<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
クラス全員が担任教師の懲戒免職求め嘆願書 山口の県立高校
 山口県の県立高校で1年の男子生徒が、担任の教諭からバリカンで丸刈り頭にされたり、授業中に「ばか」などと何度もいわれたりしたと訴え、同調したクラスの全員が教諭を懲戒免職にするよう求めて嘆願書を提出していたことが分かりました。

 山口県の県立下松工業高校に通う1年の男子生徒と父親によりますと、去年10月中旬、担任の40代の男性教諭から「髪が長い」という理由でバリカンで丸刈り頭にされ、授業中には「ばか」とか「お前は病気だ」などと何度も暴言を浴びせられたということです。

 男子生徒はその後体調を崩し、12月に10日間ほど休んだということです。

 教諭はほかの生徒に対しても授業や部活動などで日常的に侮辱する暴言を繰り返していたとされ、クラスの生徒40人全員と保護者39人が安心して学校に通うことができないとして、先月教諭を懲戒免職にするよう求める嘆願書を県の教育長に提出しました。

 その後、学校は今月15日に教育委員会の同席のもとで説明会を開き、教諭本人がクラス全員と保護者に謝罪したということです。

 下松工業高校の高橋等校長は教育委員会が詳しい経緯を聞き取り中だとしたうえで、「教諭には指導を丁寧に行うよう口頭で注意した。一方で経緯については分からないところもあり、今後、教育委員会の聞き取りで明らかになると思う」と話しています。

◇高校の対応と校長の話
 下松工業高校の高橋等校長はNHKの取材に対し、男子生徒をバリカンで丸刈り頭にしたことを教諭本人から報告を受けたので丁寧に指導するよう口頭で伝えたことを明らかにしました。

 そのうえで、生徒やほかの教諭などから苦情や報告がなかったため改善されたと考えたとしています。

 一方で、クラス全員の嘆願書が提出されるまで学校側は一連の問題行為について教育委員会に報告していませんでした。

 嘆願書が提出されたあとの今月15日、校長と教育委員会の担当者、それに男性教諭が出席してクラスの生徒と保護者を対象に説明会を開き、バリカンで丸刈りにしたことや暴言を繰り返したことについて謝罪したということです。

 来月からの新年度には男性教諭に担任を持たせないことを含めて対応を検討しているということです。

 高橋校長は、「教諭本人もことばが不適切だという自覚を持っていて反省の態度を示していた。一方で私の聞き取りでは経緯について分からないところもあるので県教育委員会のヒアリングで今後明らかになると思う」と話しています。
| 福祉・医療と教育 | 06:58 | comments(0) | trackbacks(0) |
“運賃先決めタクシー” 年内にも全国でスタート
 タクシーに乗る前に目的地までの運賃を確定させるサービスが年内にも全国で始まる見通しとなりました。

 タクシーの運賃は、国土交通省の通達で事前に目的地までの運賃を確定させ利用者に提示することはできない仕組みになっています。

 しかし、外国人旅行者などから「車を降りるまで運賃が分からず不安だ」といった声が上がっていました。

 このため、国土交通省は来月にも通達を改正し、乗車前に運賃を確定させるサービスを認めることにしました。

 新たなサービスはタクシーの配車アプリを活用し、利用者が乗車場所と目的地を入力すると距離に応じて計算された運賃が表示され、納得すれば配車を申し込みます。

 渋滞に巻き込まれても目的地までの運賃は変わらず、利用者は料金メーターを気にしなくて済むようになります。

 事前に確定する運賃は過去1年間のメーター料金の実績をもとに設定される予定で、サービスを始めるタクシー会社は国の認可を受ける必要があります。

 通達の改正を受けてタクシー各社が準備を進め、早ければ年内にも全国でサービスが始まる見通しです。
| 政策 | 02:58 | comments(0) | trackbacks(0) |
横綱審議委員会 白鵬の優勝を評価も手締めに苦言
 白鵬は、一昨年11月の九州場所千秋楽の優勝インタビューの際にも観客に万歳三唱を促し、日本相撲協会の理事会で厳重注意を受けました。学習能力が無いのでしょうか、それとも思い上がっているのでしょうか。

