるおよそ4000平方メートルのホテルの跡地を市で買い取る約束をした見返りに、建設会社の役員から現金1000万円を受け取った疑いが持たれています。

 ホテルの跡地は、平成26年に地元の建設会社がおよそ4800万円で購入し、翌年、市に2億円余りで売却されています。

 市の議事録などによりますと、この契約は前市長みずからが指示して進めたもので、市は生涯学習施設を建設するために土地を購入したと説明していましたが、土地は現在もさら地のままになっています。

 警視庁は、前市長が土地を市で購入する見返りに、建設会社の役員から現金を受け取った疑いがあるとして、収賄の疑いで逮捕状を取りました。

◎前伊東市長を逮捕へ=1千万円収賄容疑−ホテル跡地取得見返りか・警視庁
 (6月16日 時事通信社)

 静岡県伊東市が2015年に取得したホテル跡地をめぐり、売り手業者側から現金約1000万円を受け取った疑いが強まったとして、警視庁捜査2課は16日、収賄容疑で逮捕状を取っていた佃弘巳前市長(71)=同市=を任意同行した。取り調べを始め、容疑が固まり次第、逮捕する。

 跡地を売却した伊東市の不動産会社の役員も贈賄容疑で逮捕する方針。

 警視庁は他にも仲介役が関与しているとみて、資金の流れや土地取得の詳しい経緯を調べる。 

 捜査関係者によると、佃前市長は現職だった2015年ごろ、この不動産会社が所有していた同市桜木町の「伊東マンダリン岡本ホテル」(廃業)の跡地約4000平方メートルを市が購入する見返りとして、同社の役員から現金約1000万円を受け取った疑いが持たれている。
| 事件・事故 | 20:12 | comments(0) | trackbacks(0) |
将棋 藤井聡太七段 15歳の素顔に迫る

 高校生の将棋棋士、藤井聡太七段(15)がNHKの単独インタビューに答えました。どのような高校生活を送っているのか、これまでの快進撃をどう評価しているのか。自身の言葉で今の思いを語ってくれました。

◇勝ち負けにはこだわらない
 プロになって以来、住んでいる愛知県瀬戸市から東京や大阪に出向いて対局を続けている藤井七段。インタビューは対局後に行われました。

Q ふだん対局を終えて、まず真っ先にこれがしたいって思うことはあるんですか。

A 対局が終わったあとですと、やはりまだ対局中の余韻というものが残っていて、その対局についてもっと深く掘り下げたいっていう気持ちが強いですね。

Q 対局の前に必ずすること、願かけのようなものもあるんですか。

A 私の場合、ルーティーンワークみたいなものはないので、ふだんどおり臨めればいいかなといつも思っているんですけど。

Q 必ず、前夜はこれを食べるとか、朝はこれを食べるとか、そういうのはないですか。

A そうですね、あまりそういうこだわりは特になくて。

Q よく自然体という言葉をお使いになりますが、自然体というのが藤井さんの中で大事なものなんですか。

A そうですね。いつも変わらない気持ちで盤に向かえればいいかなと思っています。

Q プレッシャーのようなものは感じないですか。

A そうですね。やはり勝ち負けにこだわりすぎてしまうとよくないかなと思っているので。あまりそういうことを考えずに、盤上の最善手を真摯に追求するということが、結果的に勝ちにもつながることなのかなと思っているので。

Q 対局中は勝ちというよりは、次の一手をどうするかに集中しているということですか。

A そうですね、どうしてもやっぱり勝ちたいとか、そういった気持ちは入ってしまうんですけれど、なるべく盤上のほうに集中してと思っています。

◇ここまでの点数は?
 前人未到の公式戦29連勝、最年少での棋戦優勝に七段昇段と、さまざまな記録を塗り替えてきた藤井さん。自身の快進撃をどう捉えているのでしょうか。

Q おととしプロになられて、一気に階段を駆け上っているなという印象を感じますが、ここまでの棋士としての人生を振り返っていかがですか。

A プロになってから1年半ですけれども、これほど結果を残せるというふうには考えてなかったですが、むしろプロになった当初は不安な気持ちというのも大きかったので、ここまで来られたというのは、本当に自分の思っていた以上の結果が出せたかなと思うんですけど。その一方で、トップ棋士との対戦でまだまだ甘さを感じる部分もあるので、そういったところはこれから埋めていけたらと思っています。