 大相撲の横綱審議委員会は定例の会合を開き、春場所で42回目の優勝を全勝で飾った横綱白鵬について「意地を見せた」と評価しました。

 一方で、館内で行われる優勝インタビューの際に白鵬が手締めを行ったことに対し苦言を呈しました。

 横綱審議委員会は、25日夕方、東京 両国の国技館で日本相撲協会の八角理事長から春場所の力士の戦いぶりなどについて報告を受けました。

 春場所では、横綱や大関など上位陣の休場がなく、安定した成績を残す中で横綱白鵬が42回目の優勝を15回目の全勝で飾り、いずれも自身の持つ最多記録を更新しました。

 委員会のあと記者会見した矢野弘典委員長は、「白鵬は、少し危ない相撲もあったがよく意地を見せた。千秋楽の横綱どうしの一戦は心に残る勝負で、精いっぱいの相撲を取ったと思う」と評価しました。

 その一方で、白鵬が千秋楽の取組後、館内で行われた優勝インタビューの際にみずから観客とともに手締めを行ったことについて、「本場所では、神送りの儀式ですべてが終わる。優勝した横綱とはいえ、一力士がやれる立場にあるのか。力士に対する教育を含めて理事会が態度を決めてもらいたい」と苦言を呈しました。

 また、春場所でふたけたの10勝をあげ大関昇進を確実にした関脇貴景勝については、「後半に強い相撲と弱い相撲があったが、最後に本領を発揮した。押し相撲一本やりというのも魅力で、これからどこまでできるか頑張ってほしい」と期待を寄せていました。

◇芝田山親方「賛否両論あるので後日対処」
 横綱審議委員会が春場所千秋楽の優勝力士インタビューの際、白鵬が手締めを行ったことに対し苦言を呈したことを受けて、日本相撲協会の広報部長を務める芝田山親方は、「相撲は、神送りで締めるもので相撲の古式を残して行くことを教育しないといけない。ただ、賛否両論あるので後日対処する」と話しました。

 白鵬は、おととし11月の九州場所千秋楽の優勝インタビューの際にも暴行問題の責任を取って引退した元横綱・日馬富士や暴行を受けた元貴ノ岩を、「再び土俵に上げたい」などと発言したうえで観客に万歳三唱を促し、日本相撲協会の理事会で厳重注意を受けました。
| 雑感 | 21:46 | comments(0) | trackbacks(0) |
夫婦別姓訴訟 “戸籍法の規定は合憲” 訴え退ける 東京地裁
 結婚するときに夫婦別姓を選べない戸籍法の規定は憲法に違反するとして、ふだんは旧姓を使っている会社社長などが国を訴えた裁判で、東京地方裁判所は、憲法に違反しないという判断を示し、訴えを退けました。

 東京のソフトウエア開発会社「サイボウズ」を経営する青野慶久社長(47)など男女4人は、戸籍法の規定で日本人が外国人と結婚するときには夫婦別姓を選べるのに、日本人どうしの結婚で選べないのは法の下の平等を定めた憲法に違反するなどとして、国に対して合わせて220万円の賠償を求めました。

 25日の判決で、東京地方裁判所の中吉徹郎裁判長は、「そもそも日本人と外国人の結婚については民法が適用されないと解釈され、日本人どうしの結婚の場合とは状況が異なる」と指摘しました。

 そして、「結婚後の夫婦別姓を認めれば法律上の名字が2つに分かれ、そのような事態は現行法で予定されていない。夫婦別姓を認めないことには制度上、合理性がある」として、戸籍法の規定は憲法に違反しないと判断し、訴えを退けました。

 夫婦別姓をめぐる裁判では、過去に別姓を認めない民法の規定が憲法に違反するかが争われ、最高裁判所が4年前に憲法に違反しないという判断を示していました。

◇原告の青野社長「大変残念だ」
 判決について、訴えを起こした「サイボウズ」の青野慶久社長(47)は会見で、「夫婦別姓は何十年も議論されているが、国会では放置されている。司法が国会に意見しないことは大変残念だ。旧姓を通称として使用する人が増えれば増えるほど、会社では、誰がどの2つの名字を使っているか把握しなければいけなくなるなど、社会の中で不安定さが増えていく。裁判所にはそこまで踏み込んで判断してほしかった」と話していました。

 また、原告の代理人の作花知志弁護士は、「家族としての名字と社会的・経済的な名字は、機能が分かれていているはずだが、今回の判決は、昔の家族としての名字にこだわりを持っている判決だ。女性の社会進出が進んでいるにもかかわらず、名字の社会的な意味を考慮していない。4年前の最高裁判決から進歩がないが、早くこの問題を解決したい」と述べ、控訴する考えを示しました。

◇法務省民事局「国の主張が認められた」
 法務省民事局は、「国の主張が認められたものと認識しています」というコメントを出しました。

◇夫婦別姓 民法と戸籍法の規定
 夫婦の名字について、民法750条では「夫婦は、結婚の際には夫または妻の名字を称する」と定められ、夫婦別姓は認められていません。

 これについて、4年前に最高裁判所が判決で、「夫婦が同じ名字にする制度は社会に定着してきたもので、家族の呼称を1つにするのは合理性がある」と指摘して、憲法に違反しないという初めての判断を示しました。

 そのうえで、「社会の受け止め方によるところが少なくなく、制度の在り方は国会で論じられ、判断されるべきだ」と指摘していました。

 一方、戸籍法107条は、日本人が外国人と結婚した場合に夫婦別姓を認めています。

 「結婚相手の外国人の名字に変更するときには6か月以内に届け出ることができる」としていて、届け出なければ、夫婦で別の名字となります。

◇内閣府の世論調査 別姓認める回答が約4割
 内閣府はおととし、家族に関する法制度について世論調査を行い、59%に当たる2952人から回答を得ました。

 それによりますと、夫婦別姓に対する考え方を尋ねた質問で、「夫婦が希望した場合に別の姓を名乗れるよう法律を改正してもかまわない」と答えた人が42.5%と最も多くなりました。

 一方で、「結婚する以上、夫婦は同じ名字を名乗るべきで、法律を改正する必要はない」と答えた人が29.3%。「夫婦は同じ名字を名乗るべきだが、結婚前の旧姓を通称としてどこでも使えるように法律を改正することはかまわない」と答えた人が24.4%でした。

◇マイナンバー旧姓併記を検討
 職場などで旧姓を使い続ける人が増えていることから、政府ではマイナンバーカードやパスポートは旧姓を通称として併記できるようにしようと検討を進めています。

 マイナンバーカードは、ことし11月ごろから旧姓の併記が可能となるように関係法令の改正やシステムの改修が進められています。

 パスポートについては、現在は仕事などで外国で旧姓が浸透している場合などに限って、併記が認められていますが、今後は、希望する人は誰でも併記できるようにすることが検討されています。

◇「民法と戸籍法まとめて議論を」
 判決について、家族法が専門の早稲田大学の棚村政行教授は、「4年前の最高裁判決と同様に、家族の問題は立法によって解決すべきだとしていて、民法と戸籍法のずれについて積極的に判断しなかったことは、裁判所の役割を放棄していると言わざるをえない。一方、今回の裁判で、原告側は戸籍法の改正によって夫婦別姓の実現を求めたが、民法を改正しないまま夫婦別姓を認めると、かえって社会的な混乱を招くという批判もある。民法についてではなく、戸籍法についての判断という点からすれば、やむをえない判決とも評価できる。民法と戸籍法とを分けて考えるのではなく、まとめて議論することが必要ではないか」と話しています。
| 政策 | 19:36 | comments(0) | trackbacks(0) |
障害者雇用水増し問題 政府が採用活動継続へ
 中央省庁の障害者雇用の水増し問題を受けて、政府は、障害者を対象にした職員の採用試験を新たに行いましたが、法定雇用率を満たすにはさらなる取り組みが必要だとして、ことし秋ごろにも2回目の試験を行うなど、採用活動を継続していく方針です。