Q 100点満点でいうと何点ですか。

A うーん、そうですね。やはり満点とはいかないんですけれども、80点といったところでしょうか。プロになってから、実力的にも成長できたところがあったかなというふうに思うので。

Q どういったところで成長を感じるんですか。

A そうですね、形勢判断といって、局面のよしあしを判断するというところで、そのあたりで以前より正確な判断ができるようになったかなというふうに感じています。

Q プロになってから将棋に対する向き合い方は変わったんですか。

A やはりプロになると、対局を多くの方に見ていただけるようになるので、いい内容の将棋を指したいという思いが強いです。自分の将棋を見ている方に楽しんでいただけたらというふうに思っていますし、もちろん自分も少しでも最善を追求して、それに近づけたらという気持ちがプロになってからはより強いです。

Q 逆にプロになっても変わらない、大切にしていることはあるんですか。

A ああ、はい。やはり変わらない部分のほうが多いといいますか、それがほとんどなんですけど、ふだんの将棋への取り組みというのは本当に今までと変わらないです。

Q プロになって将棋が職業となりましたが、そこで重みになったり、苦しいと思うことはないですか。

A うーんそうですね、自分自身はやはり、プロになったことで将棋に対する意識というのは本当に変わっていなくて、本当にプロになる前からずっと変わらないという感じです。

◇授業をしっかり聞くことを大切に
 藤井七段はことし4月に高校に進学。学校生活や学業との両立についても聞きました。

Q 高校の授業を休まないといけない時は、どういうふうに勉強に追いついているんですか。

A そうですね、やはりふだん学校で授業をしっかり聞くというのをいちばん大切にしています。

Q 学校生活は楽しいですか。

A いいリフレッシュというか、新しいものに触れることもできますし、いい影響を与えているのかなと。家で将棋ばかりしていると、どうしても発想に行き詰まってしまうとか、そういったこともあるので、学校での時間も大切なものかなというふうに感じています。

Q お友達とはどういう会話をされるんですか。

A あんまり将棋の話はしないですね。本当にたあいもない話ばかりですけど、私は鉄道が趣味ですので、そういった話とかも多いですね。

Q 好きな科目、嫌いな科目はありますか。

A そうですね、好きな科目は数学ですかね。

Q 理由は何ですか。

A なんていうか、答えがはっきり定まるところが合っているのかなと思います。

Q それは将棋とつながるところですか。

A 将棋も突き詰めれば、必ず1つの結論というのがあるんですけど、難しすぎて、もちろんそこにはそうそうたどり着けないですけど。もしかしたら、つながりというのはあるのかなと思います。

Q 学業との両立はできていると思いますか。

A そうですね、今のところは、いい感じでやれているのかなと。

Q 成績はどうですか、高校入って2か月ぐらいですが、追いついていけているという感覚がありますか。

A ああそうですね、だいたいの教科でしっかりできているかなと思います。

◇「盤上の景色の変化を体感したい」
 藤井七段は現在、「王座戦」など3つのタイトル戦で、挑戦者を決める対局に勝ち進んでいます。タイトルの「挑戦」や「獲得」が早くも現実味を帯びてきました。

Q これからずっとプロ棋士の人生が続いていきますが、どんどん強くなったその先に何があるんですか。

A そうですね、やはり強くなることによって、盤上に見える景色っていうのはどんどん変わってくると思うので、それを自分の目で体感したいという気持ちが強いです。今の自分には思いつかない、考えの至らない手っていうのは本当にまだたくさんあると思うので、強くなると、そういったものが見えてくるんじゃないかなと思っています。

Q 最後に、タイトルに向けては、どのように思っていらっしゃいますか。

A プロになった当初はタイトルは遠い目標のように感じられたんですけど、プロになってからの1年半で、いろいろな対局を重ねる中で、タイトルへの距離というのが見えてきた部分もありますので、さらに強くなることによって、その距離を少しでも縮めて行けたらと思っています。今の段階では挑戦といったことは意識せずに、目の前の一局に全力を尽くしていきたいと思っています。