 中央省庁による障害者雇用の水増し問題を受けて、政府は、障害者を対象にした、筆記と面接による新たな職員の採用試験を先月から今月にかけて実施し、申し込んだ8712人のうち、754人が合格しました。

 内訳は、最も多いのが国土交通省の174人、次いで法務省の138人などとなっていて、試験全体の倍率は、およそ11.6倍でした。

 政府は、法定雇用率を達成するため、年内に4000人を雇用する計画で、来年6月の時点で雇用率を満たしていない省庁には1人の不足につき年間60万円を予算から減額することにしています。

 今回の試験だけで法定雇用率を満たすにはさらなる取り組みが必要だとして政府は、ことし秋ごろにも2回目の試験を行うほか、各省庁で非常勤の職員を含めた選考を並行して行うなどして、計画の達成に向けて採用活動を継続する方針です。
| 福祉・医療と教育 | 04:58 | comments(0) | trackbacks(0) |
大相撲 貴景勝の大関昇進が確実に
 関脇・貴景勝と大関・栃ノ心の一戦は、正に大関の入れ替え戦とも言うべき激戦でした。負けた栃ノ心は大関陥落となりましたが、来場所で10勝を挙げれば大関返り咲きとなりますので頑張って欲しいと思います。

 日本相撲協会は、春場所後に関脇・貴景勝の大関昇進に向けた臨時の理事会を開催することを決め、貴景勝の大関昇進が確実になりました。

 貴景勝は、小結だった去年の九州場所で13勝を挙げ初優勝を果たしました。

 続く、ことし1月の初場所では11勝を挙げ、直近3場所の勝ち星の合計が大関昇進の目安とされる33勝に達したものの大関昇進の議論をあずかる日本相撲協会審判部は「もう1場所みたい」としていました。

 貴景勝は、千秋楽の24日大関・栃ノ心を破るなど今場所、一横綱・二大関を破って勝ち星をふた桁の10勝に乗せ、直近3場所の勝ち星の合計を大関昇進の目安とされる33勝を上回る34勝まで伸ばしていました。

 相撲協会審判部の阿武松審判部長は、千秋楽の取組後、八角理事長に大関昇進に向けた臨時理事会の招集を要請したことを明らかにしました。

 これを受けて、春場所後の今月27日に臨時理事会の開催が決まり、貴景勝の大関昇進が確実になりました。

◇貴景勝「やってきてよかった」
 千秋楽の24日、勝ち越しのかかる角番の大関・栃ノ心に勝って大関昇進を確実にした関脇・貴景勝は、「応援してくれる人たちのために力を出し切ってやりたいと思っていた。どんな相撲だったか覚えていないが、頭が真っ白だったのがよかったのかもしれない。今場所は、父親が見にきたときに全部負けていて情けなかったので、最後に勝ててよかった」と充実した表情で話しました。

 23日、5敗目を喫したあと、自分と向き合う時間を長くとったということで、「何を目指して今までやってきたのかをもう1度、頭に入れ直して、わんぱく相撲のころから自分より大きい人を相手に優勝できない中でなんとかやってきたことを思い出した。相撲部屋に入ったときは、幕内力士を見てやっていけないと思ったが、やってきてよかった」と振り返りました。

 また、24日の10勝目で大関昇進を確実にしたことについては、「15日間、自分の中ではやりきった」と話し、2場所連続となる技能賞については、「きょう勝てば受賞ということを知らなかった。人に評価してもらったことに感謝したい」と時折、笑顔を浮かべて話していました。

◇八角理事長「落ち着いていた」
 日本相撲協会の八角理事長は、大関昇進を確実にした貴景勝が24日、角番の大関栃ノ心に勝った取組について、「勝負は厳しいね。貴景勝は落ち着いていた。自分の立ち合いができなかったきのうの反省ではないか。こういう一番の経験が精神的な成長につながる」と評価していました。

◇阿武松審判部長「大関の力は十分ある」
 大関昇進の議論を預かる日本相撲協会審判部の阿武松審判部長は、「内容は申し分ない。相当の重圧だったと思うが、その中で自分の目指す押し相撲を迷いなく取れるというのは、すばらしい。大関の力は十分ある」と、貴景勝の相撲内容と精神力を高く評価しました。

 また、24日の一番の意味については、「9勝では、厳しいだろうと考えていた」と述べ、負けていれば昇進を見送る考えだったことを明らかにしたうえで、「私の記憶に残るかぎりでは、これだけ押し相撲で安定して白星を重ねられる力士を知らない。この相撲を磨いていってほしい」と大関としての活躍に期待を寄せていました。
| 雑感 | 19:44 | comments(0) | trackbacks(0) |
富士山が噴火したら影響はどこまで?

 富士山で大規模な噴火が発生した場合、首都圏を含めた各地にどのように火山灰が広がり影響が出るのか。国の検討会が公表したシミュレーションでは、周辺で1メートル以上、首都圏でも数センチから10センチ余りの火山灰が積もり、交通機関やライフラインなどに影響が出るおそれがあることが分かりました。

 検討会のシミュレーションは、富士山で1707年12月の「宝永噴火」と同規模の大噴火が発生、15日間続いたことを想定したうえで、富士山周辺から関東にかけての各地で火山灰がどのように積もっていくか、時間ごとに計算しています。

 それによりますと、静岡県御殿場市付近では1時間に1センチから2センチ程度の灰が降り続き、最終的に1メートル20センチ程度も達するとしています。

 80キロ余り離れた横浜市付近でも1時間に1ミリから2ミリ程度の灰が断続的に降り、最終的には10センチ程度積もる見込みです。

 90キロ以上離れた新宿区付近では、噴火直後は灰は降らないものの、13日目以降に1時間に最大1ミリほど降り、最終的に1.3センチほど積もるとしています。

 これによって、富士山の周辺では建物の倒壊など甚大な被害が出るほか、離れた首都圏でも、道路や鉄道、空港などに影響が出るだけでなく、さらに雨が降ると停電が発生するおそれなどもあるということです。

 検討会では今後、時間ごとに起こりうる具体的な影響を分析したうえで、来年度中に対策の基本的な考え方をまとめる方針です。

 検討会の主査を務める東京大学の藤井敏嗣名誉教授は、「いつかは分からないが富士山は必ず噴火する。都市に火山灰が積もると交通機関に影響が出て帰宅困難者出たり流通が止まったりするおそれがあり、どのような対策が必要か考えなければならない」と話しています。

◇火山灰の影響
 火山灰が積もるとどのような影響が想定されるのか。検討会では、交通機関やライフラインのほか、建物や人体に及ぼす影響の想定案が示されました。

◇道路
 道路への影響です。火山灰が1ミリ以上積もると車が出せる速度は30キロ程度、5センチ以上積もると10キロ程度まで落ちるとしています。

 さらに、10センチ以上積もると通行ができなくなります。

 3センチ程度の灰でも、雨が降った状態では通行できなくなるとしています。

 平成23年に発生した霧島連山の新燃岳の噴火では、宮崎県の都城市などで数ミリから数センチの火山灰が積もり、車がスリップするなどして交通事故が相次ぎました。

◇鉄道
 鉄道への影響です。レールが火山灰に覆われると、電気で制御されている列車の運行システムなどに障害が起きるおそれがあり、0.5ミリ積もると運行できなくなるとしています。