Q プロ棋士になって、これだけは常に持っていようという思いは何かありますか。

A そうですね、やはり将棋に対しての探究心、好奇心というもの、ほんとうにこれは将棋を始めたころから感じていたものなので、この気持ちは忘れずに大切にしていきたいなと思っています。
| - | 13:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
医療費未払い 再入国を拒否
 訪日客の増加を受け、けがや病気で病院を受診した外国人患者が医療費を支払わないケースが続出しています。一人の未払い額が数百万円にのぼる例もあり、病院経営への影響を危惧する声も出始めました。2020年東京五輪・パラリンピックを控え、訪日客数が増えれば混乱はさらに深まる恐れもあります。

◎医療費未払いの外国人、再入国拒否へ 訪日客で後絶たず
 (2018年06月14日 21:19 朝日新聞デジタル)

 医療費を支払わない外国人観光客が後を絶たない問題を受けて政府は、再び未払いになる恐れがある外国人の再入国を拒否することを決めた。

 訪日外国人の医療の課題を議論してきた政府のワーキンググループが14日、総合対策に盛り込み、公表した。

 今年度中に連絡体制などを整え、2019年度中に始める。

 再入国を拒否する金額の基準は、海外の事例や国内の実態調査をふまえて決める。英国は、再入国拒否の対象を、500ポンド(約7万4千円)以上の未払いがある人としているという。

 厚生労働省が、全国の医療機関から訪日客の未払い情報を集めて法務省に伝える。

 法務省は、そのリストに載った人から入国申請があれば厳格に審査する。

 基準額を超せば一律に入国拒否するか、他の条件も考慮するかは今後検討するが、現行の出入国管理法を適用していくという。

 厚労省によると、外国人を受け入れた全国1378病院のうち、2015年度に外国人受診者の医療費未払いを経験した医療機関は35%。

 増える訪日客が予期せぬ病気やけがをした際、適切な医療を提供し続けられるように、と政府が総合対策を検討してきた。

 ほかに、公的医療保険が使えず自由診療となる外国人の医療費の価格設定の考え方について、厚労省の検討会で今年度中にまとめることや、日本語が通じない患者への対応の充実も総合対策に盛り込んだ。

 受診受け付けから医療費の支払いまで対応できるタブレット端末の地域の拠点病院への配布を来年度以降に進める。

 医療通訳については、一定の質を担保するため認定制度をつくる方針だ。
| 政策 | 10:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
北朝鮮メディア「拉致問題解決済み」
 北朝鮮国営の対外向けラジオは、今月12日の米朝首脳会談でトランプ大統領が拉致問題を取り上げて以降、初めて拉致問題に触れました。

 このなかで、「すでに解決された」とする従来の主張を繰り返し、日本政府をけん制しています。

 北朝鮮の国営メディアを分析しているラヂオプレスによりますと、15日夜、国営の対外向けラジオ、ピョンヤン放送が日本に関する論評を伝えました。

 このなかで、「日本はすでに解決された拉致問題を引き続き持ち出し、自分たちの利益を得ようと画策している」として、「拉致問題は解決済み」という、従来の主張を繰り返しました。

 そのうえで、「国際社会が一致して歓迎している朝鮮半島の平和の気流を必死に阻もうとしている」と指摘し、日本政府を非難しました。

 今月12日にシンガポールで開かれた米朝首脳会談で、トランプ大統領が拉致問題について取り上げて以降、北朝鮮の国営メディアが「拉致問題は解決済み」という従来の主張を示したのはこれが初めてで、日朝首脳会談も視野に北朝鮮との直接対話に向けた調整を続けていくとする日本政府をけん制しています。

◇キム委員長 習主席の誕生日祝う書簡送る
 北朝鮮国営の朝鮮中央テレビは15日夜、キム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長が、15日に65歳の誕生日を迎えた中国の習近平国家主席に祝賀の書簡を送ったと、伝えました。

 キム委員長が習主席の誕生日に合わせて祝賀のメッセージを送ったことが伝えられたのは、5年ぶりです。

 書簡では、「血で結ばれた両国の友好を大切にして発展させていくことはわが党と人民の確固たる意思だ」と強調しています。

 北朝鮮は、今月12日に米朝首脳会談が開かれたシンガポールに、キム委員長が中国の航空会社の専用機で訪れるなど、中国を後ろ盾にする姿勢を鮮明にしていて、習主席の誕生日を祝う書簡の公開は、急速に接近する両国の関係を反映しています。
| 政策 | 05:55 | comments(0) | trackbacks(0) |