 鹿児島市では、活発な噴火活動が続いている桜島の火山灰の影響で、鉄道の運行がたびたび止まっています。

◇航空機
 航空機への影響です。エンジンが火山灰を吸い込むと止まるおそれがあり、火山周辺や噴煙が到達する空域で飛行ができなくなります。

空港の滑走路でも0.2ミリから0.4ミリの灰が積もると目印などが見えづらくなり、灰を取り除くまで使えなくなる可能性があるとしています。

 火山灰による空港の封鎖はインドネシアなどでたびたび起きているほか、国内でも航空機の欠航や遅延などの影響が出たことがあります。

 また、海外では、火山灰の影響で航空機のエンジンが一時停止するトラブルが発生したこともあります。

◇電力
 電力への影響です。送電施設に3ミリ以上の灰が積もり、さらに雨が降ると、ショートするなどして広範囲が停電するおそれがあります。

 平成28年10月に発生した熊本県の阿蘇山の噴火では、広範囲で火山灰が積もり、熊本県と大分県のおよそ2万7000戸で停電が発生しました。

◇水道
 水道への影響です。2ミリ以上の火山灰が積もると、一部の浄水場は稼働できなくなり、水の供給に影響が出るおそれがあるとしています。

 去年3月の霧島連山の新燃岳の火山活動では、宮崎県内の浄水場の一部が火山灰を避けるためにシートで覆われるなど、実際に対策がとられました。

◇下水道
 下水道への影響です。2ミリ以上の灰が積もり、さらに雨が降ると、ところによっては下水管が詰まるなどして下水があふれるおそれがあるとしています。

 平成23年の霧島連山の新燃岳の噴火では、一部で下水があふれるなどの影響も出ています。

◇建物
 建物への影響です。7センチから8センチの灰が積もると、体育館のような屋根の大きな建物で損傷したり倒壊したりするおそれがあるとしています。

 4センチから5センチでも雨が降った場合は重みを増し同じ被害が出るとしています。

 10センチの灰が積もると、1平方メートル当たりの重さはおよそ100キロとなり、古い建物などで被害が発生、50センチ以上積もると新しい建物でも被害が出るおそれがあります。

 平成23年の霧島連山の新燃岳の噴火では、数センチの灰が積もった地域で屋根の雨どいなどが壊れる被害があったほか、10センチ積もった地域の牧場の建物が全壊するなどの被害が出ています。

◇人体への影響
 人の体への影響です。火山灰の粒子が細かいと、ぜんそく患者など肺に疾患がある人は、症状が悪化するなどの影響が出るとしています。

 健康な人でも長い時間火山灰にさらされると目や鼻に異常を感じ、深い呼吸をするとのどや気管支などに影響が出るおそれがあるとしています。

 霧島連山の新燃岳の周辺などでは、火山灰によって肺に疾患がある人が症状が悪化するなどの影響がたびたび出ています。

◇「宝永噴火」とは
 富士山の「宝永噴火」は、今から300年余り前の江戸時代中期、1707年12月16日から始まった噴火で、よくとし1月1日まで続きました。

 大量の火山灰が噴き出たのが特徴で、ふもとの村では3メートル、江戸でも数センチの灰が積もりその量は合わせて17億立方メートルに達しました。

 これは8年前に発生した東日本大震災による災害廃棄物、4600万立方メートルの37倍に相当します。

 富士山の周辺では、大量の火山灰で家屋の倒壊や農地が埋まるなどの被害が出たほか、流れ出した灰による土砂災害や洪水が長期間にわたり発生しました。

 その後、富士山では噴火は発生していませんが、火山の専門家は、過去の周期などから将来的に噴火が発生する可能性は高いとしています。

◇火山灰のシミュレーション
 富士山の火山灰のシミュレーションは、300年ほど前の「宝永噴火」と同じ規模の噴火を想定し、平成21年から去年までの12月の風のデータを使って行われました。

◇時系列で火山灰分布を解析
 このうち、今回公表されたケースは、実際の宝永噴火の火山灰の分布に近かった去年12月の風のデータをもとに行われました。

 これまでは過去の記録をもとに、最終的に積もった火山灰の量しかわかっていませんでしたが、今回のシミュレーションは時間ごとの分布が分かるのが特徴で、噴火発生から15日後までの各地の降灰の変化がわかります。

 それによりますと、最終的に25センチ近い灰が積もっていた神奈川県小田原市付近では、噴火後の4日間で半分近い10センチほどの降灰があった一方で、その後3日間はほとんど灰が降らず、残りの10センチ余りは噴火から8日目以降降り積もったという結果になりました。

 また、最終的に1.3センチほどの灰が積もるとされた東京・新宿区では、噴火から12日目まではほとんど灰が降らず、13日目に2ミリほど、14日目に1センチほどと、終盤にまとまって灰が積もっていることが分かりました。

 火山灰の大きさにも違いがあり、小田原市付近では、直径1ミリ以上のものが75%を占めるのに対し、東京・新宿区では、ほぼすべてが直径0.25ミリ以下と細かい火山灰が多いことも分かりました。

 シミュレーションを監修した神奈川県温泉地学研究所の萬年一剛主任研究員は、「従来のような最終的な降灰の状況だけでは、具体的な対策をイメージしにくかった。時間経過が示されたことで、いつ避難を呼びかけ、火山灰を取り除いていくのか対策をとりやすくなると思う」と話しています。

◇風向きによって量は変化
 一方、噴火の規模が同じでも冬ごとに風の状況が変化するため降灰の状況は異なり、例えば、平成23年12月のデータでは、火山灰の積もる範囲は、宝永噴火の時よりも狭くなりましたが、平成25年のデータでは、埼玉県の広い範囲や栃木県、山梨県、静岡県中部でも灰が積もるという結果になりました。

 東京都内でも、平成25年や平成29年の12月と風向きが同じ場合、8センチから16センチの灰が積もるという結果になりました。

 萬年主任研究員は、「風向や風速は常に一定ではなく、年が変われば異なり、火山灰の積もる量や範囲にはさまざまなパターンがある。政府や自治体、事業者は、多様なケースがあることを認識して、対策を進めてほしい」と話していました。

◇交通機関 基準は今後検討
 火山灰が積もった際の対応について、高速道路各社とJR各社は、現時点では運行を止めるなどの具体的な基準はなく、今後、検討を進めたいとしています。

 一方で、JR東日本は、レールに積もった灰を取り除く特殊な車両を開発し、各拠点に配備しているということです。
| 環境とまちづくり | 12:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
統一地方選 6政令市長選挙 きょう告示

 統一地方選挙は、知事選挙に続き、24日、6つの政令指定都市の市長選挙が告示され、合わせて18人が立候補を予定しています。

 このうち大阪市長選挙は、いわゆる「大阪都構想」の実現を目指す大阪維新の会と、これに反対する自民党などが対決する構図になる見通しです。

 4年に一度の統一地方選挙は24日、札幌、相模原、静岡、浜松、大阪、広島の6つの政令指定都市の市長選挙が告示されます。

 立候補の受け付けは、各地の選挙管理委員会で24日午前8時半から行われることになっていて、NHKのまとめでは、6つの選挙に合わせて18人が立候補を予定しています。

 このうち、大阪市長選挙はいわゆる「大阪都構想」の実現を目指す大阪維新の会が大阪府知事を擁立するのに対し、都構想に反対する元大阪市議会議員を自民党と公明党大阪府本部が推薦するほか、国民民主党大阪府連も支持していて、都構想の是非をめぐって対決する構図となる見通しです。

 そして、今月21日に告示された大阪府知事選挙と合わせ激しい選挙戦が予想されます。

 6つの選挙では、都市行政の在り方に加え、福祉や子育て支援、それに防災対策などをめぐって論戦が行われる見通しです。

 6つの政令指定都市の市長選挙は、先に告示された11の道府県知事選挙や、29日に告示される41の道府県議会議員選挙と、17の政令指定都市の市議会議員選挙とともに、来月7日に投票が行われます。
| 政策 | 08:47 | comments(0) | trackbacks(0) |
ラジオのAM放送廃止を要請へ FM一本化、民放連
 ラジオのAM放送を廃止しFM放送に転換できるようにするため、民放連が総務省に制度改正を求める方針を決めたことが22日、関係者への取材で分かりました。

 災害時の情報を集めには、有視界領域しか電波が飛ばないFM放送より、広域で何処でも受信可能なAM放送は重要だと言う意見があります。

◎ ラジオのAM放送廃止を要請へ FM一本化、民放連
 (2019/03/22 21:19 共同通信社)

 ラジオのAM放送を廃止しFM放送に転換できるようにするため、民放連が総務省に制度改正を求める方針を決めたことが22日、関係者への取材で分かった。

 27日に開かれる同省の有識者会議で民放連代表が表明する。

 AM局の多くは広告収入の低迷を受け、番組の放送を、災害対策として実施しているFMによる補完放送(ワイドFM)に一本化したい考えだ。

 制度改正が実現すれば、北海道など一部地域を除き、民放AMが将来なくなる可能性がある。

 関係者によると、AMからFMに転換できるよう、2028年までの制度改正を求めるという。
| 政策 | 05:39 | comments(0) | trackbacks(0) |
ノーベル平和賞受賞のマララさん講演「女性たちに投資を」

 イスラム過激派から銃撃を受けながらも、子どもや女性が教育を受ける権利を訴え続け、ノーベル平和賞を受賞したマララ・ユスフザイさんが初めて来日しました。東京で23日に開幕する国際会議に出席し、少女たちが教育を受けることの重要性などについて講演を行いました。

 イスラム過激派から銃撃を受けながらも子どもや女性が教育を受ける権利を訴え続け、ノーベル平和賞を受賞したマララ・ユスフザイさんが23日、東京都内で講演し「将来、女性たちが成功するために、今、女性たちに投資をしなければならない」と訴え、各国の指導者たちに女子教育の充実を求めました。

 22日から日本を訪れているマララ・ユスフザイさんは23日、女性の活躍をテーマに開かれた「国際女性会議=WAW!」に出席し、基調講演を行いました。

 はじめにマララさんは日本語で「おはようございます」と述べ、22日夜、安倍総理大臣との夕食会で、アボカドと思ってあやまって大量のわさびを食べてしまったエピソードを披露し、会場の笑いを誘いました。

 そのうえで、「私は1億3000万人の学校に通うことができていない女子の児童や生徒を代表してここにいる。将来、女性たちが成功するために、今、女性たちに投資をしなければいけない」と訴え、各国の指導者たちに女子教育への経済的な支援を改めて求めました。

 マララさんは、このあと国連のバチェレ人権高等弁務官などとの公開討論会に臨み、AI(人工知能)などの先端技術の分野で女性の進出が遅れている問題についても意見を交わしました。

◎マララ・ユスフザイさんと安倍首相が会談
 東京都内で開かれる国際会議に出席するため初めて日本を訪れているノーベル平和賞受賞者、マララ・ユスフザイさんと安倍総理大臣は会談し、マララさんが暴力に屈せず、女子教育の重要性を訴える活動を続けていることをたたえました。

 そのうえで、ことし6月のG20大阪サミットで、「女性が輝く社会」の実現を重要議題の1つとして取り上げる考えを示しました。

 「女性が輝く社会」の実現に向けて、政府主催で23日から2日間、東京都内で開かれる「国際女性会議・WAW!」に出席するため初めて日本を訪れているノーベル平和賞受賞者、マララ・ユスフザイさんは、22日、総理大臣官邸で安倍総理大臣と会談しました。

 会談の冒頭、安倍総理大臣は、「圧力や暴力に屈せず、女子教育の重要性を世界に訴えているマララさんに敬意を表する。あすから開かれる国際女性会議の議論に大きな刺激を与えてくれるものと期待している」と述べました。

 これに対し、マララさんは、「安倍総理大臣は、女性活躍に向けて世界でリーダーシップを発揮している。それにより世界で女性活躍を拡大させ、女子教育を推進していけると確信している」と応じていました。

 会談のあとの共同記者発表で、安倍総理大臣は「ことし6月のG20大阪サミットでは、女性が輝く社会の実現を重要な議題の1つとして取り上げ、国際社会と知恵を絞り、協力をさらに進めていく」と述べました。

 マララさんは、「議長国として、女子の教育について率先して各国リーダーに働きかけ、女子が将来の仕事に備えることを支援するよう奨励していただきたい」と述べました。

 マララさんは、「国際女性会議・WAW!」で基調講演を行うほか、国連のバチェレ人権高等弁務官などとともに公開討論会にも出席することにしています。

 これに先立って、安倍総理大臣は、南米チリで女性として初めて大統領を務めた国連のバチェレ人権高等弁務官と会談し、今後、バチェレ氏と緊密に連携し、「女性が輝く社会」の実現に向け、力を尽くしていく考えを伝えました。
| 福祉・医療と教育 | 16:37 | comments(0) | trackbacks(0) |